2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

あきの小遣いの内訳は?妻の小遣いは何にどれくらいが理想?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


ブログを最初から 読み直して どこかに あきさんは 月3000円でご自分の買い物をしている
と書いてあったと思います。

我が家の家計は 夫の給与は 少なくないのに 貯金がほとんどできていません。

あきさんの 手順通りに 収入から支出まで 1年分計算してみました。

夫は ほとんど お金を使いません。

1ヶ月の 必要な生活費や 固定費を 引いても 計算上は10万以上あるようになります。

それが 何に消えたか?と 考えると やはり私の使うお金なのか?と思ってしまいます。

あきさんの お考えのように高価な物は 買っていないつもりでも
100円だから 少額だからと 積み重なっていると思います。

あきさんの3000円と いうのは どの辺りまでをその中で まかなっているのでしょうか?

洋服 化粧品 ヘアケア製品 綿棒 コットン 生理用品 サプリ たまにあるママ友ランチ たまにある飲み会 雑誌 本
など 私だけが 使うものです。

世間の専業主婦の方 色々とは思いますが どのくらい 自分に使って良いのか 参考に教えて欲しいです。
こんな 細かな事を お聞きするのは 恥ずかしく 申し訳ないのですが どんぶり勘定を改めるために もしよろしければ教えて下さい。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「あきの小遣いのうちわけ&妻の小遣い」についてですね。



えーと、ブログのどこの過去記事に3000円と書いたのか、すでに忘れてしまったのですが(笑)、家計簿で管理しているあきの小遣いは現在月4000円程度を限度にしています。

私がこの小遣いの中で支払うものは、「たまにあるママ友飲み会」「化粧品」くらいです。

「ママ友ランチ」は「娯楽費」まかなっていますし、
「ヘアケア製品 綿棒 コットン 生理用品」は「日用品」でまかなっています。

「洋服」は「特別費」
「雑誌、本」は「娯楽費」

でまかないます。

たまに「日用品」の予算がちょっと余った時などは、
こっそり自分の化粧品代にあてたりもしているので(笑)
必ずしも月4000円ぴったりではない時もあります。
(おしゃれじゃないから、大した化粧もしないんですけどね・・^^;)


全然使わない月もあるので、もらわない時もたまにあります。

「つけても貯まらない家計簿」になる原因の一つに「小遣い」の存在もあげられます。

「小遣い」は多すぎてはいけません。

家計のご相談をお引き受けした際にも、夫婦で月5万円ずつ小遣いをもらっているというようなケースがよく見受けられました。

仕事上、夫婦で5万円ずつの小遣いがどうしても必要な金額なら仕方がありませんが、

この5万円に「洋服代」などあまりにも自分のための費用が多すぎる場合は、要注意です。


この5万円の小遣いだけで「自分のための費用」が完結しているならまだいいのですが、その他に「衣服費」「交際費」「カード払い」など別に費目をつくっていて、そちらでも「自分のための費用」をさらに使っているというような方もいます。

つまり、「自分のための費用」が際限なく垂れ流されている状態。

でも、自分では「衣服費」「交際費」「カード払い」など費目をきちんと作って予算をとっているので、「垂れ流している」というような意識はなく、むしろちゃんと「私は家計簿をつけている」と思っていたりします。

家計が苦しいという場合でも、「小遣い」だけは削れません!という方もいます。

私は、「小遣い」は月にいくらという定額が一番望ましいと思っています。

そして、その定額は、「仕事上どうしても必要な金額」だけの方が管理しやすいと考えます。

「レジャー」「衣服」などは「娯楽費」「特別費」をつかって一括管理の方が「無駄遣い」が格段に減るからです。

「サプリ」「高級化粧品」など個人的な大きな買い物が毎月ある場合は、その分小遣いを上乗せしてもかまいません。

また、少しは自分で家計簿に管理されない自由なお金を持ちたいという事なら、月5万円などの定額で小遣いがあってもかまいません。

だけど、その他に「衣服費」とか「カード払い」でさらに自分のものを買うのはやめましょう。

つまり、「小遣い」に「自分のための費用」がたっぷりあるなら、なるべくそれだけで済ませるようにするということですね^^。

もちろん「自分のための費用」の費用が「月5000円」しかないのに、「小遣いの範囲で洋服も美容室も全部やりくりしなさい!」ではかわいそうなので、そこはバランスを考えてくださいね^^。

世間の主婦がいくらの小遣いをもらっているか?ということは、ご家庭によりまちまちなのでお答えできませんが、私は「娯楽費」「特別費」で「自分のものの費用」を確保できれば、妻は仕事上で必要な食事代とほんのちょっとの余裕金くらいで充分なのではないかな?と考えます。

現状、収入はあるのに貯金が出来ていないということですが、そのような家計の方は「劇的に変わりやすい家計」の方といえます。

ちょっと工夫するだけで、たちまち変わっていく可能性が高いので、これからが楽しみです!

最後になりましたが、
今回の質問文からは割愛させていただきましたが、
いただいたメールの中に、「忙しいのに質問してすみません」というお言葉がありました。

いえいえ、とんでもないです。

私こそお返事が遅くなってしまうことがあり、大変申し訳ないと思っています。

お返事は遅くなったり、早かったり、まちまちですが、
それでも質問していただけるのはとてもありがたいと思っています~。

すみません!は、私の方で、質問者様はそんな風に感じていただかなくて大丈夫です^^!

ずさんなスピード管理をしている私で良ければ、今後とも、どうぞ遠慮なくご質問くださいね^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ