2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

ズボラでも続けられる家計簿の仕組みとは?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


いつもブログや書籍で勉強させていただいています。

『特別費をうまく回せると家計が回り始める
http://kakeibo.kosodate-info.com/archives/3952251』

でコメントいたしました。2つ疑問点が出ましたので質問させていただきます。

1つ目
「現金での特別費の対応方法」のところです。特別費をまとめておろして封筒に現金をうつした時点で、現金対応分の金額だけ〈毎月の家計簿の残高〉を増やしておかないと、〈毎月の特別費〉に支出としてつけた時に〈毎月の家計簿の残高〉が合わなくなるのではないでしょうか。私は同じようにつけたら合わなくなってしまいました(>_<)

2つ目
臨時費、家電インテリア費などは、一時保管通帳から毎月引き出して、毎月封筒に小分けにされていますか。それとも、予算表には便宜上毎月一定額を書いておいて、実際はボーナス時にまとめてうつしているのですか。

用件のみで申し訳ありませんが、よろしくお願いします!




**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費の対応」についてですね。

**********

ひとつひとつ質問にお答えしますね^^

1つ目
「現金での特別費の対応方法」のところです。特別費をまとめておろして封筒に現金をうつした時点で、現金対応分の金額だけ〈毎月の家計簿の残高〉を増やしておかないと、〈毎月の特別費〉に支出としてつけた時に〈毎月の家計簿の残高〉が合わなくなるのではないでしょうか。私は同じようにつけたら合わなくなってしまいました(>_<)


→こちらは、その通りです・・・!^^;
間違えたというよりは、単純に書き忘れました・・・^^;
大変失礼いたしました。回答を修正させていただきました。
http://kakeibo.kosodate-info.com/archives/3952251

実際にその通りにしてしまい、残高が合わなくなってしまったとのこと。大変申し訳ありません!
心よりお詫び申し上げます。


2つ目
臨時費、家電インテリア費などは、一時保管通帳から毎月引き出して、毎月封筒に小分けにされていますか。それとも、予算表には便宜上毎月一定額を書いておいて、実際はボーナス時にまとめてうつしているのですか。


→こちらは、私の場合でお答えいたしますと、対応はまちまちです^^;

私の場合は、現金の特別費は、だいたいボーナスの時にまとめて取り分けておくことが多いです。
毎月引き出すのではなく、私の場合は3~6ヶ月に1度くらいが平均的です。
(余りに多額の現金が自宅にあることになってしまいそうな時はあえて引き出さないことがあります。まとめてひきだすのは何回も銀行に行って引き出すのが面倒なため)

口座引き落としになる特別費だけは、引き落としがある前月の給料日にいつものお金を振り分けるついでに、特別費のお金も移動しています(こちらは数ヵ月前から移動させておくと、うっかり使ってしまう可能性があるため)。

現金で対応する特別費については、おろした時に全部封筒に仕分けてしまえば、質問者様がおっしゃるように、ボーナス月の特別費だけが異常に多い処理になります(予算表には7月5万円、8月5万円とあっても、10万円引き出して仕分けてしまうと、6月に10万円の特別費になる)。

なんですが、私の場合は、ズボラなので^^;
仕分けるという作業をサボることがあります・・・数ヶ月も・・・^^;。

というわけで、そういう時は、おうちにある現金だけが多い、つまり残高だけ増やしておいて、しばらくそのまんまということがあります。

それで、気付けば支払い月間近になって急に仕分けたりします^^;

なので、だいたい予算表とほとんど同じ仕分け方になっていると思います。

↓参考:特別費予算表(記入例)
b52ee329.jpg


全然関係ないですが、年間の家計簿の締めも、私はよくサボります^^;

↓参考:年間の家計簿(記入例)
kakeibo4


10月半ばに8月、9月の2ヵ月分の年間の家計簿の集計表を記入したりします・・・。

でも、2ヵ月遅れでやっても、計算は合うんですね。

これはあきの家計簿の良いところだと自分でも思っています。笑

さぼっても、全然計算が狂わない!!笑

なぜなら、通帳の残高を収支の中心に置いているから。

これが一番正確な数字です。

毎月の家計簿の最終日の残高があっていれば、数ヵ月遅れでも正確な数字が追えるんですね^^!

↓あきの家計簿は、


私自身がサボりの女王なので、サボっても続けられるように復活できるようにあらかじめ工夫してあるんです。笑

これは脱線でした^^;

前回に続いてのご質問ありがとうございます♡♡
質問者様にも長らくのブログのご利用をいただいていること、大変ありがたく覚えております。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!


あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ