2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

妻の小遣い2万円は多い?少ない?封筒貯金の家計簿へのつけ方は?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


あきさん、質問させて下さい。

封筒貯金について

固定資産税と浄化槽清掃代に当てるため、毎月2万円現金で積み立てています。毎月特別費で支出として扱い、実際支払った際は家計簿には記入しないと書かれています。
私は家計簿に実際の金額を記入したいのですが、現金の積み立てを銀行口座として扱って年間家計簿の銀行の項目に加え、実際支払った時に年間の特別費に記入してその分を現金積み立ての口座から引く、というやり方はどうでしょうか?収支合わなくなるでしょうか?

ママ小遣いについて

パート収入が6万円あります。今までは2万円貯金した残りは自分の小遣いと家計の赤字補てんに使ってきました。あきさんのブログを読んで
やり方を改め、主人の収入と合わせ家計収入としそこからママ小遣い2万円をもらうやり方に替えようと思います。ただやっぱり2万円って贅沢でしょうか?内訳はサプリ8000円、美容院4000円、化粧品5000円
その他ランチ代本代など3000円です。無駄遣いを防ぐため、娯楽費や
特別費で処理した方が良いですか?またあきさんは自分の小遣いは4000円と書かれていましたが、家計簿ではどのように記入されていますか?

時間ある時に教えていただけると有り難いです。よろしくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計簿への書き方」についてですね。



まず、封筒貯金について。

結論からお伝えすると、最終的に計算が合っていれば、ご自分がやりやすい&わかりやすいようにアレンジしていただいてOKです^^

私は面倒なので、明細を書きませんが、どこかにメモとして書いてもいいし、計算が合うなら質問者様がいうようにアレンジしても大丈夫です。

私自身がやってみたことがない方法なので、計算があうかどうかは、やってみないとわからないところがあります。
(なんとなくの印象として計算があわなくなるような気もしています。でもなんとなくちょっとひっかかる、、という気がするだけなので、やってみないと分かりません)

毎月特別費の支出として記入し、使った金額は、別のページなどに一覧表にしてまとめるくらいの方が、ぴったり計算があい、簡単なように私は感じますが、様子を見ながらご自身のやってみたいようにやってみて大丈夫です。

基本は通帳の残高をしっかり追っていくことです。

そして、もしこれで計算を多少間違えたまま進行してしまったとしても、大きな問題はありません。

ずれてしまったらもう続けられないわけではないのです。

支出の傾向が大体わかるだけでも参考になると思います^^。

計算を絶対に合わせなくてはと思うと、きついですが、多少間違っていても大丈夫というくらいの気持ちで続けると気持ちもラクです。

1円単位でピッタリ合わせることがものすごく大事な事なのではなくて、基本は、お金の流れが分かれば大丈夫なのです。

ピッタリ合うと、気持ちいいですけどね。笑

次に、小遣いについて。

小遣いが月2万円で多いか少ないか?ということについては一概には言えません。
収入とのバランスで決めるのが一番いいと思います。

毎年貯金ゼロだけど、小遣い2万円は譲れないでは、家計は改善されないかもしれません。

毎年貯金はそこそこできているから安心というならば、小遣いが2万円でも問題はありません。

質問者様の小遣いの内訳をみると、仕事でつかっているわけではなく、ご自身のお楽しみの要素が強い印象ですので、使いすぎを防止したいと思う場合は、娯楽費、特別費をつかって家計簿にかいていくと効果的です。

私があまり多く小遣いをもらわないのは、使いすぎるからです^^;

もっていると使ってしまうタイプなので、なるべくもたないようにしています。

なので、最低限にして、あとは娯楽費、特別費にしています。

私が小遣いを家計簿に書くときは、以前は特別費にしていました。
(私の場合は、もらったりもらわなかったりなので)

でも、最近はそれすら面倒になり、あらかじめ収入から引いたりしています。

例えば、給料が25万円だったら、そこから4千円を引いて、24万6千円の収入で処理してしまうという方法です。

つまり、最近は自分の小遣いを家計簿に書いていないということです。笑

これをやると正確な収入が分からなくなってしまうので、オススメするわけではないのですが、こうすることで大きな問題はありません。

ちょっといい加減な感じですが、正確な収入を知ることが大事なのではなくて、収入として処理したお金の範囲内に支出を収めるようにすれば貯金はできるので。笑

例えば、お給料の全額を家計に入れてもらっているわけではなく、基本は月10万円の生活費しかもらっていないということなら、月10万円で収入を計算し、通帳残高も生活費用の通帳を用意して、その残高を追っていけば、月10万円の生活費のうち、いくらを貯金にできたかなどが分かります。

必ずしも、収入の金額を正確にかかなくてはいけないわけではないということですね。

わが家の場合は、もらっている金額が少ないので、これくらいならいいかな?と思ってやっていますが、金額が大きい場合は、やはり年間の家計簿や毎月の家計簿に記入したほうがいいと思いますよ~^^。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ