2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*【家計簿見直し】支出とは?節約できない原因を知ろう*

*家計簿をつけていない場合でも実践できる!家計診断*

<我が家の支出について知ろう>

家計の実態をつかむために
今の家計の支出状況を把握してみましょう。



前回までの記事で
過去1年分の収入を計算する方法と
通帳を使って家計簿をつけていなくても
過去1年間で実際に貯金できた金額を簡単に計算する方法を
紹介しました。


過去1年分の収入と
過去1年分の貯金額が計算できているので
過去1年に実際に使った金額(支出)がいくらなのかは
簡単に計算できますよね。

そうです。


収入 - 貯金額 = 支出


です。

例えば


収入・・・600万円
貯金・・・100万円


の場合は


600万円(収入) - 100万円(貯金額) = 500万円。


12ヶ月で割って平均の生活費も計算してみましょう。


500万円 ÷ 12 = 約42万円。


月の平均値にすると結構な金額を使っていることが分かりますね。



問題は、この金額が

「無駄な支出があってこの金額なのか」
「当然の支出があってこの金額なのか」

を見極めることです。

「無駄な支出」がほとんどなく、
「当然の支出」しかない
削れるものがない状況での支出であれば
もうこれ以上見直しはできないということになります。

しかし、もしも
この支出の中に少しでも「無駄な支出」があれば、
家計はより「楽しみとなる支出」にふりかえることの
できるダイヤモンドの原石のような家計であると言えます。

その見極めをするために「支出の現状を把握」してみましょう。

こちらも家計簿をつけていない方でも、
通帳があれば簡単に計算できます。

では、具体的にはどのように計算すればいいのでしょうか。

まずは支出全体を把握するために、
支出を大きく2つに分けて考えます。

1つ目は、
家賃、電気、ガス、水道、カード払いなど、
主に銀行引き落としの支出

2つ目は
食費、日用品、小遣いなど、
主に現金でやりくりする支出

この二つのうち、
銀行引き落としの支出は、すべて通帳に記載されていますよね。

この通帳に記載されている金額を利用して
1年間の銀行引き落としの支出の累計金額を計算します。

この銀行引き落としの支出を計算すれば、
おのずと現金でやりくりした支出も計算できます。

では、次に通帳を使って、実際の銀行引き落としの支出を計算してみましょう。

↓次の記事はこちらです。
・我が家の銀行支出の総額は?
↓前の記事はこちらです。
・実際の年間貯金額って知ってますか?

↓「自分でできる!家計診断の進め方」の一覧はこちら
・家計の大改造!自分でできちゃう家計診断


↑このページのトップヘ