2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

現金をとりわけなくても効果を発揮するカード払いの対応方法

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


「つけるだけで貯まる家計簿にするカード払いの対応方法」の質問をした者です。

“カード払いの金額にはマーカーで印をつけてわかるようにはしているのですが、書く欄が広くないので、同じ費目で現金払いがあると2行になってしまいます。”

うまく文章にできなくて、申し訳ないです。

例えば、1日に現金1000円、カード払いで2000円、娯楽費を支払ったとします。
1日の一行分に娯楽費欄に1000円と2000円の両方の金額を書きます。
行間が狭いので、これだと文字が小さくなって見づらい、という意味です。
伝わりますでしょうか?

カード払いの金額はメモなので、毎月の家計簿の計算には含めていません。
年間の家計簿で管理するようにしています。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「カード払いの対応(昨日の続き)」についてですね。



先日、ご質問いただいた方から補足説明をいただきました。

↓先日のご質問はこちらです。
・つけるだけで貯まる家計簿にするカード払いの対応方法


”カード払いの金額にはマーカーで印をつけてわかるようにはしているのですが、書く欄が広くないので、同じ費目で現金払いがあると2行になってしまいます。”

ということへの理解が足りておらず、すみませんでした。

”例えば、1日に現金1000円、カード払いで2000円、娯楽費を支払ったとします。
1日の一行分に娯楽費欄に1000円と2000円の両方の金額を書きます。
カード払いの金額はメモなので、毎月の家計簿の計算には含めていません。”

ということですので、

カード払いを「娯楽費」や「特別費」欄に「メモ」として記入しているということですね^^

この方法でしたら、「つけるだけで貯まる家計簿」の効果を発揮すると思います!

1.メモとして「娯楽費」「特別費」にカード払いを記入
2.現金は取り分けないので、残高や支出計には影響させない
3.月末の集計時には、メモの部分だけを合計して「カード払い 5000円」などと「娯楽費」の合計欄のそばにメモする
4.「娯楽費」の月の予算が「3万円」なら「現金での娯楽費は25000円以内」にし、「カードのメモの娯楽費は5000円以内」する
5.ただし、「娯楽費」の支出計にはメモの金額は含めない


このようにして、「娯楽費」「特別費」の一部としてメモしていくと「つけるだけで貯まる家計簿」の効果が見込めます。

多分、購入日と支払日の都合で、たとえば1月のカード払いが5000円で、2月のカード払いが10000円だったとしても、3月の請求は5000+2月の支払いの一部で7000円だったりすると思います。

でも、今までしてきたカード払いのメモはあくまでメモですので、年間の家計簿に3月のカード払いは7000円と記入すればOKです。

1月が5000円で、2月が10000円使ったということが、ただのメモであることを忘れてしまうと、訳が分からなくなると思いますので、注意してやってみてくださいね^^

この方法であれば、使いすぎを防止する効果があるので、「つけるだけで貯まる家計簿」にすることが可能になりますが、混乱しないように注意しながら進めなくてはいけないというリスクもあります。

混乱しないのであれば、この方法でも大丈夫です^^

最後に、1日に2行になってしまうと見にくくなってしまうということですが、その場合は、

例えば、

1日に現金払い2000円 カード払い2000円と二つの買い物をした時でも、

1日現金払い2000円
2日カード払い2000円

というように、日付をずらして空いている欄を使ってください。

日付がずれてしまうのが心配かも知れませんが、日付はそれほど大きな意味を持ちませんので、ずれても大丈夫です。

また、ただのメモですので、残高などにも影響はありませんから、空いているところに記入していけばOKです。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ