2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*年間で貯金できる金額の限界を知る*

我が家では予算を

1.収入
2.支出(銀行支出+生活費)
3.貯金額

の3つの側面から考えています。



前回までに、
1.収入
2.支出(銀行支出+生活費)
の予算のたて方について紹介しましたので、

今回は

3.貯金額

について考えて見ます。

我が家では、

収入 - 支出 = 貯金額

と考えています。

例えば

550万円(収入) - 500万円(支出) = 50万円(貯金額)

のように計算します。

ここで1つ頭に入れておきたいのが、
「我が家の貯金額の限界はいくらか?」ということです。

最近は

収入 - 貯金額 = 支出

という考え方、

つまり、「年間100万円貯金する」という
目標を先に決めて、
支出をなんとかその貯金額を達成できる範囲内で納める、
というやり方が流行っているように思いますが、

私はその考え方は乱暴だな、といつも感じています。

先に目標の貯金額を決めてしまうと、
必死でやりくりして、支出の帳尻をあわせなくては
いけないので、
日々の仕事や家事や育児の忙しさに加えて、
家計の帳尻あわせの忙しさが加わって、
結果として節約が辛くなってしまうんじゃないかと
考えています。

そうならないためには、
どうがんばっても
我が家はこれ以上の貯金は出来ない、という
貯金の限界額を知っておくことは
重要だと思います。

どうやって、その限界を知るか?というと、
これまでに計算した予算の金額を使います。

例えば

1.収入

「収入合計」→ 年間550万円


2.支出

「銀行支出合計」→ 年間300万円
「現金支出合計」→ 年間200万円
「支出合計」 → 年間500万円


3.貯金額

「貯金額」 → 年間50万円

という内容の場合は、
これらのデータの内訳から、
必ず支払いのある項目を抜き出してみます。

例えば、

住宅ローン(約100万円)
マンション管理費(約30万円)
電気(約9万円)
ガス(約6万円)
水道(約5万円)
携帯電話(約20万円)
固定電話(約6万円)
生命保険(約20万円)
小学校(約6万円)
幼稚園(約35万円)
特別支出(約33万円)
※特別支出とは固定資産税や車税、車の保険、NHK受信料などを合算したものです。

ここまでの銀行引き落とし支出の合計で年間約270万円

次に、現金での支出の中で削れそうもないものも抜き出してみましょう。

食費(約60万円)
日用品(約12万円)
夫小遣い(約30万円)
教育費(約4万円)
習い事(約30万円)


現金での必須支出の合計が年間約136万円

合計して年間約406万円

この年間406万円は、今の生活を守るために
最低限必要なお金、ということが分かります。

例の収入の予算は年間550万円ですから、

550万円 - 406万円 = 144万円


1年間1度もカードで買いものなどをせず、
旅行にも行かず、誕生日プレゼントなどのイベントもせず、
徹底して娯楽を省いても

例の場合は、年間144万円以上の金額は貯蓄できないということです。

これが年間貯蓄額の限界値です。

気持ちだけで、「よし、年間200万円貯めるぞ!」などと
意気込んでも、今と同じ生活を送る限り、
現実的には達成不可能な金額なのです。

今の収入に対し、
必ずかかる支出がどれだけあるのか把握すると、
無理な背伸びをした貯蓄金額を目標にする必要もなくなります。

貯金額は年間収入の1割をまずは目標にし、
それ以上はどこまでが限界かを見極め、
その範囲内で自分なりに達成できそうな
確実なラインを引きます。

それが無理なく、必ず達成できる貯金のあき流のコツです。


↑このページのトップヘ