2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【手取り年収300万円台】貯金は年間120万円だけど…

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

あきさんこんにちは。
8月に退職し、現在専業主婦なのでこれを機に家計管理をしっかりしようと思い、連絡致しました。
よろしくお願い致します☆

家族構成●
夫(38)、妻(33)

1、収入
夫 年間約250万円(夏:30万 冬:30ボーナス有り)
妻 年間約132万円(昨年度)
いずれも手取りです。

合計 年間382万円

2、銀行支出
住宅ローン 年間678636万円(月56553万円)
電気代 年間48000円(月4000円)
ガス代 年間6万円(月5000円)
水道代 年間48000円(月4000円)
携帯(2台)、タブレット
年間30万円(月25000円)
夫生命保険 年間75144円(6262円)
妻生命保険 年間38400円(月3200)
団信 年間66144(月5512円)

あき計算補足 合計約132万円

3、現金支出
食費.日用品 年間36万円(月3万円)
生活費(外食費.レジャー費) 年間24万円(月2万円)
夫小遣い 年間24万円(月2万円)
妻小遣い 年間30万円(25000円)←コンタクト、お化粧品込み

あき計算補足 合計約114万円

(特別費予定)
固定資産税 10万円
車税 4万円
車保険料 2万円

あき計算補足 合計約16万円

総合計 262万円



(昨年度貯金実績)
昨年は年間で130万円くらいは貯金が出来ています。
私のお給料日をほぼ全額貯金してました。

来年から復職予定です。
とにかく今までズボラで管理ができていませんでした。
年齢的にそろそろ子供も考えております。

これからお金もかかってくると思うので、どうやったら上手くやりくりできるかアドバイス頂けたら幸いです。
よろしくお願い致します☆



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!
しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます♡

2.年間収支は

収入382万円
支出262万円

収支は年間約120万円の黒字となります。

とにかく今までズボラで管理ができていませんでした。

ということですが、出来ていると思いますよ~^^

手取り年収の3割が貯金出来ています♡

でも、管理できていないと思ってしまうなんて、不思議です~

私の中のあるあるなのですが、
貯金がたくさんできている人に限って

私なんか全然ダメ

という意識を持っている方が意外と多いんですよね~

しっかり貯金できているのに、

もっともっと節約しないと私なんて全然ダメだから…!

なんて自分を責めてばかり。

どんなに貯金ができても

お小遣い?旅行?そんな贅沢できるような状況じゃない!
老後の生活が何より心配!安心して老後を送るためにはもっともっと必要!!


と、どこまでもストイックに未来の不安ネガティブ追求していってしまう。

たぶんこういうタイプの方は、

老後になっても、

いつ何が起きるか分からないんだから!!

とどれだけお金を貯めても安心できず、お金を一生使うことがないままになってしまうんですよね^^;

質問者様はそこまでの感じはないですが、しっかり家計管理ができているのですから、ぜひご自分をほめてあげてください~♡

3.気になる支出は

質問者様の家計で支出として気になるのは、

水道代 年間48000円(月4000円)

これくらいです。^^

世帯構成にしては水道代が高いかな?と思うくらいで、あとは取り立てて高すぎると思うものはないので、よく節約していらっしゃるな~と思います♡

生活費(外食費.レジャー費) 年間24万円(月2万円)
夫小遣い 年間24万円(月2万円)
妻小遣い 年間30万円(25000円)←コンタクト、お化粧品込み


反対に気になるのは、
と娯楽的な支出がこれしかないところです。

この小遣いでは、ご主人はランチ代と数回の飲み会くらいが限界というところだと思いますが、他に衣服代や散髪代もないので、この小遣いの中から衣服や散髪代も出していると考えると、お弁当でも持たせていない限り、ご主人のふところもかなり寒々しいものではないかな?と感じます。

もしかしたら、そのような支出は、娯楽費で計上しているかもしれませんが、外食、衣服、散髪こみで娯楽費月2万円だと、週末もほとんど遊びにでかけることもないのかな~という印象です。

加えて、自由がきくお二人様なのに、旅行代や誕生日プレゼントなどレジャーやイベントにかける支出も全くなく、最低限の支出にすることはできていますが、生活全般がとても小さく、貯金はできていても、ややケチな印象です。

もちろん、このような小さな生活が私たちの理想の生活なんです♡ということなら何も問題ありませんので安心してくださいね^^。

4.もしも私だったら…

年間での貯金額はちょっと目減りしてしまいますが、赤ちゃんが生まれるまでは、年間で20万円くらいは旅行や衣服や家電インテリアや資格取得のための勉強代など、もう少しお楽しみにお金をかけると思います♡


お子さんが生まれたら、おそらくご主人のお給料だけでのやりくりはギリギリかやや難しい状況になると思いますので、奥様のお給料の状況によって家計が変わっていくかな?と思います。

今の段階では未確定要素が多いので、何とも言いにくいところがあります。

5.まとめ

質問者様の家計は、現状大きなムダ遣いがあるという家計ではないと感じます。

どちらかというと節約先行型の家計で、かなり節約上手だと思います。

ただ、自由度の高いお二人様にしては、娯楽的な支出がほとんどないケチな印象の残る家計だと感じます。
お二人様の間は、娯楽的な支出を多少増やしたりしても、問題ないように思いますが、お好みに応じて判断されてくださいね♡

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!


※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ