2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

大学、高校、など教育費の支払いと管理方法について

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


初めて連絡させていただきます。皆さまの質問欄にありますように、私がこれまでチャレンジしては失敗していた家計簿の内容とはまるで違う事にとても興味があります。

そして何より家計を把握して家族の生活を豊かにしたいと思う私の気持ちにピッタリの家計簿なのでは?との思いで 是非取り組んでみたいと思います。

そこで見当違いな質問なのかもしれませんが、わからない事があります。

口座引き落としと 現金とを別で考えるようになっていますよね。それで教育費の日々の現金扱いには 毎月払う塾代は入れてはいけないのですよね?

これは口座引き落としなので 後ろのページの年間の家計簿に入ると思うのですが、そうすると 子供の教育や療育(障害児がいる為)にかかるお金の全体の把握はしづらいのですが それは家計的にはいい事なのでしょうか?

来年から長男が大学に行くのでその学費もまとまって前期後期と払い込む事になります。
それも 年間家計簿の方への記載になるのですよね?
その学費とは別に 日頃教材や参考書 定期代などなど かかるものは 現金支出として 教育費にいれるんですよね?



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「教育費の把握方法」についてですね。



口座引き落としと 現金とを別で考えるようになっていますよね。それで教育費の日々の現金扱いには 毎月払う塾代は入れてはいけないのですよね?
これは口座引き落としなので 後ろのページの年間の家計簿に入ると思うのですが、そうすると 子供の教育や療育(障害児がいる為)にかかるお金の全体の把握はしづらいのですが それは家計的にはいい事なのでしょうか?

ということですが、その通りです。
口座引き落としになっている塾の費用は年間の家計簿で構いません。

ただし、これは、こうしなくてはいけない、ということではなく、
月に1度程度の支出をわざわざ毎月の家計簿に項目をとって管理するほどのことはない、
という意味で年間の家計簿の利用をオススメしています。

もしも毎月の家計簿で管理したいという事であれば毎月の家計簿で管理していただいても構いません。

来年から長男が大学に行くのでその学費もまとまって前期後期と払い込む事になります。
それも 年間家計簿の方への記載になるのですよね?
その学費とは別に 日頃教材や参考書 定期代などなど かかるものは 現金支出として 教育費にいれるんですよね?

こちらも同様に、学費は年間の家計簿、現金の支出は毎月の家計簿でOKです。

もし、お子さん別に教育費を把握したい、ということでしたら、
長男教育費
次男教育費
というように分けていただいても構いません。

子供の教育や療育(障害児がいる為)にかかるお金の全体の把握はしづらいのですが それは家計的にはいい事なのでしょうか?

というご質問に関してさらに補足します。

通常の家計簿では、

例えば、車にいくらかかっているか?というようなとらえ方を推奨されます。

ガソリン、車検、ローン、車の保険、自動車税などをまとめて車費、とするようなケースです。

この考え方を私は否定はしません。

ですが、車をやめるかやめないか、を検討する際にはとても有効なのですが、
長年家計簿をつけてきた経験から、
別に、車費の総額が分かったところで、だから何?というようなデータになることが多いと
私は考えています。

車にかかる総額がわかっても
家計の現状の把握にはなりますし、やめるやめないという選択をする時には参考になりますが、
今の家計の回し方、お金の流れの改善の役には立たないことが多いように私は感じるのです。

ですから、私は車費の総額を計算するような家計簿のつけ方をしておりません。

ガソリン代にしても、日々使うガソリンは日用品ですが、
旅行で使うガソリン代は特別費にしているわけです。

そうすると、「車」にかかっている総額は分からなくなってしまいます。

車費の総額を知った方が家計の役に立つ、と考える人にとっては、
私の家計簿のつけ方では車費の総額が分からないので、良くない、と思うこともあるかもしれません。

これはいい悪いというよりは、どちらにも良い点悪い点があるということだと思います。

どちらを選ぶかは自分次第、で構わないと思います^^。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

↑このページのトップヘ