交通費という費目を家計簿に作ってはいけない理由


日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

スポンサーリンク

*今回のご相談内容*

質問なのですが、家計簿の費目決めのなかで、
交通費という費目は作らない方が良いとのことなのですが、
私は車の免許を持っていないので、バスや電車での移動が多く、その支払いをパスモで行なっています。

そのため、定期的にパスモへのチャージが必要不可欠なのですが、その際、家計簿ではどのように処理すればよいのでしょうか。

今現在、光熱費はコンビニで現金で払っているのですが、これはあまり良く無いのでしょうか?
現金の場合は年間の家計簿には記入せず毎月の家計簿に記載するということで良いのでしょうか?

まずは家計簿をつけることから始めようと思っているのですが、主人と財布が別だったりでいろいろとこんがらがっています

ちなみに、交通費の質問は私のお小遣いの家計簿の中での質問です


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「交通費についてと光熱費の現金払い」についてですね。

スポンサーリンク

1つ目の交通費について。

あきの家計簿では「交通費」という費目を作ることを推奨していません。

ただし「定期券」など通学や通勤で必要な交通費であれば、
「年間の家計簿」に「定期券」などと費目を作り対応してOKです。

現金払いであれば「毎月の家計簿」に「定期券」という費目を作っても構いません。

これは「つけるだけで貯まる家計簿」になるかならないかに影響が出る部分ではないので、「年間の家計簿」「毎月の家計簿」のどちらで管理してもかまいません。

残高などの計算が正確にできる書き方ができていればOKと考えてください。

私が費目として作ってはいけない交通費に該当すると考えるのは、「お出かけにつかう交通費」です。

まずは、質問者様のおっしゃるパスモへのチャージにあたる交通費が、「仕事用」なのか「お出かけ用なのか」という点をご確認ください。

もしもお出かけ用であればパスモへのチャージは「娯楽費」で対応してください。

毎月の家計簿の娯楽費欄に

パスモチャージ 2000円

など、チャージした金額を記入するだけでかまいません。

実際に電車などに乗り、交通費が1回200円かかったというような詳細を家計簿につける必要はありません。

これは「つけるだけで貯まる家計簿」になるかならないかに関係のある部分なので、きちんと娯楽費で対応していただいた方がいいと考えます。

次に、光熱費の現金払いについてです。

光熱費は、「現金払い」でも「口座引き落とし」でもどちらがいい悪いということは特にないと考えています。

ただ、「口座引き落とし」にすると50円引きなどの割引サービスがある場合があります。

また、カード払いのポイントも貯まります。

私は、ポイント目的でカード払いにするのは推奨しませんが、家賃や光熱費だけは別です。

家賃や光熱費など、毎月必ずかかる支出は、どうしても払わなくてはいけないものなのでポイントをもらった方が得です。

また払い忘れたり延滞する可能性も少なくなります。

毎月に支払いに行く手間も省けます。

そういう意味で私は「口座引き落とし」を推奨します^^
(現金払いの方が得なシステムがあるのかもしれませんが、そこまでポイントシステムに詳しくありませんので、気になる方は調べてみてくださいね)

現金払いの場合は、定期券の場合と同様に
年間の家計簿に記入しても毎月の家計簿に記入してもかまいません。

これもどちらの方法でも「つけるだけで貯まる家計簿」になるかどうかに影響はありません。

計算さえ合えばOKです。

↓よかったらこちらのURLも参考になさってみてくださいね~^^
・光熱費や家賃などを現金払いにしている時の家計簿のつけ方は?

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク