2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

厳しく家計管理をしたいなら娯楽費、ゆったりなら特別費がキモ。

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


あきさん、初めまして。

私も今まで家計簿をつけていたものの、正確にお金の流れが把握できず、むしろ、複雑なつけ方をしていたために、家計のお金の管理に四苦八苦していました。

先月、こちらのブログを見つけ、家計簿をあきさんのやり方でつけ始めたところ、一つ一つは大きくない支出でも、我が家はちょこちょことお楽しみのための浪費が多く、それがちりも積もって山となり、家計を圧迫していたことが分かり始めました。

このことがわかっただけでも私としては大きな進歩です。

まだ、家計簿初心者で家計簿の付け方に迷うことがあります。
それは、特別費と娯楽費の区別についてです。

あきさんの書籍も参考にさせていただいておりますが、

例えば、洋服代をとってみると、
まとめ買いなどして、1万円以上の大きな支出となった
場合は特別費、数千円のもので1着だけ・・・というときは
娯楽費で賄うとありました。

自身の洋服などは年間の支出予定の計画を特別費として
ある程度予測し、計画を立てやすいのですが、
昨年、我が家は初めての娘が産まれ、今年は育児用品など
娘に関する費用が多くかかりそうです。

必要になった時、必要なだけ購入するようにしているのですが、
突発的な支出になってしまうことも多く、
例えば、肌着、洋服等を同じ月に数回買い、同じ月として見た場合、個々の支出は1回数千円でも、合算すると7、8千円~1万円くらいになることもあり、これは娯楽費にすべきか特別費にすべきか迷うことがあります。

戒めの意味で厳しめに家計簿につけるならば、1万円を超えない場合は娯楽費として区切るのもいいかと思いますが、
そうしますと、1か月分の娯楽費が足りなくなり、娯楽費の予算を上げることにつながりそうで、さらに、育児用品も毎月同じだけかかるものでもないので、必要最低限の娯楽費の予算が分かりづらくなりそうです。
娯楽費と特別費の上手な管理方法はありますでしょうか?

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「娯楽費&特別費の管理方法」についてですね。



娯楽費、特別費は比較的管理の難しい費目です。

あきの家計簿に初めて取り組む時は、まずは食費、日用品を予算内に収めることから始めてみてくださいね。

続いて娯楽費。

最後に特別費という順で制覇していくと、比較的スムーズに家計の全体を把握することができるようになると思います。

質問者様は、この娯楽費、特別費の管理方法に悩まれているのですね。

結論からお伝えすると、お子さんの洋服など、ちょこちょこ買われるようでしたら、娯楽費でやっていかれるのがいいかな?と感じます。

毎月かかるものではないということですが、第1子のお子さんであれば、成長に合わせて、保育園の着替えが複数枚必要になった、小学校に着ていく服がサイズアウトした、運動会シーズンで靴がダメになった、習い事でジャージが必要になった・・など、これからもどんどんお子さんの費用がかかるようになると思います。

第2子以降になると、おさがりがあったり、ママ友の付き合いも広がり、ママ友からおさがりをもらったりする機会も増え、かかる費用は第1子よりは少なくなりますが、私の経験上、第1子というのは、おさがりがありませんし、初めてのことで何かと物入りになることが多いです。

生まれた時だけでなく、これからもずっとかかっていくということですね^^

子供が習い事を始めるような年齢になると、ベビーカーなど赤ちゃんにかかる費用って大変だ!と思っていたけど、小さいうちはお金がかからない方だったなあ~と思う時が来ると思います^^

ほんと、大きくなればなるほど、手はかからなくなるけど、お金がかかるようになるのが子供です。笑

例えば、娯楽費を月2万円にしていて、お子さんのものが8000円かかっていたとします。

その次の月は、お子さんのものは購入せず、8000円はまるまる浮いたとします。

その時は、この浮いた8千円を封筒などに保管し、2ヵ月分が貯まって16000円になったら、お子さんを連れて近場のレジャーなどに出かける費用などにするというのもいいと思います。
まだレジャーなどが楽しめない月齢ならば、浮いた8000円は家計簿には積立8000円と記入し使ったことにして、家計の管理外の通帳などに移して存在しないお金にしてしまえば貯金にすることもできますね。

おそらく、お子さんが大きくなるにつれて、この浮くはずの8000円は、習い事の送迎で使った駐車場代、家族でちょっと公園に出かけた時に買ったおやつ代、ママ友のランチ会、第2子の誕生などでするするっと消えてしまうことが多くなるとは思いますが、するするっと消えないうちに、レジャーを楽しむ費用にしていかれると、満足度が高い家計になると思います。

お子さんのものを8000円買った月は、外食やレジャーを少しお休みするというように緩急をつけて、少な目の娯楽費でやりくりしていくというのが、一番厳しめで、質問者様がおっしゃるように「戒め」にもなる娯楽費の使い方になりますね。

わが家ではこの厳しめのやり方で、月23000円の娯楽費で、子供3人分の洋服、靴、外食、大人の靴下や下着、ママ友ランチ、ちょっとした医療費、ちょっとしたお出かけなどの費用をまかなっています。

子どものものって、親としては買ってあげたいと思ってしまうものなので、私の場合は、自分のものよりもついついお財布のひもが緩んでしまうんです。

なので、わが家では緩くしすぎないようにという自戒の念を込めて、「子どものものは娯楽費」でなるべくまかなうようにしています。

先日、小学校5年生になる長女に、4年生の総復習ドリルのような問題集(800円くらい)を買ったのですが、それも娯楽費でまかないました。

予算が数千円余った時は、封筒に分けておいて、あとから子供の服を買う時の足しにしたりしています。

多分、これからもお子さんの費用はずっと必要になると思いますので、娯楽費で賄うクセをつけていくと、ついつい使いすぎるのを防止できます。

もし、そこまで厳しくしたくないということであれば、お子さんの洋服なども特別費であらかじめ予算を組んでしまってもいいと思います。

何をどれくらい買うか分からないのであれば、特別費として月5000円など定額を封筒に積み立てて、必要な時は封筒から出して使う(家計簿にはつけない)という方法でもOK。


子供に関連する費用は、「子ども費」「〇〇ちゃん費」などの費目で、「洋服」「学用品」「小遣い」などを全部一緒に管理すると、「つけても貯まらない家計簿」になってしまう可能性がありますが、「娯楽費」「特別費」を使って管理していけば、「娯楽費」「特別費」のどちらを使うかはそれほど大きな問題にはなりません。

厳しく頑張りたいなら、娯楽費、ゆったりとあらかじめ予算をとるなら特別費でやってみてくださいね^^




お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

↑このページのトップヘ