2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【家計診断】我が家の家計の予算にアドバイスをください

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

現在家計診断はお休み中とのこと、承知した上で厚かましくお願いしています。
無理でしたらおっしゃってください。よろしくお願い致します。

○昨年度の年間収入…約402万円
主人給与…313万円
妻給与…45万円
児童手当…4.5万円(生まれたばかりなので3ヶ月分)
その他…40万円(出産、お宮参り祝い、フリマアプリなど)
この内、私の給与とその他の収入は来年度ゼロになる見込みです。

○銀行支出
家賃、共益費など…95万4千円
水道…約1万8千円
電気…約5万4千円
ガス…約4万2千円
通信費…約25万5千円
主人奨学金返済…約18万円
保険…約45万5千円(家族全員分合わせて月に24,500ほどと、子ども学費の積立代わりに加入した保険が年払いで約17万円)
先取り貯金…16万円(共働きの間のみしていましたので、来年度はなし)
カード払い…約11万4千円(NHKや出産費用含)

合計…223万円

○現金支出
食費…約26万円
日用品…14万円
夫小遣い…45万円(お昼代、月1万までのゴルフ代含)
娯楽費…約47万円(外食、衣服類、レジャー含)
特別費…約47万円
合計…約179万円

○貯金額…0円(正確には数千円程度でしたが…)

今年度の家計

○今年度の年間収入…約331万円
主人給与…313万円
児童手当…18万円(生まれたばかりなので3ヶ月分)


○銀行支出

4〜7月…家賃他79,500/月・・年31万8千円
8〜3月ローン返済…約78,000/月・・年62万4千円
管理費…約12,000/月・・年14万4千円
親ローン返済 5,000/月(7月12月のボーナス時は20,000円)・・年6万円+4万円=10万円
光熱費…平均12,000/月・・年14万4千円
通信費…プラン変更により約20,000/月・・24万円
主人奨学金返済…約15,000/月・・年18万円
保険…約24,500/月・・年29万4千円+約17万円年払い=46万4千円
NHK…約14,000/年

合計 221万4千円

○現金支出

食費…24,000/月・・年間28万8千円
日用品…10,000/月・・年間12万円
娯楽費(医療費含)…20,000/月・・年間24万円
主人小遣い…30,000/月(うち1万はお昼代)・・年間36万円
この他、ゴルフ月1万円×12=12万円
ペット費…約30,000/年
コンタクトレンズ…約15,000/年

合計 117万3千円

ここまでで合計 338万7千円

特別費の予算はまだできていないのですが、このままでは貯金どころか生活するのに精一杯かなと思います。
やはりキツキツで頑張るか、収入を増やすしかないでしょうか?

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。



家計診断は現在お休みさせていただいているのですが、
ここまで詳しく家計の状況についてお知らせいただければ、パッと見た感じでよければお答えさせていただきます。

結論からお伝えすると、
現在の状況では家計を回していくのは大変難しい状況だと思います。

キツキツの予算をやりくりして、なんとかトントンになればラッキーという気がします。

収入にたいして、支出が多く、自由になるお金が非常に少ない状況です。

タイプで言うと、こちらに近いと思います↓
・生活するのに精いっぱいで娯楽に回せる資金の余裕がないのはなぜ?

このタイプの方の家計に該当する方は、

1、支出そのものを減らす
2、収入を増やす

このどちらかが有効だと私は考えます。

1、支出そのものを減らすために、まず一番簡単なのは

生命保険、携帯電話の契約を見直すことです。

質問者様の場合は、
携帯電話代がプラン変更しても年間24万円とまだまだ高いと思います。
ちなみにわが家は主人、私、長女の3台で年間で15万円くらい(NTT docomo利用)ですから、年間で10万円くらいはまだ落とせるはずです。

それから保険料も高めです。
質問者様は年間で46万円を支払われていますが、わが家は約22万円ですので、わが家と比べて年間で24万円ほど高いです。

この2つだけでもわが家よりも年間で34万円ほど支払いが違いますから、この2つの支出について考えるだけでも、家計は随分ラクになるはずです。

ただ、保険料については学資保険ということで、貯蓄性のあるものなのかな?とも思いますから、これを貯蓄と考えれば、今は貯金は保険だけに任せるという考え方も否定はしません。

(生命保険や携帯電話などを具体的に安くする方法については、プロの方とご相談の上検討された方が良いと思います。)

特別費に使える予算が年間40万円、貯金が年間20万円、合計60万円ほどの家計改善ができれば、随分様子が変わってくると感じます。

奨学金の返済がいつ終わるのかなどについてもチェックしてみるといいかもしれません。

今は少しきつい状況ですが、質問者様がお仕事に復帰し、保育園代も含め手取りで年間90万円ほどの収入が確保できるようになると、今と同じ家計状況でもゆとりが随分出てくると思います。

少なくとも今は、車を買ってさらにローンを増やすなどの時期ではないと思いますから、これ以上支払いを増やさないように気をつけてみてくださいね。

プロではなく、ただの主婦のいうことですので、あくまで参考までに^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ