2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

電気代を安くする方法。2年で350万円貯めた主婦が実践した節約術(一覧)

毎月の電気代が高すぎる!という方のために、わが家が実践している電気料金の節約法についてまとめます。

マニアックな節電法ではありませんが、普通のことを普通にやるだけで、電気代は案外安く済むものです。

電気料金は、子供が大きくなるにつれて、おそらく100%に近い確率でどんどん上がります。

他にも電気料金が安い方はたくさんいると思いますが、

・子供が何人いるか?
・子供がまだ小さいのではないか?
・夫婦共働きで家にいる時間が短いだけではないか?
・部屋が極端に狭いだけではないか?

という点に気をつけてみてください。

このような点に合致している方の電気料金が安いのは、「当たり前」です。
ただ、条件を満たしているだけにすぎません。

わが家は、5人家族で、子供は小学生以下が3人います。

部屋は約70平米の3LDK。標準的な広さだと思います。

賃貸ではなく、持ち家のマンションです。

子供たちがまだ小さいので、行ったと思えば帰ってくるような生活。
比較的家で過ごすことが多いため、夏や冬はほぼ1日中エアコンはつけっぱなしです。

わが家もまだ電気料金は上がり切ってはいないと考えています。

おそらく、子供たちがもう少し大きくなり、自分の部屋で過ごす時間が増えると、もっと電気料金は上がってくるでしょう。

そのようなつもりで見てください。



* わが家の電気料金の推移表 *

2016年3月  6462円( 1月分)
2016年4月  7512円( 2月分)
2016年5月  6089円( 3月分)
2016年6月  5929円( 4月分)
2016年7月  4675円( 5月分)
2016年8月  3838円( 6月分)
2016年9月  4512円( 7月分)
2016年10月 6885円( 8月分)
2016年11月 6244円( 9月分)
2016年12月 6129円(10月分)
2017年1月  3487円(11月分)
2017年2月  4695円(12月分)

電気料金をクレジットカード払いにしているため、請求月と、利用月に2ヶ月の差があります。

毎年7、8、9、10月は冷房がほぼ1日中つけっぱなしなので高め。
毎年12、1、2、3月は暖房がほぼ1日中つけっぱなしなので高め。

比較的電気料金が落ち着いているのは、4,5,6,11月くらいです。

子供が3人になり、これでも以前と比べて大分電気料金があがりました。

夫婦二人共働き、2LDKの賃貸マンションに住んでいた頃は、月1800円とかでした。



* わが家が節電のためにやっていること *

以前↓こちらの記事でも紹介したのですが、
・2年で350万円貯めた!ズボラ主婦が節約のために「やっている」「やめた」87のこと

電気代に関して、私がやっていることは以下の通りです。

・電気の契約は20A
・電気はこまめに消す
・コンセントは最低限以外はいつも抜いておく
・冷蔵庫はいつもスカスカ、やや弱めに設定する
・エアコンは常に最弱に設定する
・使わない部屋の電球は二個つけるところがあっても電球自体を1個しかつけない
・照明は切れたものから順にLEDに変更中
・必要以上の電化製品は持たない
・3LDKのマンションでもエアコンは1台、テレビも1台しかない
・防音マットをフローリングに敷き詰めて床冷え防止

わが家の電気の契約は20Aです。
↓こちらの記事で、わが家が20Aにした経緯を書いています。
・電気・ガス・水道、光熱費の節約は視点を変えると上手くいく

その他についても補足しますね。

・電気はこまめに消す

これは、節約の王道ですが、わが家もやっています。
特に子供がトイレの電気を消し忘れたり、自分の部屋の電気を消し忘れたりするので、そんな消し忘れもチェック。

・コンセントは最低限以外はいつも抜いておく

わが家のコンセントは
エアコン、テレビ、ビデオ、冷蔵庫、炊飯器、ウォシュレットくらいしか、つけっぱなしのコンセントはありません。

それ以外は使う時だけ。

・冷蔵庫はいつもスカスカ、やや弱めに設定する

冷蔵庫は、冷凍庫も冷蔵庫も全体的にかなりスッカスカです。

・エアコンは常に最弱に設定する

2LDKの賃貸マンションに住んでいた頃のエアコンを使っているので、畳数に対して小さめのエアコンです。
それを冷房だったら最弱にして、ほぼ1日中つけっぱなし。
暖房は最弱だとちょっと寒いので、自動にして、ほぼ1日中つけっぱなし。


・使わない部屋の電球は二個つけるところがあっても電球自体を1個しかつけない

切れた電球をそのまま切れたままにしていたりしています。
ソケットにはまっているだけでも電気代ってかかるのかな?その辺は詳しくないのですが。


・照明は切れたものから順にLEDに変更中

わが家のリビングのメイン照明を、電気屋さんで買ったLEDシーリングライトに変更したら、月1000円弱くらいは電気代が安くなりました。
リビングは一番つけっぱなしになる電気なので、それをLEDにしたのが大きいかも。

インテリアのお店じゃなくて、電気屋さんで購入しました。

デザイン重視の照明にしていたころもあったのですが、素敵なデザインも数年すると飽きっぽいわたしは飽きちゃって…。^^;
結局地味でシンプルなシーリングライトが一番飽きがこなくて気に入っています。

・必要以上の電化製品は持たない

わが家にない電化製品。ポット、トースター。笑

昔はありましたが、壊れて捨ててからは買っていません。

・3LDKのマンションでもエアコンは1台、テレビも1台しかない

これも大きいと思います。

リビングにしかエアコンもテレビもありません。

エアコンさえない部屋が3部屋あります。

家具が1つも置いていない部屋が1部屋(リビングの隣の部屋)。
家具がほとんどない部屋も1部屋。

5人家族でも2LDKで暮らせるような気もするんですが(笑)

こんなこというとミニマリストみたいですが、自分がミニマリストだと思ったことはないです~^^;。
片付け嫌いだし。

でも、ミニマリストの方が、服は何枚しかありません!っていうのを見ると、うちもっと少ないけど・・って思ったりすることはあります。^^;
大人2人、子供3人分だから全体として服の量はかさみますけどね。

ちょっと話がずれますが、わが家には食器棚もありません。
食器は、もともとキッチンに備え付けられている上棚2列でほとんど収納できています。
食器も5人家族にしては、少ない方かもしれません。

おそらく子供がもう少し大きくなって、リビング学習ではなく、自分の部屋で勉強する!と言い出したらエアコンもつけると思うので、そうなったら20A生活もおしまいにしないといけないし、電気代もぐんと上がると予測しています。

・防音マットをフローリングに敷き詰めて床冷え防止

特に冬場は重宝します!
でも、マットの下に入り込んだゴミが気になるので、そろそろいったん撤去も考え中です。笑




* わが家の電気料金の節約のポリシー *

頑張れば、もっと電気料金を節約することは可能かもしれません。

でも、私は、マニアックな節電方法に手を出すほど、節約に燃えているわけではありません。

自分ができることを、無理なくできる範囲で。

なぜなら、電気代を節約することはケチではなくエコだから。

自分が大変だと思わない範囲で実践するだけでも、随分効果があるものだと感じています。

マニアックな節約術を試す前に、まずは基本をしっかりやってみることをオススメします。

それでも電気料金が高い!という場合は、契約している会社の料金設定自体が高いのかもしれません。

わが家はマンションなので、個別契約ではなく、マンション一括契約となっており、多分?自分で安易に変更することはできません。

マンションが契約している会社の電気を使っているだけです~。

※読者様から、あきさんちの電気代が安いのには理由があるのですか?というご質問をいただきましたので、今回は形式を変えて、まとめ方式でお伝えさせていただきました。ご質問ありがとうございました。





トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ