2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

積立のお金を使ってしまう場合はどうすればいい?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


あきさんこんにちは!
あきさんのケチケチしないでお金を貯めるという考え方にとても共感しており、家計簿の付け方参考にさせていただいています!

以前他の方からの質問*【封筒貯金】【積立】の活用法を考える!効果的なお金の使い道とは?*での回答で分からなかったことなのですが...

積立口座の残金が減っただけで何に使ったかは書かないということですか?

複数の支払いの積立をまとめてしているのでいつ何をいくら支払ったかわからなくなってしまいそうです。
銀行残金のところにひょっこり支出の項目をつけたらおかしなことになりますか?

回答よろしくお願いします!

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「積立を使う場合の家計簿のつけ方」についてですね。


積立については、先日扱い方を訂正させていただきました。

積立をしている場合の基本の家計簿の書き方については、↓こちらをご覧ください。
・【封筒貯金】【積立】の効果的な活用法は?!
・自動積立のデメリットは?家計簿にはどうつける?

積立は、通帳残高&総額には含めず、下の欄など空いているところに別で記入して管理したほうが分かりやすいと思います。

もしくは、積み立ては、年間の家計簿の支出欄には書かないようにして、下の口座残高で積み立ての金額を増やすと、計算が合うと思います。

どちらでもやりやすい方でいいですし、もしこれで計算が合わないようでしたら、合うように工夫していただいてOKです。

もしも、積み立てをおろして使う場合は、収入としてみなし、家計簿につけるといいと思います。
(これもやってみたことがないので予測で言っています。万が一計算が合わないなどあれば工夫してみて下さいね)

例えば、積み立てに30万円あり、10万円をおろして使う場合は、その他の収入の欄に10万円と記入して、何に使ったのかは毎月の家計簿の特別費などに記入するといいと思います。

積立を通帳残高に含めていないので、総額欄の下などにちょろっと積立の総額を書いて、通帳残高の総額と合算すれば、今のわが家の資産は計算できると思います。

できれば、積み立ては使わないように家計を計画するのが一番ですね^^

多少計算が合わないなどはあまり気にしないようにしましょう。

会社の財務などではありませんから、大体あっていればOKくらいの気持ちでやってみると気持ちもラクだと思います。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ