2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

貯蓄性のある保険は家計ではどう扱うべき?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


貯蓄系の保険について教えてください。

現在、個人年金 生命保険の積み立て保険 学資保険に入っています。
掛捨て保険は、最低限でほとんどが元割れしないものです。

家計簿では、どのように付ければよいですか?また、こちらは貯蓄分にカウントしてもいい項目ですか?

年収の何パーントを貯蓄額に回せばいいでしょうか?また上記の貯蓄系はこの中に含めていいのでしょうか?

お忙しいとは思いますが教えてください。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「保険の扱い」についてですね。



結論からお伝えすると、あきの家計簿では、保険の支払いは「支出」として「年間の家計簿」に記入します。

保険を貯蓄として計算していいかということですが、こちらは計算してもOKです。^^

ただし、別枠で計算してくださいね。

年間の家計簿の総額の下の欄を使うなどしてください。

総額  2000000円
貯蓄保険200000円
合計 2200000円

というように、さらに下に合計欄を設けると、計算も影響が出ないと思います。

”年収の何パーントを貯蓄額に回せばいいでしょうか?”
ということですが、私は、手取り収入の10%~20%くらいを目標にすると無理がないと感じています。

もちろん、無理なくこれ以上を目指せる方は目指してもかまいません。

”また上記の貯蓄系はこの中に含めていいのでしょうか?”

ということですが、もちろん、含めていただいてかまいません。

ただ、わが家の場合でお答えすると、貯蓄には含めていません。

何度かお答えしていますが、その理由は、現在の貯蓄額が生命保険の契約書をみないと分からず、それを毎年確認するのが面倒だからです(笑)。

それを手間と考えないのであれば、貯蓄として含めてもかまいません。

厳しめに考えたいということであれば、外してもOKです。

保険を貯蓄として含めるか含めないかで、全体の貯蓄額の計算は変わりますが、含めるか含めないかで貯められない家計になってしまうというような影響はありませんので、自由に選んでいただいてOKです~^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ