2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【年収600万円台】マイナス30万円からのスタートです。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

家族構成 夫(38歳)自営業、妻 会社員(38歳)、子(高2)、子(中2)、子(11歳)
夫の父、母 7人家族 

<収入 >
夫 504万円
ボーナス 0万円
妻会社員 168万円
ボーナス20万円
計 692万円

<銀行支出>
車ローン 年105.6万円(2台分 月5万円+月3.8万円)
車保険 年27万9千円(2台分)
小学校 年9万6千円(月8千円)
中学校 年13万2千円(月1万1千円)
高校 年96万 (月8万)
↑寮生活の為 寮費+食費+学費+部費
電気 年36万円 (月平均3万円)
保険 夫 年22万8千円(月1.9万円)
保険 子 年3万6千円(月3千円)
保険 妻 年9万6千円(月8千円)
学資保険 年12万円(月1万 )小学生のみ
習い事 年30万円(月2万5千円) 2人分
合計 約366.3万円

<カード払の支出>
携帯4台+ネット+固定電話代 年57万6千円(月4万8千円)
ガソリン代 年8万4千円(月7千円)
合計 約66万円

<現金支出>
食費 年108万円 (新聞代+医療費+予備費+自治会費+犬費用含む)
日用品 年12万円
その他 年30万円
↑学校に必要なものや高校生の野球道具代
被服代 犬(カット代+薬)などに使用
高校生 寮以外の食費 年48万円 (月4万円)
↑土日のご飯が無い為、各自負担
合計 約198万円

<特別費>
自動車税 年5万4千円
バレンタイン、ホワイトデー 1万円(10人以上からもらうため)
お年玉 1万円
コストコ年会費 4千8百円
婦人検診、インフル予防接種 7千6百円
お正月費 12万円
合計 約20万6千4百円

<他>
貯金 年48万円(月4万円) 毎月口座積み立て
(子供貯金 上二人の学資保険はいれてないので 年24万円は貯蓄)

現在貯金額は  94万円 
夫が自営業なので、資金に苦しくなると定期を崩していままでやってきたので
なかなか、貯まりません。車検代なども、貯金から崩しています。

そのうえ、2年後には、一番上は大学へ行きたいと言っています。
とても学費なんて出せる状態ではありません。

同居ですが、水道代など、他の費用を負担してもらっているので
別で貰うことができません。

銀行の口座も資金繰りが苦しい時にマイナスになってから
埋める事ができず、いままできています。毎月マイナス30万からスタートしています。

私には、どこがだめなのかわからなくなっていて。。。毎日をやりくりするので精一杯です。
どうか、よいアドバイスをいただけたらと思います。


**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!
しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます♡

2.年間収支は

収入692万円
支出699万円

収支は年間約7万円の赤字となります。

貯金 年48万円(月4万円) 毎月口座積み立て

ただし、こちらがあるので、年間48万円は貯金をしているということですね^^
しかし、実際にはここから車検代などを支払っているので、毎年ほとんど残っていない・・・ということかな?と推測いたします。

学資保険 年12万円(月1万 )小学生のみ

学資保険が唯一の確実な貯蓄というところでしょうか。


3.気になる点は

まず最初に気になる点は、
質問者様は、口座を「特別費口座」と、「貯金用口座」に分けているか??という点です。

↓あきのズボラ家計簿では、



口座は「引き落とし用口座」「一時保管用口座(特別費)」「貯金用口座」3つにわけることを推奨しています。(3つにわけるという意味で、3冊にするということではありません)

もしかしたら、特別費と貯金の区別があまりついていない状況だったりはしませんか?

毎月の先取り積立というのは、出来ればもちろん理想的ですし、やった方がいいと思うのですが、家計の現状によっては、やると家計が回らなくなる場合があります。

先取り積立があるために生活が苦しく、つみたててもすぐに崩すを繰り返す・・という悪循環になってしまうことがあるので注意が必要です。

先取り積立は、よほど体力のある家計やしっかり家計が回っている場合でないと難しいと私は考えています。

4.気になる支出は

質問者様の家計で気になる支出は、

車ローン 年105.6万円(2台分 月5万円+月3.8万円)
車保険 年27万9千円(2台分)
保険 夫 年22万8千円(月1.9万円)
保険 子 年3万6千円(月3千円)
保険 妻 年9万6千円(月8千円)

携帯4台+ネット+固定電話代 年57万6千円(月4万8千円)

車のローン、保険、携帯です。

特に、車のローンは突出して高いようです。

家賃がないので、ご両親のご実家などにお住まいで、家賃がないから車にお金をかけてもいいかな・・・という感じで車を購入されたのかも??しれません。

こちらのローンがいつ終わるのか?は調べておいた方がいいですし、払い終わってもしばらくはすぐに買い替えないなどの対策がとれるだけでも随分家計はラクになると思います。

また、車の保険も高く、保険もすべて掛け捨てにしては高めのように感じます。
(保険については、プロの方の範疇と思いますので、詳しく言及は致しません)

ガソリン代が月7000円なので、2台分の車のローンと車の保険を高額に支払っている割には、使用頻度が少ないのかもしれません。次回は2台目は小さい車にするなど、使用頻度に合わせた買い物を検討するのも一つの手かと思います。

携帯電話も4台分+電話+WIFIにしては高く、少し料金プランの見直しをしてみるのもいいかもしれません。

実際には、これはどうしても削れない・・・などあるかもしれませんが、
保険関係と、携帯電話で、出来るなら年間20万円くらい削減できると随分ラクになると思います。

電気 年36万円 (月平均3万円)

電気代も高いと思いますので、今一度コンセントなどがきちんと抜けているか?確認してみるといいかな?と思います。こちらも月に5000円くらいは削れれば年間6万円節約できます。

食費 年108万円 (新聞代+医療費+予備費+自治会費+犬費用含む)
日用品 年12万円
高校生 寮以外の食費 年48万円 (月4万円)

と、こちらの支出もやや高めなので、可能ならすこしずつ月1万円、年間12万円くらい削れるとメリハリがついてきます。
食費は食べ盛りの男の子ですから多少は仕方がないところもあると思いますので、本当に数千円から、1日150円、野菜を1つ会計前のかごから戻すくらいの節約から始めてみるといいかもしれません。

これらの支出を合わせて、年間38万円ほど節約できると、随分ラクになるかな?と感じます。

そうすると、年間86万円は貯金が出来る計算になります。

ただし、今まではここから車検などを出されていたということですので、これを特別費として計上してみるといいかな?と感じます。

例えば、

車検12万円
赤字対策24万円
旅行など10万円


くらいの余力を残し、

貯金40万円

くらいを目指すことから始めてみるのもいいかもしれません。


5.2年後の大学費用は?

2年後の大学費用ですが、おそらく2年で400万円を貯めるなどはムリかな??と感じます。

ただ、お子さんがどこの大学を目指すか?アルバイトはできるか?真ん中のお子さんの進学先は?などによって状況は全く変わってくると思います。

現在、

高校 年96万 (月8万)
高校生 寮以外の食費 年48万円 (月4万円)

年間144万円は高校生のお子さんに使っているので、

もしも真ん中のお子さんが家から通える公立校などに進学されて、それほど費用がかからなければ、このうち100万円前後は大学の費用に回せる可能性もあるように感じます。

加えて、在学中に車のローンが一つでも終われば、そちらも学費に回せるかもしれません。

しかし、お子さんが一人暮らしでアルバイトも出来ず、月10万円は仕送りしてほしいという条件になり、なおかつ真ん中のお子さんまでお金のかかる私立校に入学・・となってしまうとかなり苦しい家計になってしまうように思います。

これはご主人お子さん含め家族全体で進路について話し合っていかれる問題かな?と感じます。


6.まとめ

質問者様の家計は、車、保険、電気代、携帯の支払いが高い家計と感じました。

全体的に少しずつ削って、月1,2万円の支出を減らすところから始めると、なんとかなっていく家計のように感じます♡♡

進路について是非じっくりと話し合われてみて下さいね^^

質問者様の最大のメリットは、まだまだご夫婦ともにお若いことです。
大きなお子さん3人で、今は大変かもしれませんが、徐々にラクになっていくように思います♡♡

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!


※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ