2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【家計診断】理想と現実。できることとしたいことを見極める

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


こんにちは。
以前も質問させていただいたものです。その節はありがとうございました。
あれから家計簿を続けていますがなかなか改善できずにいます。
今までのようにただ付けるだけの家計簿になりたくないと思いもう1度お問い合わせさせていただきました。
忙しいとは思いますが家計診断お願いします!

主人.私.子供(4歳)

給与 535万
児童手当 12万
合計 547万

住宅ローン 120万

電気 14万(オール電化)
水道 6万

家保険 6万
解約返戻金保険 37万7千
生命保険 12万4千
学資保険 10万8千

携帯(スマホ ガラホ タブレット) 15万6千
固定資産税 10万
健康保険 15万4千
園児保険 1万2千
車保険 8万
幼稚園 42万
浄水機 2万
キッチン浄水器 1万
NHK 2万2千
JAF 6千
資格更新 3千
車検積立 12万
車税積立 4万8千

ここまで合計322万円

お小遣い 48万
主人交通費 18万
ガソリン 10万
日用品 18万
食費 42万
ネコ費 5万

ここまで合計141万円

主人スーツ積立 4万8千
音楽ダウンロード 1万
J:COM 9万(今年から年間24000円UP)
セコム 7万2千
病院 6万
園進級 2万
娯楽 36万
特別 (まだ不明です)

積立定期貯金 36万

ここまで合計102万円

特別費を足さず、積立定期貯金も出費と計算して、-18万です。

これにプレゼントなどの特別費がかかっています。

あきさんの家計簿を始めるまでは、把握できてなかったので、去年は温泉旅行に行ったり、何かとお楽しみの特別費も出費していました。。

住宅ローンが始まってもうすぐ1年です。
去年はまだローンがなく、賃貸でした。
過去1年の通帳を見てざっと計算したところ、39万貯金できていました。

ローンが始まってマイナスばかりで不安でいっぱいです。

特別費に回すお金もなくどうしていいか分かりません。

よろしくお願いします。

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断(予算立て)」についてですね。



おそらく、こちらは、現状の家計の状況というよりは、これからの家計の予算なのではないかな?というように推測いたします。

全体的に、支出にはそれなりに気をつけていらっしゃるのではないかな?と感じます。

とても頑張り屋さんで、将来への備えも
頑張らなければ、貯金もしなくては、
うまく節約もしなくては、と頑張ってい
らっしゃるのではないかと推測いたしました。

私が気が付いたのは以下の点です。


1.生命保険について

学資保険と、解約返戻金付き生命保険に
加入されていますから、
ある程度の備えはできていると考えても
いいと思います。

解約返戻金付き生命保険の掛け金が
高く、
生命保険だけでも
年間60万円(月5万円)近い支出と
なっていますから、
年間約22万しか払っていないわが家
に比べて約3倍の掛け金を払っている
ことになります。

貯蓄性の保険は解約する必要はありま
せんが、すでにこれだけかけていらっ
しゃる時点で
ある程度は「貯蓄は保険に任せる」と
いうスタイルでもいいのかな?と感じ
ました。


2.その他の配分について

私が気になるのは、

主人スーツ積立 4万8千
音楽ダウンロード 1万
J:COM 9万(今年から年間24000円UP)
セコム 7万2千
病院 6万

合計28万円

についてです。

これらの支出の中で、多少なりとも削れるものはありませんか?

その他で多少削れるとしたら、
日用品とご主人のお小遣いをほんの少し
月数千円ずつけずって、
年間6万円ほど確保できると余裕資金になります。

ただし、ご主人の小遣いに関しては
削るかどうかは慎重に相談して決めた方が良いと思います。


3.積立定期貯金


貯蓄性の保険である程度の貯蓄はできて
いますから
積立定期貯金は、少し金額を少な目に見
積もってもいいと思います。

もちろん、保険もかけて積み立ても出来
れば理想的ですが、

今の家計の収入とのバランスから考える
と積立までしっかりやろうと思うと
家計を回すことが難しくなってしまいます。

私が考える理想的なバランスにするので
あれば、
貯蓄性の生命保険の掛け金をもう少し低く
して、現金で積み立てる分を増やすのです
が、

せっかく今まで積み立ててきたものを
解約してしまってはもったいないので、
満期がいつか?によって多少変わると
ころはありますが、
このまま満期まで払った方がお得だと思います。

このままの家計の内容を続けるのであ
れば、
積立定期貯金の金額をもう少し少なく
設定する方がラクに家計は回せます。

無理をして貯金の方に生活サイズを合わせると、ストレスもたまりますし、結局実践できません。

モデル体型のような素敵なスタイルにむりやり自分の生活を合わせているような感じになります。

モデルさんみたいな素敵な体型になりたいと思っても、ほとんどの人はなれません。

自分なりの現実に向き合う必要もあると思います。


4.まとめ

2のその他の支出について見直すことと
3の積立定期貯金の金額について見直し
ながらもう一度再配分してみると
うまくバランスがとれる家計であると思います。

終身保険、学資保険、毎月の積立・・と
全部が上手く出来れば理想的ですが

貯金ありきで理想の家計を追い求めすぎ
てしまうと、
現状の家計状況では
かなり窮屈な生活を送っていくより仕方
がないという状況になります。

ない袖を無理やり作り出すよりも
ほどほどで手をうつのも
1つの手かと思います^^。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

↑このページのトップヘ