2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

借金があり、生活費4万円でやりくりしていこうと思っている家計の場合は

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


主人が鬱病で私が家計を支えています。
小1の男子もいます。

今まで借金もあり苦労してきました。

現在、手取り20万程度・児童手当40万・児童扶養手当(初めて貰いました)3.5万円月額です。

ここから車関係30000円・借金3000円も含めて16万円無くなってしまいます。

4万円で生活をしていきたいと思うのですが、こんな感じで良いのでしょうか。
車は2年で終わります。

他の借金が入り、1万位は飛んでいきますが。車検や家賃更新も含め手持ち金が無くなってしまったのですが、4月から家計再建に向けて動きたいと思います。

家計簿の記入はこの状態から出来ますか?

10年以上つけているけど実態の把握しか出来ないのです。

アドバイス頂けると幸いです。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「具体的なやりくり」についてですね。



お金に関してご苦労をされてきたのですね。

質問者様の現状について少しまとめてみますね。

まず月の給与は20万円ということなので、

20万円×12=240万円
児童手当40万
児童扶養手当3.5万円 ×12= 42万円

ということは、年間で322万円の収入があることになります。

月4万円で生活していこうと考えているということですが、それは可能な数字ですか?

例えばご実家から食費や衣服の支援があるなどで、可能な場合もあります。

でも、気持ちだけで、我が家は4万円しか生活費がないからとやりくりしようとしているのであれば無理があるように感じます。

月収が20万円で、毎月引かれるお金が16万円なんだから、生活費は4万円しかないとお考えなのかもしれませんが、
手当などを加算して考えると、月4万円で生活すると年間で82万円近い貯金ができることになります。

年間82万円の貯金をするために4万円で生活するということなのか、4万円しか生活費はないと思いこまれているだけなのかについて今一度ふりかえってみて下さいね。

私だったら、月8万円の生活費は確保して、貯金は年間30万円くらいでもいいかな、、と考えると思います。

もちろんこれは質問者様の考え方次第なので、最終的に判断をするのは質問者様です。

私もお金のプロとしてお答えすることはできませんので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

車のローンが2年で終わられるという事ですので、2年後からは少し楽になりそうですね^^

家計簿の記入は、もちろん現状でもしていただけます。

ただし、効果を実感できるかどうか保証することはできません。

あきの家計簿でも効果を実感できない方はいらっしゃいます。

・収入が前年と比べ著しく減ってしまった方
・借金などがあり、生活費がほとんど残らないという方

このような方は、あきの家計簿だから効果が実感できないのではなく、どの家計簿を使ったとしても効果は実感できないと考えます。

なぜなら、家計簿のやりくりの問題ではなく、借金を減らしたり住まいを変えたり、収入を増す方法がないか検討したり、プロの方にご相談いただいて、まずは一定の生活費を確保するところから始めなくてはならないからです。

このような方は、家計簿以前の問題であると私は考えます。

これに該当する場合は、家計簿だけでなんとかしようとせず、プロの方や行政の方に相談をされた方がいいと思います^^。

ご苦労もあり、大変な状況かもしれませんが、できることに集中して、少しずつ好転していくといいですね^^

ご主人さま、どうぞお大事になさってください。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ