2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

夫が小遣い制を拒否。家計の全てを管理できない場合。

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

市販の家計簿は続いたことがないので、手軽にアプリを使っていたのですが、今年はあきさん流家計簿で頑張ってみようと思います!

主人に小遣い制を拒否され、
「(私に)家計管理は絶対にさせない。(独身時代、私が貯金ゼロだったので。)」
と言われています。
でも、あきさんのブログを読んで私もお金を貯めてみたい!と思いました。

現在は、給料日に毎月決まった額下ろし、そのお金をふたりで使っているという形です。

私が使う分はレシートをもらっているので家計簿につけれますが、主人はたまーにレシートをくれるぐらいです。

私のような場合、どうやって家計簿をつけたらいいと思いますか?

下ろしたお金の一部を小遣いとして処理すればいいでしょうか?

時々くれるレシートはどう処理しようか。

まだ家計簿をつけはじめていないのですが、いろいろ考えてモヤモヤしています。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計の一部だけを管理している場合」についてですね。



ご主人がお小遣い制を拒否しているので、
質問者様は家計の全てを管理しているわけではなく、一部だけを管理している、ということなのですね^^

このような場合は、まずご主人と今後の家計について話し合ってみることが大切ではないかな?と思います。

ご主人がお小遣い制が嫌、ということであれば、無理に家計の全てを管理する必要はないと思います。

でも、何を質問者様が管理し、何をご主人が管理するのか、という点だけははっきりとさせておくとよいのではないでしょうか。

例えば、

「食費」「日用品」は私が管理するから、毎月6万円は必ず欲しいなど。

交渉が仮にうまくいったとしたら、

まずは「食費」「日用品」だけを「毎月の家計簿」につけてみてください。

慣れてきたらまたご主人と相談して、

「食費」「日用品」「娯楽費」

だけは管理するから月10万円欲しいなどと交渉してみてください。

交渉が上手く行ったら今度は「食費」「日用品」「娯楽費」だけを「毎月の家計簿」につけてみる。

このようにして徐々に家計管理する費目を増やしてみてはいかがでしょうか。

くれたりくれなかったりのご主人のレシートまで管理していては訳が分からなくなりますから、
「ここは自分で管理する」という切り分けをはっきりさせることだと思います。

この場合は、お小遣い帳に近いので、「年間の家計簿」は不要です。

預かったお金が6万円ならこの6万円をどうやりくりするか?を考えてみてくださいね^^

余ったお金は貯金にしてもいいし、貯金はご主人がされているということなら、自分のお小遣いに上乗せしてもいいかもしれませんね^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ