2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

予期せぬ支出は特別費。でも、特別費が多すぎる気がする場合は?!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

あきさん、こんにちは。
毎日、楽しく拝見させていただいてます。

あきさんの家計簿のやり方にしてからは、なんだかお金を使うことに罪悪感がなくなり、また主人からも楽しみがあって、いいねといってもらえるようになりました。

ただ、まだ家計簿のやり方が本当にあっているのか不安になり、連絡させてただくことにしました。

あきさんが何度も言っているように、家計簿の分け方が重要だということも頭ではわかっています。

うちでは…
食費
日用品
ガソリン(田舎なので、車が必需品なので)
医療費(主人が毎月必ずかかる)
主人と私のお小遣い(お互いの服はここから)
娯楽費(外食や子どもたちの服)
特別費(主人の職場で必要なもの、オムツ、冠婚葬祭)
にしています。

また固定資産税や自動車税などはボーナス時にとっておいて、支払いの時期になったら、支払っています。
このやり方であっていますか?

また、洗剤や化粧品は毎月買うものではなく、他の日用品に比べると高価なものなので、特別費に入れています。
それらを買った月だけは特別費が値上がってしまうのは仕方がないと思っていましたが、その考え方は正しいですか?

化粧品や洗剤(エコなもので、数千円しますが、3ヶ月くらいもつので、日用品に入れてません)とかは特別費ではなく、娯楽費にした方がいいですか?

特別費は月によって、支払う額が異なるため(化粧品、浄水のカートリッチ、冠婚葬祭、オムツ、主人の職場の飲み会、お互いの両親のプレゼント、クリスマスプレゼントなどのイベント費用)、毎月の予算が組めず、月によってまちまちです。
そのため、予算を守るのは、食費、日用品、医療費、ガソリン、各々のお小遣いなってしまいます。
それで大丈夫ですか?

特別費に組み込んでいるものが多すぎる気がしています。

特別費がかさんでしまったときには、お給料が多かった月に余ったお金をまわしています。
なので、あきさんのように赤字の月もあれば、余る月もあります。

ちなみに税金類やは特別費にいれずにボーナス時にまとめてとっておいています。

長文、そして乱文になってしまいましたが、お時間があるときにでも、ご指導いただけると幸いです。




**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「費目分けと娯楽費、特別費の分け方」についてですね。



1つずつご質問に答えさせていただきますね^^

まず、費目について。

食費
日用品
ガソリン(田舎なので、車が必需品なので)
医療費(主人が毎月必ずかかる)
主人と私のお小遣い(お互いの服はここから)
娯楽費(外食や子どもたちの服)
特別費(主人の職場で必要なもの、オムツ、冠婚葬祭)

こちらの費目分けでOKです。
ちょっと気になるのは、ご夫婦のお小遣いですが、あまりに多すぎない程度であればOKです。

次に、固定資産税や自動車税などはボーナス時にとっておいて、支払いの時期になったら、支払っているという点もOKです。

洗剤や化粧品を特別費に入れているというのもOKです。
(ただし、洗剤は可能ならば日用品にいれてもかまいません。洗剤を日用品にいれると予算が組みにくいということなら特別費でOKです)

”それらを買った月だけは特別費が値上がってしまうのは仕方がないと思っていましたが、その考え方は正しいですか?”

ということですが、そうですね、 それは正しいと考えます。

”特別費は月によって、支払う額が異なるため(化粧品、浄水のカートリッチ、冠婚葬祭、オムツ、主人の職場の飲み会、お互いの両親のプレゼント、クリスマスプレゼントなどのイベント費用)、毎月の予算が組めず、月によってまちまちです。
そのため、予算を守るのは、食費、日用品、医療費、ガソリン、各々のお小遣いなってしまいます。
それで大丈夫ですか?”

ということですが、特別費の予算を立てる方法は、当ブログの書籍にて紹介させていただきました。

事情があり、特別費の予算を立てる方法については、書籍の発売まで回答を控えさせていただいております。

図書館で借りていただくだけでもかまいませんので、一度当ブログの書籍の特別費の予算の立て方についてご覧いただければ幸いです。

↓当ブログの書籍はこちらです。
1日1行! 2年で350万貯めた あきのズボラ家計簿

こちらの方法で予算を立てていただければ、特別費の予算も守れるようになると思います^^

”特別費に組み込んでいるものが多すぎる気がしています。”

とうことですが、質問者様の支出の分け方で私が気になるのは
「オムツ」と「ご主人の飲み会費」が「特別費」に入っている点です。

「オムツ」は「日用品」
「ご主人の飲み会費」は「ご主人の小遣い」

に計上して良いかと思います。

ご主人のお仕事の理由などで、小遣いだけでは対応できない場合には、特別費にいれていただいてもかまいませんが、基本は「ご主人の飲み会は小遣い」からと私は考えています。

もしかしたら、オムツもまとめ買いをしているから特別費などにいれているのかもしれませんが、できればまとめ買いはやめることをあきの家計簿では推奨しています。

もし、どうしてもまとめて買いたいという場合でも、1ヵ月分にとどめ、日用品に計上した方が効果的だと思います。

最後になりましたが、あきの家計簿をご利用いただきありがとうございます^^
ご主人からも好評ということで、よかったです~^^

私は、ブログで「あきの家計簿を使うと夫婦仲が改善します」とは一度も言ったことがないのですが(笑)、不思議と「夫婦仲が良くなった」という声もよくいただきます。

やっぱり「お金を使わないように、なんでも安くすませなくては!」という「ケチケチ節約術」は、「楽しいのは自分だけ」なのかなと思います。
しめるところはしめるけど、使うところにはしっかりお金を使う節約術だと、家族も喜んでくれるし、自分も楽しい。^^

お金を貯めるだけを目標にしてしまうと、なんだか味気ないなーと私は思ってしまいます。

貯金をするために、自分を小さくすり減らすのではなく、

ある程度の娯楽はしっかり確保して、今の人生を楽しみながら貯金はほどほど、
全力疾走ではなく軽いジョギングを長ーく続けていく。

それくらいの心の余裕がある節約術を私はオススメしています^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

※ご指定のメールアドレスにメールをさせていただきましたが、アドレスに誤りがあるようで、跳ね返ってきています。
大変申し訳ありませんが、こちらの回答で失礼いたします。

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ