家計簿のちょろまかし発覚!!こんな風にごまかして大丈夫なの?!


家計簿に取り組んでいる主婦の皆さまは、家庭思いで真面目でしっかりした方が多いものです。
(中には私のようにズボラ代表のような方もいらっしゃるかもしれませんが。笑)

しかし、ズボラ代表の私から見ると、家計簿は「真面目すぎなくても充分に貯められる」のです。

スポンサーリンク

家計簿はそんなに頑張らなくてもいい

家計簿をつけ始めたばかりの方は特に、一生懸命、頑張って家計簿をつけなくては、と考えるかもしれません。

きちんとつけなくてはお金の管理なんてできるはずがない、と考えるかもしれません。

しかし、そんな風に必要以上に頑張る必要などない、と私は考えています。

おさえるところはしっかりおさえ、手を抜くところは手を抜いても構わないと私は思います。

家計簿は、会社の会計のように、間違いやズルが発覚したら警察に捕まる、というようなものではありませんよね。

つまり、多少ごまかしたりちょろまかしたりしても誰にも何も言われることはないのです。

気になるのは、どんなところで手を抜けばいいのか?ということですよね。

スポンサーリンク

真面目すぎる思考回路はこんな感じ

例えば、食費の予算を月5万円と決めたとします。

もしも、1ヶ月分の家計簿がもうすぐつけ終わりそう、という時に
食費がすでに5万円に到達!

まだ数日残っているというのに予算を使い切ってしまった・・・。

こんな時にあなただったらどう思いますか?

ああ、予算が守れなかった、自分は予算の管理の仕方が下手だからダメなんだ。

なんて、自分を責めてしまうことはないでしょうか?

もちろん、あきらかに大幅にオーバーしてしまっている場合は多少の反省も必要かもしれませんが、こんな風に「予算が守れなかった」と落ち込んでしまうのが、真面目すぎる思考回路の方です。

真面目すぎない思考回路はこんな感じ

もしも、食費の予算がどうにもオーバーしてしまいそうだ、と感じた時はこのように考えてみましょう。

では、「日用品」「娯楽費」の予算はどうだろうか?と。

日用品や、娯楽費の予算はまだ多少余っている。

オーバーしそうなのは食費だけ。

そうなったら、食費の予算を「日用品」や「娯楽費」から取り分けてもいいのです。

例えば「日用品」の欄に

食費補填用 2000円

などと記入して、本来なら食費につけるはずの費用を日用品にしても構いません。

はっきりいってこれは「ちょろまかし」ですが、別に多少ちょろまかしたところで、誰にも怒られることはないのです。

「食費」「日用品」「娯楽費」の予算は「お互いに補完しあっても構わない」支出です。

ただし、お互いに補完しあっても構わない支出は「食費」「日用品」「娯楽費」のみです。

このように、「食費」「日用品」「娯楽費」のどれかが予算オーバーになりそうだ、と感じたら、
お互いに補完しあうということも考えてみてください。

「食費」「日用品」「娯楽費」ともに全部いつも予算オーバーという方は、そもそもの予算が間違っているのです。

改めて自分で守れる予算を作ればいいだけのことです。

あまり真面目に考えすぎずに、やってみてくださいね^^

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク