2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

特別費を毎月通帳に積み立てている場合&あき家の海外旅行用のお金の積み立て

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


いつも楽しみに拝見しております。

うちはボーナスがなく我が家は封筒ではなく通帳に毎月特別費用として2万ほど入れています。

大きな買い物のときなどはこの口座からおろします。

このような場合、毎月の家計簿におろしたお金を書いて、特別費に使った用途を書いて年間家計簿の固定のところに入金した金額を書いています。

おろした月の年間家計簿の銀行の欄は金額は減っていますのでその残高を書いています。

特別費を封筒ではなく口座で貯めていきながら使う場合、これであっていますか?



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費の口座運用」についてですね。



結論からお伝えすると、「残高があっていればOK」です。

あきの家計簿の場合、
計算ミスをしていると、

口座引き落とし&月1回以下の支払いの支出の合計+現金でのやりくり(毎月の家計簿の支出合計)=今月使ったお金
となり、
収入から今月使ったお金を引くと、今月の収支が計算できます。

それと同時に

今月の通帳残高の総額 - 先月の通帳残高の総額 = 収支

の両方で収支の計算をします。

この二つの収支の計算結果が同じになればその月の計算は合っている、ということになります。

ダブルチェックをすることで、計算ミスをあらかじめふせぐことができるのです。

質問者様のご質問内容については、
おそらくその方法で大丈夫だと思いますが、
詳細まで推測できないので、「計算があっているなら問題ない」と考えてください。

もし計算が毎月合わないようでしたら何らかのミスが発生していると考えてみて下さいね^^

特別費を通帳で管理している場合、

特別費用の通帳を家計管理の通帳から外す、というのも一つの手です。

特別費を毎月2万円積み立てる。

年間の家計簿に2万円の支出と記入する。

年間の家計簿の通帳残高に特別費用の通帳の残高は記入しない。

そうすることで、特別費の通帳にはお金が貯まっているけれど
支出としてしかみなされていないことになります。

すでにもう家計簿には支出としてつけているわけですね。

大きな買い物をする時には特別費の通帳からお金を出す。

特別費の通帳の残金は減るけれど家計簿にはつけない。

こうすると、特別費で大きなお金を使ったのに、
家計で管理しているお金は減らないので、なんとなく得した気分になれますし
気兼ねなく使えますよ^^

でも、この方法は、めったに特別費を引き出さない方むけですね。

例えば海外旅行とか年に1回いくかいかないかの大きな支出にしかつかわない、
とか、そういう方むきです。

家族旅行とかでちょこちょこ使う、という場合には、やはり家計簿にいくら使ったと
記入する方がいいでしょうね。

ちなみにあき家では「海外旅行」用のお金は「家計管理外」としています。

海外旅行にいっても貯金が減ったような気にならないようにあらかじめ
対策をとっているのです。笑

使うお金に変わりはないので、あくまで「気分の問題」なんですけどね。笑

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ