2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【画像付き】エクセルでつける家計簿のつけ方&考え方

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


こんにちは!
家計簿つけはじめて6か月目に入りました。
三日坊主の私がこんなに続いたのは初めてです!

あきさんはエクセルでつけていると言うことですが、私もエクセル派です。
見せられる範囲で構いませんので、記入例を画像で見せていただけませんか?
私は単純に一日一行なので、品目をどう入力しているかを参考にさせていただきたいです。
よろしくお願いします!


**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「エクセルでつける場合」についてですね。

**********

わが家は、現在はエクセルで家計簿をつけています。

何故手書きでないか?というと、

長年続けているので、冊数が増えてしまい、置き場所に困ってしまったため
家計簿をつけるのは習慣になっているので、パソコンを起動するのが面倒で挫折するということが私の場合はないため


です。

この毎月の家計簿も、最近は1週間に一度とかややおさぼり気味ですが、ちゃんと続けています。

実は、私の場合は、毎月の家計簿がなくても家計が回せようになっているのですが、
現状把握のためにつけています~。

どのようにつけているかというと↓こんな風につけています^^。

pic

度々お伝えしておりますが、

当ブログでは、わが家の家計については、一部しか公開しておりません。

なぜかというと、夫の職場関係、親せき、リア友さんなど、リアルでお付き合いがある方が
当ブログをご訪問くださっているためです。

子どもたちの安全、個人情報の保護の観点から、わが家の家計については一部のみの公開とさせていただいております。

また、当ブログは、家計簿のつけ方などの方法について紹介することを目的としたブログであり、私個人の家計を公開することを目的としたブログではありません。

なので、このエクセル表も、記入欄の構成はわが家のものと同じですが、記入内容はわが家の内容を見ていただける程度に修正しています。(たとえば子どもの名前、主人の名前、習い事の名前、利用しているスーパーの名前などお伝えできない内容を含む支出は名前を修正したり、欄外に移動したりと多少の加工を加えています)

なので、参考程度にご覧ください~^^
(あくまで記入例としてご紹介いたします~)

わが家の場合で言うと

*日付は、ほとんど入力していない。1週間で入力している
*食費は、米、酒のみ外して記入している
*子どもにこづかいを与えている(子どもには、服・文具費こみでこづかいを渡しています)


それくらいかな・・?^^;

関数は、

*小計、支出計にSUM関数
*残高は、前日の残高+入金ー支出計と計算式が入っています


1日1行でも記入欄が余りまくります^^;。

早6ヵ月もあきの家計簿をご利用いただきありがとうございます♡♡
6ヵ月も続けられているなんて、すごいです!!

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓エクセル家計簿(まとめ)についてはこちら
【画像付き】エクセルでつける家計簿のつけ方&考え方

**********

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のご質問はこちらから
 ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ


**********

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ