2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

カード払いの処理を簡単にする方法&通帳管理法について

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


質問です。

①カード払いした時に手元の現金からカード払い分を取り分けたいのですが、普段は手元に小銭が少なく、正確に取り分けられません。あきさんはどうされていますか?

②お給料日に通帳Aから給与を引き落とし、別の引き落とし用通帳B、貯蓄用通帳Cに移すということをしたいのですが、その時の手数料が気になります。手数料無料の時間に手続きできない事が多く210円×3回分=630円/月手数料にかかる事になりますよね?どうされていますか?


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「カード払いと通帳間の現金の移動」についてですね。



”カード払いした時に手元の現金からカード払い分を取り分けたいのですが、普段は手元に小銭が少なく、正確に取り分けられません。あきさんはどうされていますか?”

ということですが、

その気持ち、わかります(笑)

カードを使った時の端数を小銭で用意するのは、なかなか面倒くさいものです。

なので、私は基本的にあまりカードは使わないようにしているのですが、
それでもカードを使う時は以下のようにしています。


1.「プレゼント2980円」をカードで買い物
2.家計簿には、「プレゼント3000円」と記入し、「3000円を現金から取り分け」て保管。
3・引き落とし月には「年間の家計簿」の収入欄に「20円 カード払い戻り金」と記入し、3000円を入金処理



このような感じで、端数を繰上で処理してしまうと、ラクだと思います。

ただ、私のようにめったにカードを使わない場合だと、この方法がラクなのですが、
あまりにカード払いが多い方だと、把握しきれなくなるかもしれませんので、その場合は、やはり面倒でも小銭を用意したほうがいいかもしれません。

もしくは、カード払いだけ、マーカーなどで色を付けて区別しておき、
月末にカード払いのぶんだけ集計して、封筒に取り分けるというのもいいかもしれません。
(残高の計算があうように注意してくださいね)

↓よろしければ、こちらもあわせてご覧ください。
・カード払いを現金払いのように扱う時の注意点(家計簿のつけ方)


”お給料日に通帳Aから給与を引き落とし、別の引き落とし用通帳B、貯蓄用通帳Cに移すということをしたいのですが、その時の手数料が気になります。手数料無料の時間に手続きできない事が多く210円×3回分=630円/月手数料にかかる事になりますよね?どうされていますか?”


こちらについてですが、

これは手数料のかからない時間帯に行っていただくことが一番かと思います^^

または、
いくつか条件を満たすと手数料がかからない
というサービスを展開している銀行もありますから、
そちらをご利用いただくと良いと思います。

私は、ある条件を満たすと手数料が無料
という銀行をメインに使っているので、
コンビニで入出金をした時でも限度内の回数までなら手数料は無料です。

コンビニでの手数料が無料だと時間や場所の融通が利くので、とても便利です。

私は、ATMがちょっと遠い銀行への入出
金はコンビニですませ、
通帳記入するのは月に1回だけという感じです。

毎回銀行のATMにいくのは面倒なので^^;

でも、月に1度は必ず記帳しています。

忙しくてなかなか手数料が無料の時間にATMに行けない

と思ってしまいがちかもしれませんが、

おそらく、本当は行こうと思えば行けるのではないかと思います。

でも、他にやりたいことがあって、なんとなく先延ばしにしていていけないのかもしれません。

つまり、銀行やATMに行くという事の優先順位が低い状態ですね。

月にたった1度、数分くらいの作業のことですので、

是非、優先順位を上げて、せめて月に一度くらいは行くようにしてみてください。

意識が変わって、そのうち、歯磨きをするような感覚で銀行に行くことができるようになれば、しめたものですね^^

このような習慣を作るのも、お金が貯まる近道の1つかもしれません^^


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ



トラックバック

↑このページのトップヘ