2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

「袋分け家計簿」の項目の基本!初心者がやりがちNGな考え方と始め方!

pic9

袋分け家計簿(家計管理)のやり方をキチンと理解している

という人は実は少ないようです。

とにかくお金を袋にいれて管理すればいいんだよね・・・

ということになりがち。

でも、それだけではうまくいかないことが多いです!

もう一度「基本」の袋分け家計簿(家計管理)の始め方を振り返ってみましょう!


pk袋分け家計簿(家計管理)の始め方


袋分け家計簿(家計管理)を始める時は、

はじめての方は、まず、月の給料をすべておろしてみましょう!

月の給料が25万円なら25万円すべてをおろします。

そして、そのうち、まずは
銀行引き落としになるお金を銀行に入金しましょう。

たとえば、

家賃、光熱費、携帯電話、生命保険、保育料

など。


家賃 8万円
光熱費 月1万円
携帯電話 月1万円
生命保険 月1万円
保育料 月2万円


なら、月に13万円を銀行に入金!

エアコン代で今月はちょっと光熱費が高かった・・・

というような

月によるバラつきはムシして、

毎月ちょっと多めに入れておくといいですよ!

その方が、ほったらかしで管理できるのでラクです。


pk袋分け家計簿(家計管理)の基本


まず、

1.月の給料を全部おろしてくる
2.そのうち銀行引き落としになるお金を銀行に入金する


これが、はじめですよ!

これが終わったら、手元にいくら残ってるか確認してみて下さい。

給料25万円で銀行に入金したのが13万円なら、

残りは12万円です!

この残った12万円を袋分けで管理する

のが袋分けの基本です!


pk項目(費目)の決め方


残ったお金がいくらか分かったら、残りお金を袋に入れていきます。

さて、

なんていう袋を作ろうかな?

と考えますよね。

食費、日用品費、衣服費、教育費・・・

実は、これが袋分け家計簿(家計管理)が失敗してしまう原因なんです!

この時、たくさんの袋を用意すればするほど

やりくりに失敗する可能性が高い!です。

封筒の数が多いと、訳も分からなくなるし、お金の出し入れも頻繁にしないといけないので、ものすごく面倒くさいことになります。

では、なんという袋を作ればいいかというと・・・

「固定費」「生活費」の二つの袋を用意すればOKです!

たくさんの袋を用意しなくてはいけないと思っていませんでしたか?

他の封筒もあった方がいいものはありますが、まず意識するのはこのふたつで充分です。


pk固定費の袋にいれるお金


「固定費」という封筒にいれるお金の金額は、

「毎月払うことが決まっているお金」です。


例えば

習い事
小遣い
教材費

など。

銀行に払うお金は入金したので、残りは現金で払うものです。

習い事 月1万円
小遣い 月3万円
教材費 月5千円

なら、月4万5千円を「固定費」の封筒にイン!

こちらも、大体の平均額をいれておくと、毎月同じ金額をいれるだけなので、ほったらかしで管理できてラクですよ!


pk生活費の袋にいれるお金


おうちに残っているお金は12万円なので、

4万5千円を入れると、残りは7.5万円です。

今度はこれを「生活費」の封筒にイン!

使う時は、生活費の封筒からお財布にお金をうつしていけばOKです。

余裕がある人は、先取りで貯金をしてもOKです!

食費、日用品・・・など細かい封筒を作る必要なし!

生活費の封筒を1つ作って、1ヵ月やりくりすればOKです。

どうしても気になる人は、生活費の封筒を5週にわけてもOKです。

教材費や習い事の支払いがあった時は「固定費」の封筒から出します。


pkやりくりの仕方


袋分け家計簿(家計管理)にたくさんの封筒は必要ありません!

教材費や習い事のお金は「固定費」の封筒から。

日々のやりくりは「生活費」の封筒から。

たった二つの封筒(袋)で基本を回してしまう

のが、袋分けを簡単に成功させるコツ!です。


こうすると、まず

封筒からお金を出し入れする回数が少なくて済む

ようになります。

袋が少ないので

残金チェックも簡単

です。


「固定費」と「生活費」の封筒に入っているお金の範囲でやりくりできればOK!

となります。

ただし、ここでのやりくりは

固定資産税などの大きな出費(特別費)をのぞいたやりくり

になるので注意してくださいね。


pk毎月赤字、大きな出費の時は?


さて、上記が基本の「袋分け家計簿(家計管理)のやり方」なのですが、

上記のやり方では毎月赤字

という場合がありますよね。

袋分け家計簿(家計管理)が実は上級者向けである

といわれるのは、これが問題になるからです。

また、固定資産税など

大きな出費がある時はどうしたらいいのか?

ということも分からないですよね。

次回は、まずは、毎月赤字の家計の場合の対策を考えていきましょう。


↓次の記事はこちらです。
袋分け家計簿(家計管理)で毎月赤字の時の対処法!     

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ