2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*来年度の【収入】はどれくらい?守れる予算のたて方*

*家計簿をつけていない方でも出来る予算のたて方*

お金を貯めるためには、

1.収入
2.支出(銀行支出+生活費)
3.貯金額

の3つの予算をしっかりたてることが大切です。

この予算は、
こうだったらいいな、という理想や
これくらいだろうという曖昧な予測ではなく、

計算に裏打ちされた根拠のある数字

でなくては意味がありません。



今回は、「収入」「支出」「貯金額」の3つの予算のうち、
「収入」の予算を、
根拠のある数字をもとに
たてたいと思います。

家計簿をつけていない方でも同じ方法で予算を立てることが出来ます。


「収入」の予算をたてるには、
まず必要なのは過去1年分の収入の総額です。

(↓こちらで、過去1年分の収入の計算方法を紹介しています。
・我が家の収入とは?

例えば過去1年間の収入が

給与(夫婦2人分)・・・年間500万円
手当・・・・・・・・・・年間50万円
その他・・・・・・・・・年間50万円
合計・・・・・・・・・・年間600万円


だったとします。

合計金額だけをみると、
年間600万円の収入があるので、
来年度も収入の予算は年間600万円を
想定すればいいように思いますが、
そうではありません。

この例の家計の場合は
「出産祝い」「入園祝い」「幼稚園の助成金」といった、
「手当」と「その他」からの収入が以外と多く、
給与収入が年間600万円あるわけではありません。

来年度は「児童手当」と「幼稚園の助成金」は
昨年度と同様に見込めそうですが、
「出産祝い」や「入園祝い」を計上している
「その他」の収入はほとんどない予定、など
昨年とは収入の内訳が変わりそうです。



このように、いくつかの項目にわけて
過去1年分の収入を書き出しておくと、
来年度の収入もだいたいの予測がついてきます。

「入園祝い」「出産祝い」を計上している「その他」の収入が
ほとんど見込めない、ということから、

例の場合は、

給与(夫婦2人分)・・・年間500万円
手当・・・・・・・・・・年間50万円
その他・・・・・・・・・年間0万円
合計・・・・・・・・・・年間550万円


年間「550万円」収入が次年度の予算と考えられます。

昨年度と比べ大きな変動のない場合は、
昨年度の収入実績をそのまま「収入」の予算としてもかまいませんが
このように変動がある場合は注意が必要です。

これを↓以下のように1年分の表にしていきましょう。
家計診断記入例(収入)
家計診断記入例(収入)


次回からは、ちょっと面倒ですが、
支出の予算を1つ1つたてていきたいと思います。

↓次の記事はこちらです。
・予算のたて方【固定支出編】




↑このページのトップヘ