2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

5週目がある時の食費・日用品の予算を守る方法は?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


初めまして。
あきさんの家計簿、半年前から始めさせていただいてます。
本もアマゾンで予約したので、楽しみです!

最近ようやく、お金の流れが変わってきた気がしますが、食費・日用品について質問です。

我が家は15日が給料日です。
週に1回、まとめて買い物に行きます。
その際、月によって週に4回買い物に行く月と、5回買い物に行く月がでてしまします。

月に4回だと予算を守れるのですが、月に5回だと食費・日用品ともに予算を守れません。

例えば、12月15日が給料日で、次の給料日が1月13日(15日が日曜のため)とすると、買い物に行く日が12月17・24・31・7日の4回です。
予算の6万3千円で守れました。

1月13日から2月15日までだと買い物に行く日が、1月14・21・28、2月4・11日の5回です。
すると、この月は予算が6万3千円が守れず、7万8千円位になってしまいます。
日用品も同様に予算が守れません。

このような場合は、月々で食費・日用品の予算を見直した方がいいのでしょうか?
ただ、給料の額は変わらないので、5回買い物に行く月はいつも「お金がない~」という状態になります。
どういうふうにしていけばいいのか、お時間あるときにでも教えていただけると、すごく助かります。

よろしくお願いいたしいます。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「5週ある時の予算配分」についてですね。



質問者様は5週に分けて予算を管理されているということなのですね^^

結論からお伝えさせていただくと、
あき家は5週に分けて予算を配分するということをしていません。

ですが、これをうまくならす方法もあると思います。

あきの家計簿では「1ヵ月」と単位として考えますから、

何週あるかということは特に問題になりません。

それよりも1ヵ月分として計算する方が大切だと考えます。

例えば、1ヵ月に5回買い物をするということで、
質問者様の例でいうと2月11日が5回目にあたるわけですが、
1月分に相当する分は14日までの4日分になります。

例えば1日2000円、1週間で14000円という予算だった場合
4日分の8000円を1月分として記入し、
残りの3日分6000円を2月分として記入すると良いと思います。

同様に前月分も案分して計算すれば
家計簿に記入されているのは「5週分の食費」ではなく「1ヵ月分の食費」になると思います。

ただ月をまたいでしまうので、残高の調整がちょっと面倒になります。

14000円の買い物をしたら残高が10000円になった
という場合でも
1.8000円の買い物をして残高は16000円と記入
本当の残高は10000円なのに16000円残っているものとして帳尻を合わせる
2.2月分として6000円を記入し、残高を10000円にする
という作業になります。

ちょっと面倒ですね^^;

でもおそらくこれで5週目なども関係なく、1ヵ月分で計算ができるようになるはずです。
(やってみたわけではないので、うまくいかないようでしたらご連絡ください)

こうすると、月によって予算のバラつきが出ないと思いますので、いいと思いますよ^^

最後になりましたが、↓当ブログの書籍のご予約をいただきありがとうございます^^
1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿

書籍の内容が少しでもお役に立てるといいなーと思っています☆

本当にありがとうございました!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ