2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*1週間の袋わけ家計管理が上手くいかない原因とは?*

1週間の生活費の予算を決めて袋わけ。

「よし!この金額以内の支出でおさめるぞ!」
と意気込んでも結局使いすぎてしまう。

赤字になったらどーすればいいの!?

結局訳が分からなくなって挫折・・・。

そんな経験はありませんか?

我が家も袋わけの家計簿に何度も挑戦したのですが、
上手くいったことが一度もありません!!

なぜでしょうか?

袋わけ家計管理方法の場合、
1週間ごとに決まった金額を「生活費」とする方法が一般的です。

例えば、2万円なら2万円を1週間の「生活費」とします。


生活サイクルが1週間単位で成立している場合には、
ざっくりと生活費は1週間に2万円、など
決められた金額で生活することが簡単です。

でも、子供のためのものを買ったり
教材費の集金があったりと、
その週だけ臨時で高額な支出がある
デコボコ家計だと、
毎週決まった金額で生活するというのは
ほぼ成り立たなくなります。

そして、その週の予算は赤字になり、

赤字になったら、次の週のお金をかりたり、最終的には訳が分からなくなります。

それから、よくおちいりがちなのが、

「毎日のようにお財布の中身をいれかえなくてはいけない」
「毎日いろいろな封筒を持ち歩かなくてはいけない」

という当たり前のことが「面倒になる」

ということです。

私はズボラなので、「毎日お財布の中身をいれかえる」ということができません。

これでも2,3日に1回くらいはやるようになりましたが、流石に毎日はできない。

あの封筒から出したお金はあれに戻して・・なんて考えるのも面倒くさい。


はっきりと断言しますが、


普通の「袋分け管理法」で「成功する」のは「一部の上級者」のみ


です。

簡単なようで実はハードルがめっちゃ高い!のです。

はい。断言しますが、本当にズボラな人には続きません。

結局、面倒になったり、訳が分からなくなるなら、1日1行家計簿をきまぐれにちょろっとつけるだけの方が、本当にズボラな私には合っていました。

今は、袋分けでも成功する方法を編み出しているので、そちらは機会を見てまたご紹介したいと思います。

↑このページのトップヘ