2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

夫婦で【お財布が別】な家計のやりくりはどうしたら成功する?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


家計簿のつけ方でいろいろ検索をしていて、たどりつきました。
あきさんの家計簿とても分かりやすいのですが、根本的な質問です。

わたしの家は主人と財布が別で、月に三万円を生活費として主人からもらい食費や日用品を買っていて、光熱費は主人が払っています

そもそも主人にお小遣い制を取り入れるのが難しい場合、どのように家計簿をつければ良いのでしょうか?

娘も4歳になりこれからの家計についていろいろ考えているのですが、どのようにすれば、お小遣い制を取り入れずに収支を把握できるのか悩んでいます

またあきさんの毎月の家計簿の月初の残高はどこから発生してるのですか?
年間の家計簿に記載される毎月の給与収入から引き出しているのか、月末残高を記入している銀行から引き出しているのですか?

よろしくお願いします




**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「お財布が別な家計」と「あきの家計簿の残高」についてですね。



>わたしの家は主人と財布が別で、月に三万円を生活費として主人からもらい食費や日用品を買っていて、光熱費は主人が払っています
>そもそも主人にお小遣い制を取り入れるのが難しい場合、どのように家計簿をつければ良いのでしょうか?

ということですが、

質問者様の置かれている環境がいまひとつ分かりかねますので、
回答は2つパターンでさせていただきます。

まず1つ目は、お財布が別、ということですが、
ご主人から3万円を生活費としてもらっていて、ご主人が支払っているものもあるけれど、
奥様がやりくりされている部分も「食費」「日用品」以外にたくさんあり、
これからもこのスタイルを続けていきたいという場合。

このような場合でしたら、
家計簿で管理していくのは、自分がやりくりしている部分のみでいいと思います。
今まで通りご主人からは3万円をいただくだけ。
自分でやりくりできる部分だけに集中して、
あとのことはご主人に任せる、というスタンスです。

2つ目は、これを機に奥様がやりくりの中心となり、ほとんどの支出を把握したい、と考えている場合。

この場合は、どこを奥様が管理し、どこをご主人が管理していくかきちんと話し合われた方が良いかと思います。

光熱費なども家計簿で管理していきたいという事でしたら、
ご主人からはその光熱費分も含めた生活費をいれていただく方が良いと思います。

生活費として入れてもらう金額を増やし、管理する項目を増やすだけ、というスタンスですから、
ご主人のお小遣いについてはノータッチのままでいけると思います。

お金のプロから見てこうです、ということではなく、あくまで同じ主婦としてもし私が質問者様と同じ立場で、家計簿をつけていくとしたらどうするか?という視点でお答えしています。

ちなみに、「夫婦でお財布が別」よりも「お財布を一緒にしてやりくり」の方が、お金は貯まりやすくなりますが、ご事情があると思いますので、そこは個人の自由で構わないと思います。

それから、あきの家計簿の「毎月の家計簿」の「残高」は、
月がかわった場合は「前月の残高」をそのまま繰り越して使います。

前月の最終残高 30000円

今月分がスタート
1日に食費で2000円を使ったら、

30000 - 2000 = 28000円
というように月初は処理していきます。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ