2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

急な出費(冠婚葬祭)や車検代・車両保険に備える家計になる!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


特別費の事で不明な点がありますので、問い合わせをさせて頂きました。

現在は給料天引き貯金と年2回のボーナス分を合わせ、年間100万円を目標に貯金しています。(昨年は目標クリア出来ました^^)
特別費に関してはボーナスから少し回し、急な出費(冠婚葬祭)や車検代・車両保険に対応出来る様にしています。

特別費の中で金額の少ない物は月々の給料で支払い、金額大きなものは一時プール金口座から引き出してきて支払っています。

プール金口座から出してきて支払った物に関しては、年間家計簿のプール金用口座の残高を減らすだけで、月間家計簿に記入する必要はないのでしょうか?
それとも、何にいくら使ったかくらいはメモっておいた方が良いのでしょうか?
お手すきの時で構いませんので回答頂けたら助かります。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費」についてですね。



”特別費に関してはボーナスから少し回し、急な出費(冠婚葬祭)や車検代・車両保険に対応出来る様にしています。
特別費の中で金額の少ない物は月々の給料で支払い、金額大きなものは一時プール金口座から引き出してきて支払っています。
プール金口座から出してきて支払った物に関しては、年間家計簿のプール金用口座の残高を減らすだけで、月間家計簿に記入する必要はないのでしょうか?”

ということですが、支出は、年間の家計簿または毎月の家計簿に支払いを記入しましょう。

例えば、毎月2万円ずつ現金で「封筒」などに積み立ていて、そのお金をすでに毎月の家計簿に支出として記入している場合は、実際お金を使う時は「封筒」からお金を取り出して使うわけですから、これは毎月の家計簿につかったことは記入しなくてもかまいません。
(2重で記入することになってしまうので、気になるなら空いている場所にメモを残す程度でOK)

しかし、ただプール金口座にお金を移しただけならば、まだ支出としては一度も記入していないので、年間の家計簿または毎月の家計簿の特別費欄に記入します。
多分、そうしないと計算が合わなくなると思います~^^

”現在は給料天引き貯金と年2回のボーナス分を合わせ、年間100万円を目標に貯金しています。(昨年は目標クリア出来ました^^)”

ということですが、素晴らしいですね!
きちんと計画を立てられているのですね。

ご家族が窮屈な思いをして年間100万円の貯金であれば、ちょっと大変そうだなと思いますが、
窮屈な思いをしないですんでいるのであれば、とても素敵です♪

年間100万円の貯金は、簡単なようでなかなか難しいものです。

独身の方や、お子さんがいらっしゃらない共働き世帯の方や、小さいお子さんが一人だけという世帯の方であれば
比較的達成しやすいのですが、
保育園に行かせたり、幼稚園に行かせたりが始まり、子供の数が増えたりすると、あちこちの支出が膨らみ始めますから、なかなか年間100万円というのは難しくなります。

ましてや大学生のお子さんが二人いらっしゃるような世帯の方は、とにかく大学在学中はなるべく貯金を切り崩さずに頑張るくらいしかできないという方もいます。

ですから、やはり年間100万円の貯金は、素晴らしいと思います^^
きちんと貯金計画が立てられていると、将来の見通しも立ちやすく、お金について安心できますよね^^



お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ