2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

想定外の支出!これは、上級者向けのテクニック?でも節約効果は絶大!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


こんにちは。

高校2年と中学1年の子供がいる4人家族です。

子供が大きくなるにつれて出費が増えてきたので、家計をはあくしようと.こちらのブログと本を活用させていただいています。

家計管理の意図もやり方も理解できるのですが、特別予算がうまく行きません。

必ずかかる予算は取り置き、突発的な出費を避けるようにしているのですが、暮らしているとどうしても想定外の出費が出てきてしまいます。

これに対応するにはどうしたら良いのでしょうか?

やはり別に2、30万の色の付いていない(使い道未定の)取り置き金を用意すべきでしょうか?

貯金としてるお金に手をつけないためには、その年の貯金額は減りますが、クッション用の一時金を分けた方が良いですよね。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「想定外の支出の対応法」についてですね。



想定外の支出は、なるべく出さない工夫をするのが一番ですよね。

でも、あれこれと想定しているつもりでも、想定外の支出が出てきてしまう・・という気持ちも分かります。

”やはり別に2、30万の色の付いていない(使い道未定の)取り置き金を用意すべきでしょうか?
貯金としてるお金に手をつけないためには、その年の貯金額は減りますが、クッション用の一時金を分けた方が良いですよね。”

ということですが、結論からお伝えすると、その通りです。

実は、このワンクッション法は、わが家でも実践しています。

でも、ある程度お金の管理がしっかりできる方向けの方法なのです。

家計簿が続くか続かないかというところで躓いている方には、正直あまりオススメできません。

ある意味上級者向けのテクニックといってもいいかもしれません。

このテクニックをあまり大きな声で言ってしまうと、初めて家計管理をされる方にとっては、少し難しいと感じてしまうのではないかな?と思って、今までもサラッとはお伝えしてきたのですが、はっきり紹介したことはありませんでした。

今回ご質問をいただきましたので、もう一度、今までより詳しくご紹介させていただきますね。

家計管理は、いかに急な支出を急な支出にしないか?というところに着目できるようになってくると、グンと成功率が上がってきます。

わが家でも、急な支出に対応するために、あらゆる防御線をはっています。


1つ目は、高額医療費への備え。


わが家は、医療保険に加入していません。
なぜかというと、医療保険に加入したからといって、健康が保障されるわけでなく、何かあった時のお金が多少保障されるだけにすぎないからです。
そして、医療保険は掛け捨てのものが多く、かけたお金と同じだけの元を取ろうと思うと、相当な回数の入退院を繰り返さなくてはならず、命さえも危ういような状況にならざるを得ないのではないか?と感じたからです。(保険を検討した当時の内容です。最近はまた違う保険があるのかもしれません。また、医療保険に入らない方がいいとオススメしているわけではありません)

わが家では、終身保険に加入しているので、どうしてもの時は、こちらを解約すれば多少のお金は戻ってくるという安心感もあります。

若くして発症するような遺伝に関連する病気が多い家系でもないので、ある意味、攻めの姿勢と言えます。

とは言っても、高額医療への備えが全くなければ、家族が入院や手術ということになれば、貯金を切り崩すことになります。

ということで、わが家では自前医療保険と称して、毎月3000円~10000円程度を封筒に積み立てています(収入が多かった月に多めにとっておいたりしています)。
家計簿上では、特別費に 医療積立 5000円 などのように記入しています。

毎月3000円~10000円の出費として計上し、貯まったお金は「家計の管理外のお金」にしています。

つまり、お金が貯まっていても、貯金とはみなさない、存在しないお金になっているということです。

もしも家族に何かあった場合は、貯金は切り崩さず、この積立から捻出する予定です。

医療保険は、ひとりひとり入らなくてはいけないので、
家族が多いわが家ですと、5人分の医療保険に入ろうと思うと相当な金額をかけ捨てることになります。

でも、毎月3000円~10000円ずつ貯めている自前医療保険であれば、毎月3000円~10000円で、家族の誰に何があっても対応できます。

しかも、全額掛け捨てではないので、このまま何事もなければ、最終的には貯金に転じます。

まだたくさんお金が貯まっている状況ではないので、今すぐ何かあれば保険に入っていた方が得なのですが、あと数年で少なくとも数十万円は備えられるので、高額医療制度から足が出てしまった分くらいなら、保険に入っていなくても貯金を切り崩すことなく多少は対応できると思います。

この自前医療保険については、サラッと書籍で紹介しています。


2つ目は、急に壊れる家電や、将来の旅行への備え。


こちらも書籍でサラッと紹介させていただいていますが、わが家では、旅行代や家電のための費用を毎月定額積み立てています。

こちらも特別費で 旅行積立 5000円 家電積立5000円 のように記載しています。

わが家は2015年後半から2016年末にかけて、家電がとにかく壊れまくり、洗濯機、炊飯器、掃除機、アイロンが壊れました。
それから、自転車も半壊しました。

いずれも6年~12年ほど買い替えずに頑張ってきたベテラン選手たちでした。

でも、壊れたものは買い替えなければなりません。

そこで役に立ったのが家電積立金でした。

これも毎月5000円ずつ積み立ててきて、ある程度の金額が貯まっていましたので、貯金を切り崩すことなく、全て買い替えることができました。

掃除機だけは、ちょっと積み立てが間に合わず、数ヶ月は「掃除機なし」で、クイックルワイパーのみで頑張ったりもしたのですが。笑

わが家では、数年以内に壊れそうな怪しい家電が電子レンジ、冷蔵庫、エアコンとまだまだありますが、毎月5000円ずつ積み立てているので(ボーナス時は積立額が10000円になることもあります)、こちらもなんとか積み立てが貯まったタイミングで買い換えたいと思っています。

また、旅行代も積み立てていますが、これは、数年後にまた海外旅行に行きたいなーと思っているので、それに向けて貯めているお金です(実家帰省や、年末旅行など、毎年定番で行っている旅行代とは別です)。

でも、もしも急にエアコンが壊れた!高額医療費が積立金額よりも大幅に必要になった!というような緊急時には、旅行代をエアコン代や医療費にあてるのもOKというように、臨機応変に対応するつもりでいます。

こんな感じで、わが家では月に1万5千円~3万円程度を急な出費に向けたワンクッションとして積み立てています。

質問者様がおっしゃるように、別口座にあらかじめ取り分けておくのもいいと思います。

年間の貯金額は確かにちょっと減ってしまいますが、安心感がまるで違うと思いますよ~^^

ただし、これは、初心者の方がやろうと思うと、ハードルが高いと感じてしまうと思いますので、出来る方が取り組んでみるといいかな?という程度のことで、無理をしてやる必要はありません。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ









トラックバック

↑このページのトップヘ