2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

ふるさと納税の出費が一時的に大きな出費になるのがもやもやする

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


あきさん、こんにちは。
いつも楽しくブログ拝見させていただいています。

為になる内容ありがとうございます。家計管理の指針にさせていただいています。
家計簿も3ヶ月目に突入しました。

今回、家計管理をする上で質問させていただきたい事が1つあります。

ふるさと納税についてです。
ふるさと納税のしくみは、ご存知かもしれませんが、今年寄付した金額に対しての控除対象分が、所得税分は確定申告する事で現金で還付され、住民税分は翌年の住民税が調整され安くなる仕組みです。
ですので、毎年寄付をしていると、住民税分は毎年大体同じ金額となり、還付されている実感が無くなるのです。

例えば、一年に10万円の寄付をすると確定申告する事で9万8千円は還付されるので、実質は2千円だけの負担になるのですが、所得税分以外は現金での還付ではないので、家計簿上では、ただの寄付の出金という扱いになってしまうのです。

この場合は、実際には還付されており、見え方の問題だけなのて、出金扱いにするべきでしょうか?それとも、他に方法がありますでしょうか。

私としては、実際は2千円しか出費が無いのに、何万円も出費扱いにする事にもやもやしてしまい、質問させていただきました。

よろしくお願いします!



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「ふるさと納税」についてですね。



結論からお伝えすると、あき家では「ふるさと納税」は利用しておりません。

なぜ利用しないか、というと、
まさに

>実際は2千円しか出費が無いのに、何万円も出費扱いにする事にもやもやしてしまう

という質問者様と同じような気持になる、と分かっているからです^^
(ふるさと納税を利用しない方がいい、と言っているわけではありません)

私は、あえて、ふるさと納税は

実質の負担が2000円であっても、何万円もの出費扱いにする、のが家計簿上は正解、だと思います。

あきの家計簿でつけるとしたら、「特別費」の欄に記入してくださいね。

他の方法についてもやろうと思えばやれますが、
かえって管理に手間がかかりそうなので、この方法が一番簡単だと思います。

あとから戻ってくる、と思っても大きな支出と思って出す方が引き締めになる、と私は考えています。

たとえば、我が家の場合でも、

次女のランドセル6万円を購入しましたが、

おそらく年度末に祖父母から「入学祝金」が少しはいただけると思うので、

実質の負担は6万円ではありません。

それでもランドセルを6万円の出費として家計簿にはつける。

そうすることで6万円分の買い物をしたのだ、という意識も生まれます。

というわけで、あえて数万円の出費扱いにする、ということを私はオススメします^^

最後になりましたが、「あきの家計簿」をご利用いただきありがとうございます。

自分には自信のない私ですが、
「あきの家計簿」は自信をもってオススメさせていただいています^^

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

※ご指定のメールアドレスに返信させていただきましたが、アドレスに誤りがあるようで、こちらのメールが跳ね返ってきております。大変申し訳ないのですが、こちらでの回答にて失礼させていただきます。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ