2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

ポイントや割引券で買い物した時の家計簿のつけ方と差額の活用法

pic9

ビール券、お米券、図書カード、クオカード、商品券、お店のポイントなど、ポイントや割引券を利用して買い物をした時、家計簿のつけ方に迷いますよね。

このようなポイントや割引券を利用して買い物をした時の家計簿のつけ方、ポイントの活用法、注意点を紹介します。


pkポイント・割引券と家計簿への基本のつけ方


家計簿をつけている時に、問題になるのは、

ポイントを使った後の金額で家計簿につけるのか
ポイントを使う前の金額で家計簿につけるのか

という点です。

結論からお伝えすると、

ポイントを使った後の金額で家計簿につける

のが一番スマートな方法です。

たとえば

3000円の商品を500円の割引券を使い2500円で購入した

という場合は、2500円で家計簿につけます。

この方法にすると、割引額がいくらだったか、ポイントはいくら減ったのかといった詳細を家計簿につける必要がないので、記入の手間が省け、扱いが簡単です。

これがポイントや割引券を利用して買い物をした時の基本の家計簿のつけ方です。

pk全額割引になった時

ポイントや割引券で買い物をした場合、全額割引になるというケースがあります。

例えば、500円の商品を500円の割引券で購入した場合、購入価格はゼロ円です。

このような場合は、上記の基本のつけ方をもとにすると、購入記録を家計簿につける必要はありません。

買い物じたいなかったことにするという対応方法です。

この場合も、買い物はしていますが、家計簿につける必要性がないので、記入の手間が省け管理が簡単に済ませられます。


pkおつりがあった時

ポイントや割引券を使って買い物をした場合に、おつりがあることがあります。

例えば、300円の商品を購入する時に500円の割引券を利用した場合に、200円のおつりが発生することがあります(割引券によってはおつりが出ない場合があります)。

この場合のおつりは、家計簿には収入として記入します。

おつりが少額であれば、そのまま貯金箱にいれ、おつりはなかったことにしてしまってもかまいません。


pk差額の活用方法は?

ポイントや割引券で買い物をした場合の、基本の家計簿のつけ方は上記の通りとなります。

しかし、このような差額の活用術もあります。

例えば、3000円の商品を500円の割引券を使い2500円で購入した場合。

2500円で家計簿につけず3000円で家計簿につけます。

実際には500円の割引があったので、差額の500円は財布から抜き貯金箱へ移します。

使ったつもり貯金にしてしまうという方法です。

ポイントは現金に換金しにくいので、家計簿上の処理で現金化し、ポイントや割引券を貯金に回すという活用法です。

手順はやや面倒ですが、少しでも貯金を増やしたい場合は有効です。


pkポイントの残高は確認すべき?

ポイントを使って買い物をした時に、残っているポイントの残高を家計簿につけるべきかという点が気になる場合があります。

基本的に、ポイントの残高は家計簿につける必要はありません。

どうしても気になる場合はメモ程度に残してもかまいません。


pkまとめ

・ポイントや割引券を利用した時の対応は、割引された後の金額で家計簿につけるというのが基本です。

・ポイントや割引券で割り引かれる額をあえて無視して家計簿につけ、割引された金額はつもり貯金にしてしまうという方法もあります。


pk関連記事

ポイントや割引券の家計簿のつけ方と一緒に合わせて知っておきたいのが電子マネーの家計簿のつけ方です。

↓電子マネーの家計簿のつけ方はこちら
電子マネーの家計簿のつけ方(書き方)まとめ一覧(ワオン、スイカ、イコカなど)


**********


↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ


**********

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ