2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【手取り年収200万円台】退職し夫だけの収入でやりくりすることになりました。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^


※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


いつもブログ楽しみに読んでいます。

今まで何故か、生活をしていく上で最も大切なお金に杜撰だったことをあきさんの書籍とブログを通して反省して今後に活かします!

今回の相談です。

私が妊娠して悪阻中で出社できず、産休明けすぐの妊娠で会社に迷惑をかけてしまっているので退職することになり、旦那の収入のみで生活をしていくことになりました。
そこで、現金支出をどのようにしていけばよいかアドバイスを宜しくお願い致します。

収入
200,000(2,400,000)
ボーナス 150,000(300,000)
児童手当 15,000(180,000)

収入合計 2,880,000

銀行支出
住宅費 56,000(672,000)
電気代 8,000(96,000)
水道代 4,000(48,000)
ガス代 7,200(86,400)
車保険 5,240(62,880)
通信費 11,000(132,000)

現金支出合計 91,500(1,098,000)

収入-現金支出=1,782,000

貯金を420,000したいと思っています。

1,782,000-420,000=1,362,000

現金支出ですが、私の小遣いを減らし、妊婦検診が毎月かかるので医療費の項目を追加しようと思っています。

現金支出

食費
日用品費 10,000(120,000)
GS 6,000(72,000)
医療費
旦那小遣い 40,000(480,000)
私小遣い
教育費
娯楽費
特別費

まだ空白部分の予算の目処がたてられていません。
残金690,000です。
実は復職し共働きの間は義父母が子を看てくれていたので、毎月50,000渡していました。教育費としていました。そのまま渡していくと残金が90,000になってしまいます。

お手数ですが、現金支出のアドバイスを宜しくお願い致します。また、項目が9つになってしまいました。1つ減らしたほうがよいでしょうか( *_* )

お忙しい中、長々と失礼しました!



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********



質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!
しっかり書き出しをしていただき、ありがとうございます♡

2.年間収支は

収入288万円
支出246万円

収支は年間約42万円の黒字

の予定ということですね^^

3.気になる点は

食費 
日用品費 10,000(120,000)
GS 6,000(72,000)
医療費 

旦那小遣い 40,000(480,000)
私小遣い
教育費
娯楽費
特別費

こちらの配分に迷われている…ということですね。

今の予算のままでしたら、

食費 40,000(480,000)
日用品費 10,000(120,000)
GS 6,000(72,000)
医療費 8,000(96,000)

旦那小遣い 30,000(360,000)
娯楽費 15,000(180,000)
特別費 60,000

これくらいでおさめられればいいかな…

という印象です。

ご主人のお小遣いは
40000円渡してあげたいところ
ですが、

渡してしまうと、
日常的な生活がかなりカツカツ
になってしまいます。

現状では

奥様の小遣いまでは回らない…

と思いますので、

奥様の小遣いと教育費は削除しました。

これくらいの配分なら

あまりにケチになりすぎる


ということは避けられますが、

特別費の予算が60000円です。

固定資産税や車検があったら足りない

と思います。

出産費用や赤ちゃんの準備品も間に合わない

ということになってしまいますね。

費目が9個になってしまったということですが、
赤ちゃんしかいない状況なら
まだ教育費はなくてもいいと感じます。

4.もし私だったら・・・

貯金は少し減らして

420,000円→250,000円

として、

特別費 60000円→230,000円

と、特別費にかける予算を追加
すると思います。

これだけあれば、

車検にも対応できる

と思いますし、

少しずつ出産に関するもの

もそろえられると思います。

ただ、

旅行などまでしっかり考えたい

のであれば、

あと年間で30万円(月2万5千円)

ほど収入があれば

だいぶ変わってくると思います。

出産後は、

児童手当が月15000円

追加されると思いますので、

残りは月1万円。

ご主人の小遣いを2万円に減らすのか?
通信費を格安スマホなどにして抑えるのか?
電気・ガスなどの光熱費をさらに抑えるのか?


収入が増えないのであれば、
この辺を削ることを具体的に計画してみるといいと思います^^

5.まとめ

質問者様の家計は、

貯金を重視しすぎてしまうと
やりくりが少し大変になりそう


な気もします。

実際に支払わなくてはいけない支出



貯金したいという理想

を考えながら

あまり無理をしすぎない

家計計画を立てると

ストレスで爆買い!などに走ることなく(笑)
正常な家計管理ができると思います♡

たしか、財形もされていたの思うので、
貯金はもう少しできそうかな?と感じます。

お子さんがまだ小さいので

コンパクトな家計設計ができますが、

上の子が幼稚園入園などを迎えられたら

収入を増やす方向で考える

とかなりやりやすくなると思います!

妊娠中で大変な中、
家計管理に取り組まれるなんて
本当に素晴らしいですね^^

予算の組み方がどんどん上達しているので、安心してくださいね!

↓手取り年収200万円台の方の家計についてこちらでも書いています。
【手取り年収200万円台】よく頑張っている。よく考えている。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき


**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語


あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

コメント

コメント一覧

    • 1. にか
    • February 06, 2018 18:05
    • 5 あきさん、今回も家計の相談に回答して頂きありがとうございます!
      とても参考になりました\(^o^)/
      ようやく悩みがスッキリしました!
      楽しみながら、家計管理していきます☆
    • 2. あき
    • February 07, 2018 06:30
    • にかさんコメントありがとうございます!
      にかさんはどんどんレベルアップされているので、
      これからが楽しみです♡
      是非楽しんで家計管理をしていってくださいね!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ