*生活の質を落とさずにお金を貯めよう!生活レベルを上げる節約術とは?*


生活の質を落とすような「ケチケチ節約術」ではなく、
生活の質をむしろ向上させるような方法で節約することが
できたら理想的だと思いませんか?

生活の質を落として「質素」に「貧乏生活」を送るより
「お金持ち」「富豪」「セレブ」のような気分で
生活の質を出来る限り上げる方法で、より「豊か」に
生活してみたい、

とは思いませんか?

スポンサーリンク

このように、毎月かかる支出を、

「できる限り生活の質を落とさない」
「むしろ生活の質を上げる」

方法で見直しをしよう、
というのがあき家の理想としている節約術になります。

ただし、この方法が使えるのは、

「前年以上、または前年と同じかやや少ないくらいの収入が見込める」

場合のみです。

事情があり、
「前年より収入が半分くらいに減りそうだ」など、
明らかに大幅な減収となる場合は、
やはり生活を小さくまとめていく必要があることも
あります。

ここでは、
「前年以上または同じかやや少ない程度の収入が見込める」ことを前提に、
「生活の質を向上させる」という視点で家計を見直すために

「お金が貯められない家計の5つのタイプ別診断」から
「あなたがお金を貯められない原因」を探ってみましょう。

スポンサーリンク

あき流の「お金が貯められない家計の5つのタイプ別診断」は
以下の5つのパターンに分類して行います。


「生活費貧乏タイプ」
「臆病買い貧乏タイプ」
「見栄張り無計画貧乏タイプ」
「遊びすぎ貧乏タイプ」
「隠れ貧困タイプ」

以前は自分の家計状況を計算していただいてから
ご自分の家計タイプを判断していただいていたのですが、
今回、より簡単にできるチェックボックス形式を考案してみたので
是非試してみてください。
(まだ実験的なところもありますので、
診断があっていた!あっていない!などのフィードバックを
お問い合わせのメールフォームまたはこの記事のコメント欄にしていただけると嬉しいです)

あなたの家計のタイプに当てはまるものにチェックを入れてください。
チェックの多いものがあなたの家計のタイプです。
同じくらいチェックが付いた場合は両方のタイプの複合型です。
どれにもほとんどチェックがつかない方はかなり理想的な家計といえます。

「貯められないタイプ診断」ですので、チェックがついても「毎年充分な金額が貯まっている」方は
当てはまりません。


「生活費貧乏タイプ」

□住宅ローン、管理費、家賃など住宅費が高い方だと思う
□車のローン、奨学金、借金の返済など住宅費以外にも毎月固定で支払っている大きな支出がある
□仕事の関係上ご主人の小遣いが月10万円、仕事で使うガソリン代が高額など、家族のためではなく、仕事のための費用がどうしても必要で負担が大きい
□保育園、幼稚園、小学校など子供の学費が毎月大変だ
□生命保険や学資保険などの支払いがきつい
□食費や日用品費は毎月厳しい予算をなんとかやりくりしてしている
□子供や自分の習い事が多く費用をやりくりするのが大変だ
□はっきり言ってレジャー費はほとんどない
□お金はほとんど貯まらないもしくはお金は貯まっているがレジャー費がほとんどなく、ケチケチしていて家族には不評だ

(ケチケチ節約で貯めるだけに執着している方はお金は貯まっていても生活費貧乏タイプです)


「臆病買い貧乏タイプ」

□服や靴など子供や自分が身につけるものはバーゲンなどで安くなっているものに目がない
□百円均一ショップが大好きでよくいく
□外食と言えばファーストフードかファミレスである
□レジャーと言えば公園、ゲームセンター、動物園、映画館など安くて楽しめる場所によく行く
□仕事で必要な最低限の金額以上の小遣いを毎月夫、妻あるいは両方がもらっている
□旅行などもより安い宿はないかついチェックしてしまう
□高いものは買わないが、安いものはちょくちょく買う
□なんだかんだで毎月カードの支払いがかさんでいる
□贅沢しているつもりはないが何故かお金がない
□はっきりいって一度に10万円を超えるような大きな支出があると不安になる


「見栄張り無計画貧乏タイプ」

□毎年GWと夏休みと冬休みは家族旅行、など決まったイベントの支出が大きい
□誕生日プレゼントはブランドものなど、子供や自分へのプレゼント代はたとえ家計の状況がどうであろうともらう
□旅行代などは高くても泊まりたい宿に泊まる。その支払いはあとからなんとかやりくりすればいい
□身につけるものは安物はNG。ブランドもので当然。だけど支払った後にまたお金を使ってしまった、という罪悪感がある
□自分への先行投資、セミナー費や自己啓発のための費用が年間にするとかなり高額である
□ゴルフなどお金のかかる趣味がある
□自分のしたいことは出来ているがはっきり言って貯金はほとんどできていないので不安だ


「遊びすぎ貧乏タイプ」

□収入は少ない方ではない、または収入はそれほどではないが両親と同居中などの理由で住宅費がかからないなど固定支出が少ない
□毎月外食に行く回数が多い
□毎月なんだかんだんで新しい洋服を買っている
□交際費に際限がない。誘われれば何でも大体参加する
□現金で払えない時はカードを使って支払いを先送りにする
□毎月いくらまでなら使ってもいいのかわかっていない
□ボーナスが出る前からカードのボーナス払いで買い物をしている
□食費や日用品に使えるお金がないので食費や日用品はケチっている
□貯金はほとんどできていない


「隠れ貧困タイプ」

□年間700万円以上の手取り収入がある
□電気代が毎月1万円以上(オール電化の方は月2万円弱)など、電気、ガス、水道代などの光熱費が高い
□食費と日用品費が合計月8万円以上など食費、日用品といった日々の支出も高い
□1人2台以上携帯電話などのモバイル端末を持っている人が家族にいる
□ほとんど使っていない2台以上の車や、バイクがある
□使っていないのに支払っている契約ものがあるが解約するのが面倒なのでそのままである
□収入が多いのでなんとなくなんでも払えそうな気がする
□収入もあり贅沢しているつもりはないのに貯金ができていない
□収入が少しでも減ってしまったら生活出来ないと思う
□自分ではどこをどうしたらいいか分からない

どこにチェックがついたか確認しながら5つの家計タイプについて簡単に見てみましょう。

「生活費貧乏」タイプ

「生活するのに精いっぱいで娯楽に回せる資金の余裕がない」タイプです。

「生活基本支出」が高く、
「毎月のお楽しみ支出」や「今月だけの特別支出」は少ない。

「食費」「日用品」「小遣い」といった必須の支出が多く、
娯楽に回す余裕資金が少ないので、
「生活に余裕がない」と感じやすいです。

欲しいものがあってもなかなか買うことができないので、
ケチケチする節約に手を出したくなったり、
「うちは貧乏でお金がない」とつい口に出してしまうことも。

「身の丈以上に子供の習い事に熱心」な場合もこちらのタイプに入ります。

「お金は貯められているけど意図的に娯楽費を削ってケチケチ生活」をしている場合も
こちらのタイプに入ります。

↓生活費貧乏さんの家計を見直す方法はこちら
・生活するのに精いっぱいで娯楽に回せる資金の余裕がないのはなぜ?

「臆病買い貧乏」タイプ

「ちょこちょこ買いは得意だけど値の張る支出は苦手」なタイプです。

「生活基本支出」や「今月だけの特別支出」はそれほどでもないけれど、
「毎月のお楽しみ支出」が高い場合は、
衣類や雑貨など
ちょこちょこ欲しいものを買ったり、
外食や近場のレジャー施設などにも頻繁に足を運んだりと、
少額なもののちょこちょこ買いでいつの間にかお金がなくなっていて、
家電や旅行など「値の張る支出はちょっとためらってしまう」タイプ。

車の改造、化粧品、食べ歩きなど、特定の趣味にお金を費やしている場合も
「毎月のお楽しみ支出」が多くなると思います。

毎月の小遣いが多すぎる家計もこちらのタイプに入ります。

↓臆病買い貧乏さんの家計を見直す方法はこちら
・ちょこちょこ買いは得意だけど値の張る支出が苦手なのはなぜ?

「見栄張り無計画貧乏」タイプ

「イベントとレジャー大好き」なタイプです。

「生活基本支出」や「毎月のお楽しみ支出」はそれほどでもないけれど、
「今月だけの特別支出」が高い場合は、
旅行や、誕生日プレゼントや、実家帰省など、季節ごとのレジャー費や
家具や家電の買い替えなどにお金を費やしているタイプ。

資金計画を立てずに自分へのご褒美に奮発していたりすることも。
・我慢できない「ねばならない買い物」が多すぎる家計

「遊びすぎ貧乏」タイプ

「買い物もレジャーも大好き」なタイプです。

家族のお楽しみ支出が多すぎる
「買い物やレジャーが大好き」なタイプ。
困っていないならば非常に満足度が高いけれど、
もし毎月の「食費」や「日用品」を買うのがちょっと苦しい、
思ったより貯金が増えない
と感じている場合は要注意。

ただの「遊びすぎ」になってしまいます。

↓遊びすぎ貧乏さんの家計を見直す方法はこちら
・知らず知らず「遊びすぎ貧乏」になっていませんか?

「隠れ貧困」タイプ

「何にでもダラダラお金を使ってしまう」タイプです。

「生活基本支出」も「毎月のお楽しみ支出」も「今月だけの特別支出」も
同じくらいの場合は、
「何にでもダラダラお金を使ってしまう」タイプ。

買い物もついつい買いすぎたり、
資金計画を立てずに
旅行先を選んだり高額家電を買い替えたりと
行き当たりばったりで計画性があまりなく、
あとからお金の帳尻を合わせることが多いので、

充分な収入があっても結局お金の工面に困ったり、
現金での貯金額が少なめだったり、
突然収入が減ってしまうと困ってしまうタイプ。

生活の基本サイズがすべて大きいので、
どこを節約すればいいのか自分では分からないことも。

↓隠れ貧困さんの家計を見直す方法はこちら
・貯めたいのに貯まらないのはこの習慣が原因だった?!

などなど、これらは全てあくまで私の勝手な想像ですが(笑)、
様々な家計の傾向をとらえることが出来ると思います。

この私の勝手な想像から生まれた(笑)5つのタイプ別に
「生活の質を下げずに、むしろ上げる方法」で
家計の見直しを考えてみます。

↓次の記事はこちらです(生活費貧乏タイプの改善ポイント)。
・生活するのに精いっぱいで娯楽に回せる資金の余裕がないのはなぜ?

↓「自分でできる!家計診断の進め方」の一覧に戻る時はこちら
・家計の大改造!自分でできちゃう家計診断

↓「家計簿のつけ方」の一覧に戻る時はこちら
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です