締め日と貯金計画の立て方について


日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

スポンサーリンク

*今回のご相談内容*

12月から5月で50万、6月から11月で50万の合計100万の貯金を目標としています。

そこで、24日締めで計算した場合、本日3月6日時点での使用可能額は、296,520円、
末締めで計算した場合、本日時点での使用可能額は203,931円となり、差が出ますが、これは仕方のないことですよね?

24日から末までの引き落としなどの差ということで、より後の203,931円使用可能と考えたほうがいいですよね?

これを間違えていたら、残り3ヶ月の間のやりくりが間違えてしまうと思いますので、確認したいです。

よろしくお願い致します。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「貯金計画」についてですね。

スポンサーリンク

ご質問の内容から、推測するに、おそらく貯金計画についてのご質問なのかな?と思います。

24日締めにして計算した時と、月末締めにして計算した時で、残高が変わってしまうので、貯金額に差がでる、これをどうとらえたらいいのか?という意味ではないかと推測いたします。

結論からお伝えすると、私は、とにかくいつも1ヶ月で区切っていれば大丈夫と考えます。

例えば毎月24日締めならずっと1年間24日締めにする。

毎月月末締めなら1年間月末締めにする。

1年間というより家計簿を続けていくなら、ずっと同じ締め日でやっていった方が分かりやすいと思います。

24日締めの時と、月末締めで残高が違うということですが、

12月24日で1年分を終了にするのか

12月31日で1年分を終了にするのか

という違いだけですので、

12月24日で1年分を終了にする場合は、12月24日の時点で年間100万円の貯金が出来ているか

12月31日で1年分を終了にする場合は、12月31日の時点で年間100万円の貯金が出来ているか

という視点で計画をたてていれば間違いありません。

差が出るのは引き落としがあるためで仕方のないことと考えてOKです^^。

心配であれば、少な目の予算の方でやりくりしていれば、なお安心ですね!

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク