2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

子供の小遣いは家計簿にはどうつける?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

あきさん、こんにちは。

小学生のこどものお小遣いを、どの費目に入れたらいいか迷っています。

今は、毎月定額で渡している分は、月のお小遣いの費目に、夫(毎週5000円)と小学生のお小遣い(毎月数百円)を記入しています。
その他、たまに友達とプールや映画などに遊びに行くことがあり、その都度必要額を渡していますが、その分もお小遣いになるのか、それとも娯楽費になるのか、悩みます。
また、お手伝いや勉強のご褒美で、数十円〜数百円あげることがありますが、これは何費になりますか?

あきさんのご意見を参考にさせていただきたいので、よろしくお願いします!


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「子供のお小遣い」についてですね。



結論からお伝えすると、
数十円~数百円程度の少額のお小遣いであれば「娯楽費」で対応してください。

あき家でも、長女が小学生なので、お手伝いをしたら10円~30円くらいのお小遣いを渡しています。

あき家では、お手伝いをしないとお小遣いはもらえない制度なので(笑)、
月で定額のお小遣いは渡していません。

子供がまだ小さくて、少額なうちは「娯楽費」で充分だと思います^^

毎月定額でお小遣いを渡すようになったら「年間の家計簿」か「毎月の家計簿」に「小遣い」という費目を作って対応してください。

私だったら、子供ひとりひとりに費目を作るのは面倒なので、
「子供小遣い」という費目を「毎月の家計簿」に作って、3人分の小遣いを1つの費目で管理すると思います。

年間の家計簿で管理すれば1回の記入で済むので簡単ですが、
現金でのやりくりだから、残高がどうなる?などと迷うようでしたら毎月の家計簿の方が計算上は簡単だと思います。

もちろん年間の家計簿でもかまいません。

これは「毎月の家計簿」「年間の家計簿」どちらにかかなくてはいけない、ということではありません。

どちらに書いてもお金を貯める貯めないには関係ない部分だと私は考えるので、どちらでもどのように処理してもかまわないのです。

計算さえ合えばOK。

友達とプールや映画などに遊びに行くことがある、ということですが、これは「娯楽費」にしましょう。

子供だけのお楽しみであっても家族のお楽しみから出します。

そうすることで、子供がそういうから仕方ないと、言われるがままにずるずると遊びに行かせることがなくなると思います。

今月はみんなでお出かけする費用もあるんだから、子供だけで遊びに行くのは月2回までだからね!などと多少ストッパーの役割も果たしてくれると思います。

もちろん、子供を遊びに行かせるのを優先したい、と考えるならばその分家族でのお出かけを少し控えるということになります。

もしも子供がお友達のお宅に誘われて子供だけで旅行に行く場合は、「特別費」にします。

少額なお楽しみは「娯楽費」
高額なお楽しみは「特別費」

にしてくださいね^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ