2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

年末年始の実家帰省の費用の家計簿のつけ方!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


我が家は両実家が遠方なので、盆正月(GW)に帰省するときはわりと長めに帰ります。

その間の日用品、食費を自分で出すこともありますし、親に出してもらい後からまとまったお金を渡すこともあります。
前者は、日用品もいつもより膨らみがちですし(自宅じゃないので必要なものが増える)、食費も自分の家族分だけでなく、実家分も買うことも多いです。後者は、1万や2万という風に、日数によって変わりますが、お世話になっている分色を付けることもあり、大きい金額が動きます。

今までは、前者はそれぞれの費目(食費や日用品)に入れ、後者は年間予算に組み込んでいない特別費(臨時費?)にしていましたが、しっくりいっていません。

この費用も、年間予算で帰省費に組み込んだ方がよいでしょうか?

あと、夫だけ帰省せず自宅に残るのも我が家ではよくあるパターンです。

その際に夫にまとまった生活費を渡していきますが、その費用を食費に入れたり、特別費に入れたり、いつもバラバラです。

この費用も、同様に年間予算で帰省費に組み込むべきでしょうか?

回答のほど、お手すきの時によろしくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「実家帰省費」についてですね。



結論からお伝えすると、全て「実家帰省費」で「特別費」でOKです。

ただし、ご主人に生活費を渡して帰省する場合と、
ご主人も一緒に帰り、ご実家にお金をお渡しする場合でちょっと書き方は変えましょう。

ご主人に生活費を渡して帰省する場合は、ご主人に渡す分は
帰省中の生活費(夫)・・3万円
などとし、

ご実家にお金をお渡しする場合は、
実家生活費・・3万円
実家帰省交通費・・2万円

などのすると後から見返した時にも分かりやすいし、つける手間も少なく楽だと思いますよ。^^

もうすぐ、クリスマス、年末年始と楽しみなイベントが続きますね~!!
楽しんでお過ごしください^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ