2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

銀行口座(通帳)を上手に整理して、上手に管理する方法!

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^


※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


はじめまして!
ブログを一通り拝見して、その内容がとても腑に落ちたので、さっそく大学ノートに記入を始めたところです。
いきなり質問して申し訳ないのですが、銀行口座のことで、教えていただけますでしょうか。

我が家では、みずほ銀行(夫名義。夫の給与振込口座)、南都銀行(夫名義)、南都銀行(妻名義。妻の給与振込口座)を、主たる口座として使用しています。

悩みを箇条書きにしてみます。
1.あちらこちらの口座で、生活費・娯楽費・特別費名目の引き落とし・カード払いが発生する。

2.銀行残高の内訳(貯金と特別費)が分からないので、急な高額出費に不安を感じてしまう。

3.南都銀行は支店がすぐ近くにあるが、みずほ銀行は支店が遠く、コンビニATMを利用せざるを得ない。記帳もしづらい。(インターネットで明細を見ることはできる)

夫名義で、(1)「給与振込口座・生活費・娯楽費 用」(2)「特別費 用」(3)「貯金用」
3つあるといいのかな、等と考えました。

ただ、銀行口座間でお金を移動させることについて、銀行やコンビニATMの手数料がかからないよう、利用時間や利用回数を調節できるか、というと、ちょっとよく分かりません。

以前も「本当はA銀行の支出とするべき買い物を、B銀行から引落しになるカードで買っちゃった。A銀行からB銀行へ、その金額を移動させなきゃ。」が続かなかった私です・・・。

たとえばですが、みずほ銀行(夫名義)は、給与振込・児童手当といった収入だけ口座とし、すべての引落し・カード払いは、南都銀行(夫名義)とする、というのは有効な手段ですか?

いっそ給与振込等の収入も南都銀行にして、その他の銀行口座も、近くに支店がある銀行にしたほうがいいでしょうか?

銀行の「積立定期」を貯金として貯めていくのは大丈夫でしょうか?


質問がまとまっていなくて、申し訳ありません。できるだけ続けやすい、シンプルに管理する方法を知りたいと思います。

まずは家計簿を続けていくことから頑張ります。



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「銀行口座(通帳)を整理する方法」についてですね。

**********

☆銀行口座(通帳)☆

お金の管理があまり得意ではないという方の銀行口座(通帳)の管理は、かなりずさんという特徴があります。

あちこちの口座からあれこれの引き落としがあり、収入もあり、今いくら使えるのかが分からなくなるというパターンです。

家計簿をつけている方は、まだ予算が頭に入っていれば、それでもいいのですが、家計簿もつけず、口座管理もグチャグチャな状態では、貯まるものも貯まりません。

面倒くさいし、まあいっかこのままで・・・というラクを選ぶことにより、人によっては数十万、数百万円のお金をムダに垂れ流すことになります。

もちろん、面倒なことをやるくらいなら、数十万円、数百万円のお金がムダになってもいい!ラクな方が大切!という方なら構いません。

でも、もし、お金を貯めたいと思うなら、通帳の管理を丁寧に行うことが非常に大切になってきます。

☆銀行口座(通帳)の基本☆

銀行口座の整理を行う場合、一番大切なのは「なるべく収入と支出の口座を一緒にしない」ことです。

また、引き落としは、「理由がある場合を除き(利用金融機関に指定があるなど)引き落としのかかる口座はなるべく1つにする」ということも大切です。

安心してお金を使える家計になるためには、「今月あといくら使えるのか」を常にはっきりさせておく必要があります。

ところが、入金口座と出金口座が一緒だと、自分でもあといくら使えるかが分からなくなってしまうことがあります。

ボーナスが入った時など、収入が多い時に「つい使いすぎ」たり、カード払いや高額な支払いが多い月に必要以上にカツカツな印象を持つ原因にもなります。

たとえばですが、みずほ銀行(夫名義)は、給与振込・児童手当といった収入だけ口座とし、すべての引落し・カード払いは、南都銀行(夫名義)とする、というのは有効な手段ですか?

ということですが、この方法が一番妥当です。

収入口座と出金口座は分けましょう。

入金口座と出金口座を分けようと思うと、口座を増やさないと無理!という場合は、なるべく1つの口座に出金をまとめましょう。

あちこちの口座から引き落としがあると、管理がグチャグチャになるので、支出は事情があるものを除きなるべく1つの口座からだけにするというのも貯められる口座分けの基本です。

銀行の「積立定期」を貯金として貯めていくのは大丈夫でしょうか?

こちらも大丈夫です。
ただ、積立をしている時は、家計簿の残高が合うようにうまく調整してください。

☆まとめ☆

・銀行口座(通帳)は、入金と出金に分けて整理すると、お金があといくら使えるかが分かりやすくなり、お金を貯める効果があります。

ブログをご覧いただきありがとうございます♡

疑問があれば、何度でもご質問いただけますので、遠慮なくご利用下さいね^^(お返事は平均1ヵ月待ちと大変遅いですが)

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓口座の役割を3つに分けてお金を貯める方法はこちら
貯金口座は生活費口座と分ける!銀行口座の使い分けで家計を管理する方法!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問はこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

**********

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ


**********

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ