2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

ボーナスがない!そんな時、車税・固定資産税などの大型支出にはどう備える?!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


貯金ができず、困っていたところたまたまあきさんのブログを発見し、これならできそう!と今やる気に満ち溢れています。笑

今までは使った金額をただ記録していただけの家計簿だったので、お金の流れが全く掴めていなく、カードのちょこちょこ使いや不明金も多々あったことに気づき、猛反省しています。

そしてブログを読みながら家計簿製作を進めていたのですが、疑問が出て来たので質問させてください。

例えば、、
年間家計簿を4月〜3月に設定。
5月に車保険 50000円の支払いがある。
しかし収入が多い月は9月。

このような場合、一旦貯金から保険代を出して9月に戻すという方法でいいでしょうか?

また、ボーナスが無いという会社の場合、どーんと収入が入る事が無いので、どのタイミングで特別費を捻出すればいいのかなと悩みました。
多少収入が多い月に特別費を先取りし、残ったお金は貯金という感じでしょうか?(例:ある月の黒字が6万→特別費へ5万、貯金通帳へ1万という感じ)

何かアドバイスあれば聞きたいです!

Q&Aをよく読んだつもりですが、既に出ている質問だったらすみません。
そしてお忙しいとは思いますが、お答え頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「大型支出へどう備えるか?」についてですね。



あきの家計簿では、大型支出には事前にお金をとり置いておいてそのお金で支払う、
ということを推奨しています。

このような場合、一旦貯金から保険代を出して9月に戻すという方法でいいでしょうか?

ということですが、そうですね。今回の場合は質問者様のおっしゃる方法で構いません。

あきの家計簿を始めたばかりの場合は、取り置きのお金がないですよね。

その場合は、ある程度お金が上手く回り始めるまではいったん貯金を崩す、というのもやむを得ないと思います。

次第にお金が上手く回るようになって来れば貯金を切り崩すことなく対応できるようになると思います。

また、ボーナスが無いという会社の場合、どーんと収入が入る事が無いので、どのタイミングで特別費を捻出すればいいのかなと悩みました。
多少収入が多い月に特別費を先取りし、残ったお金は貯金という感じでしょうか?(例:ある月の黒字が6万→特別費へ5万、貯金通帳へ1万という感じ)

こちらのご質問に関しても、質問者様のおっしゃる通りの対応でOKです^^

ボーナスがない場合の大型支出への備えはしにくいところがあるかもしれませんが、
毎月余剰が出るのであれば、

ある月の黒字が6万→特別費へ5万、貯金通帳へ1万

と質問者様がおっしゃるように

貯金と特別費にわけて準備をするといいですね。

多くの方は月6万円の黒字→6万円貯金が出来た!
と考えがちなように思います。

私は、あとから5万円使って、結局1万円しか残らないなら
貯金は1万円と考えます。

なので、最初から貯金6万円ではなくて、
特別費に5万円
貯金に1万円
と使うお金と貯金を分けておいた方がいいと思います。

また、ボーナスが出る家計の多くは、毎月黒字、という事が少ないような気がしています。

もちろん毎月黒字になるように頑張るのも悪いことではないのですが、
我が家も毎月黒字にしようと思ったら、相当ケチに暮らさないと無理な家計です。

そういう意味で、ボーナスや児童手当などがなく、
それでも毎月黒字で回していく、ということをしていくのは
ちょっと家計のハードルが上がる印象があります。
(毎月のお給料の金額にもよりますね^^)

これから、あきの家計簿、どうぞよろしくお願いいたします^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ