2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

コンサート、美容、女性の趣味費はどう管理する?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


昨年から「某家計簿」を参考に家計簿をつけ始め、今年になり書籍が発売されたのに合わせ「あきさんの家計簿」に変更しました。
私は独身なので自由になるお金は多いのですが、今までのような使い方ではダメだなと思い昨年から家計簿をつけ始めました。

費目は「食費・日用品・小遣い・娯楽費・美容費・特別費」で分けています。
美容費は作るか作らないかで悩みました。(使うのは美容院代と化粧品のみです)

コンサートチケット代は娯楽費で処理なのか、特別費で処理なのか悩むところです。

美容費の項目は必要か、コンサートチケット代はどの費目にいれるのがベストなのか。
お時間のある時に回答頂けましたら幸いです。

よろしくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「美容費とコンサートチケット代」についてですね。



結論からお伝えすると、美容費は特別費でもいいと思います。

コンサートチケット代も特別費でいいと思います。

独身でいらっしゃるということなので、ライフスタイルが少し違うとは思いますが、

毎月のように必ずかかってしまう支出か否かということで、娯楽費か特別費かを判断するといいと思います。

そして、特別費は、書籍で紹介させていただいた通り、特別費の予算表を作成し、そこに記入がない支出は娯楽費として考えると区別もつきやすいかと思います。

特別費にいれる支出は、年間で計画を立てる支出です。

ですから、美容院や化粧品の購入も毎月必ず買っていて定額にできるかどうか?で判断します。

毎月のように美容院に通われ、化粧品を購入されているのであれば、娯楽費でもいいと思います。

でも、かかる月もあればかからない月もあるということでしたら、特別費の方が管理しやすいと思います。

コンサートも年間で何回くらいいくのか、というのが判断基準になります。

毎月何回も行っているということでしたら、娯楽費でもいいですが、年に何回かでしたら特別費で良いと思います。

毎月必ずかかっているなら美容費という費目があってもいいですが、月によってばらけるなら美容費は作らない方が無駄遣いを防ぐことができると思いますよ^^

最後になりましたが、あきの家計簿をご利用いただきありがとうございます。

あきの家計簿が少しでもお役に立てたら嬉しいです!

※ご指定のアドレスに返信させていただきましたが、メールアドレスに誤りがあるようで跳ね返ってきております。大変申し訳ありませんが、こちらの回答で失礼させていただきます。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ