2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

徹底的に食費を見直したいなら、支出は二つに分ける!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

私は手帳に、買った物を付けるだけ家計簿を10年以上やってますが、
全く貯金が出来ていませんでしたのであきさんの付け方をみて大反省しています。

我が家は、一週間分の買い物を一度にします。

毎日2人分お弁当を作るのですが、弁当のおかず等は食費に含まれるのか余計な物のに書いた方がいいのか。
と、お菓子類・カップ麺・ジュースなども余計な物に書けばいいのですか。

4人家族で一週間分15000円使います。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「食費の切り分け」についてですね。



結論からお伝えすると、

”毎日2人分お弁当を作るのですが、弁当のおかず等は食費に含まれるのか余計な物のに書いた方がいいのか。”
”お菓子類・カップ麺・ジュースなども余計な物に書けばいいのですか。”

ということですが、これらは全て「食費」でOKです。

少なくともお弁当のおかずは確実に「食費」です。

お菓子、カップ麺、ジュースについては、厳密にいえば「娯楽費」に書くと、より無駄遣いを浮き上がらせることが可能になります。

ですが、おそらく買い物に行った時に「ついでにかごの中に入れている」ものだと思いますので、レシートも他の食品と一緒になっているのではないでしょうか。

そうなると、レシートの中から「お菓子・カップ麺・ジュース」はどれかな?と探して合算しなくてはいけませんし、消費税がどうのと計算も面倒になります。

私はこういう面倒な作業は大嫌いなので(笑)、あえて切り分けることなくそのまま「食費」としてつけています。

質問者様が、もしも徹底的に食費の無駄遣いを管理したいという熱意をお持ちでしたら、「娯楽費」としてつけてもOKですが、そうでなければ「食費」で充分かと思います。

最後になりましたが、私も質問者様と同じように長年家計簿をつけてきましたが、お金は満足に貯められませんでした。

今になって昔の家計簿を見直すと、今とは収入も家族構成も全く違っていますが、この年も年間50万円は貯金できたはずなのに・・と思います。

当ブログは、家計簿を何年もつけてきたという方からのお声もたくさんいただいています。

少しでもお役に立てたら嬉しいです^^

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

↑このページのトップヘ