2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

貯金口座は生活費口座と分ける!銀行口座の使い分けで家計を管理する方法!

pic9

効率よくお金を貯めたいと思うなら、まず取り組みたいのは「口座分け」のテクニックです。

メインバンク、サブバンクと、口座を使い分けることによって、「あといくら使えるお金が残っているか」を明確にすることが目的です。

冊数は関係なく、役割を分けることが重要です。

口座の使い分けのテクニックは、家計簿をつけるのが苦手な人でも取り組めます。

貯められない人に限って、通帳管理がグチャグチャなので、しっかり整理して、分かりやすい家計管理を目指しましょう!


pk貯められない人の通帳管理


お金の相談を受けていると、多くの貯められない人の通帳管理がずさんであることに気が付きます。

面倒くさいからと、何年も通帳記入さえしていないという方もいます。

契約しっぱなしの通帳が山ほどあり、ほとんど使っていないということもあります。

一方、貯められる人の通帳管理はシンプルです。

持っている通帳の冊数も限定し、使っていない休眠口座はないというのが当たり前。

通帳を整理することは、心の整理にもつながります。

口座の使い分けで貯めるテクニックを実践する前に、まずは、休眠口座を解約することからはじめるのもいいですね。


pk持つべき!通帳の冊数は?


銀行口座を何冊持つのが正解かを考える前に、大切な事があります。

それは、通帳管理の基本は、通帳の役割を3つに分けることであるということです。

生活費口座(日々の生活費用口座)
特別費口座(高額支出に備える口座)
貯金口座(貯金専用の口座)


投資をする方であれば、4つ目の投資用口座を作るなど、アレンジは自由です。

ここで注意してほしいのは、役割を3つに分けるということで、3冊しか持ってはいけないということではありません。

各役割ごとに数冊、計10冊あったとしても、休眠口座になっていなければ問題ありません。


pkなぜ通帳の役割を分けるのか?


まず、お手持ちの口座の役割を3つに分けることが重要です。

でも、それはなぜだと思いますか?

答えは、たったひとつ。

冒頭でも述べましたが、「あといくら使えるお金が残っているか」を明確にするためです。


生活費口座(日々の生活費用口座)
特別費口座(高額支出に備える口座)
貯金口座(貯金専用の口座)


この3つに口座の役割をわけるだけで

「今月あといくらまでおろしてもいいのか」
「あといくらつかったら赤字なのか黒字なのか」


明確になります。

家計簿をつけなくても、口座の残高とお財布に入っているお金をみれば、即座に残金が分かるという仕組みです。

お金が貯められない方の多くは、「今月あといくらまで使ってもいいのか」ということを理解していません。

欲しいものがあれば「この支出は仕方がない」と理由をつけ、ダラダラと銀行からお金を引き出してしまいます。

お金がなくなるのは心配なので、とりあえず安いものですませようとしますが、安いものを大量に買い込むクセがあることも。

それは、「今月あといくらまで使ってもいいのか」ということが理解できていないために起こるのです。

つまり、おろすお金にしっかりしたストッパーがなく、ちょろちょろと垂れ流してしまうのです。

このストッパーの役目を担うのが「口座の役割を3つに分ける」という方法です。

なぜ、口座の役割を分けるだけで、「使えるお金の残金が分かる」ようになるのでしょうか。

それぞれの口座の役割を見ていきましょう。


pk1.生活費口座の役割


1つ目の「生活費口座」の役割は、「毎月いくらまでならおろしてもいいか」を明確にすることです。

例えば、毎月の給料が、ある月は25万円、ある月は残業代もあり28万円だった場合を考えてみましょう。

そのまま給料口座に入れておけば、

その口座の残高は25万円になったり、28万円になったり、ボーナスが入れば残高が100万円になる月もあるでしょう。

通帳に100万円の残高があると、つい「まだ使っても大丈夫」「今月はこの出費があったから仕方がない」と理由をつけてズルズルお金を引き出してしまいます。

しかし、給料がでたら、毎月25万円を生活費口座に移す。

こうすると、常に生活費口座に入っているお金の上限は25万円になります。

毎月25万円以上おろしたら赤字、と明確に見えていれば、ズルズルお金をおろすことがなくなります。

住宅ローンや光熱費やカード払いなど、各種の引き落としも生活費口座に設定しておきます。

残業代や、ボーナスはこの次に紹介する特別費口座や貯金口座に移します。

給料が出たら、毎月定額を生活費口座に入金する。

これだけで、収入が多い月は使いすぎ、収入が少ない月はカツカツになるという、不安定な家計のやりくりも解消します。


pk2.特別費口座の役割


家計の中には「特別費」という支出が存在します。

「特別費」とは、毎月ある支出ではないけれど、季節やイベントに関連する比較的高額になりやすい支出です。

例えば、固定資産税、自動車税、車検などの支出です。

旅行、レジャー、誕生日プレゼントなどのイベント、家電、インテリアなどの支出も特別費にあたります。

毎月の「生活費」からはみ出してしまう支出なので、「生活費」とは別に考えます。

この「特別費」という支出が、家計管理の上では非常にやっかいなものになります。

特別費にいくらまでなら使っていいかが分からないと、

ボーナスが入ったからと、高額家電を買ってしまったり、海外旅行にいってしまったりと、思い付きで買い物をしてしまう原因にもなります。

また、せっかく旅行に行っても、少しでもお金を減らさないようにと、お土産代までケチろうとしてしまうことも。

特別費は、貯金を一番食いつぶす可能性のある支出なのです。

このような支出にたいして何の対策もとっていないと、

目先の大きなお金が減ることが不安になるので、固定資産税を分割払いにしたりと、何でも分割払いにして少額にすれば家計のダメージが減ると勘違いしてしまうことも。

払っている金額は同じなのに、「え~一括で払えるなんてお金持ち!」と考えてしまうこともあります。

お金が貯められている人ほど、住宅ローンなど大きな支出以外は、何でも一括払いで支払います。

このように、家計管理がめちゃくちゃになる原因である特別費に対策をとるために、特別費口座を作ります。

毎月生活費口座に入金すると決めた金額以外のお金のうち、必要な額だけを特別費口座に移します。

車検や固定資産税などの支払いがきたら、特別費口座からお金をおろして支払います。

特別費口座には何の引き落としも設定しないようにします。

このようにして、生活費口座と特別費口座に入金するお金を分けておくと、

車検や固定資産税のためにお金を取っておいたはずなのに、いつの間にかなくなっていた!というような事態を防ぐことが出来ます。


pk3.貯金口座の役割


貯金口座は、その名の通り、貯金専用口座です。

貯金口座は、定期預金に移したり、投資口座にお金を移したりと活用する時や、マイホーム、車、進学費、老後、もしもの時といった人生でも大きな節目に当たる支出の時以外は1円たりともおろしてはいけません。

毎月、生活費口座にいれ、余ったお金や、ボーナス、手当など、生活費や特別費に使う予定のないお金を貯金口座に移します。

先取り貯金が出来る方は、毎月貯金口座に定額が引き落とされるように設定してもいいでしょう。

ただ、先取り貯金は、人によっては家計を狂わせるもとになりますので、下記関連記事にて先取り貯金に向いている家計なのか確認しておくといいですね。


pk特別費と貯金口座にはいくらいれればいいか?


毎月の生活費に使うお金以外は特別費口座と貯金口座に入金します。

しかし、特別費口座と貯金口座にいくら入金すればいいのかと疑問になりますよね。

その金額は、実は人によってまちまちであるとしかいいようがありません。

給料やボーナスの何%というように割合を決めることは意味がありません。

特別費にいくらを用意すればいいかは、下記関連記事にて紹介していますので、合わせて確認してもいいですね。

pk家計簿はつけるべき?

この口座分け管理法は、マスターしてしまえば、家計簿をつけなくてもお金を容易に貯められるようになります。

ただし、家計簿があればより支出が見える化しますので、安心した家計運営をすることが可能になります。

手書きの家計簿ではなく、袋分けでも、アプリでも大丈夫です。


pkまとめ

・口座分けテクニックで大切なことは、生活費口座、特別費口座、貯金口座の3つに役割を分けることです。

・口座の役割を3つに分けますが、3冊にするということではありません。

・生活費口座には、毎月定額を入金するようにし、「月にいくらまで使えるか」を明確にします。

・生活費口座に入金しなかったお金は、特別費口座と貯金口座に振り分けます。

・特別費口座と貯金口座に入金するお金は、人によってまちまちなので、特別費にいくらかかるかを計算しながら決めます。

・口座分け管理法をマスターしてしまえば、家計簿は必要ありません。

pk関連記事

↓特別費口座にいくら入れればいい?予算の立て方や、お金の準備の仕方はこちら。
【特別費】はいくら?特別費の内訳・年間予算の立て方・貯める方法(まとめ)

↓先取り貯金のやり方間違えてない?正しい仕組みの作り方はこちら。
失敗しない!「先取り貯金」の正しい仕組みと方法の作り方とは

↓積み立て・口座・貯金に関するみなさんからのご質問はこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

**********

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓今度こそ本気で家計を改善したい!という方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ

**********



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ