2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

児童手当を貯金。子どもごとに分けて貯金?1つにまとめる?

pic5



日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^


※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**


こんにちは。
相談というか、確認というか・・・

夫(37)妻(34)長男(14) 次男(3)長女(7ヶ月)

現在、育児休業中で産前から切迫流産→切迫早産でほとんど働けず2017年はお給料はほとんどない状態でした。
育児休業に入ってからは手当を自転車操業のようにしてやりくりしている始末で元々なかった貯金も税金などに当ててしまい・・・

本題としては
現在、子供たちの児童手当は各こどもの通帳に該当分を入金しています。

家計分が足りなければここから使うこともあり そのときの入金額にばらつきがあります。

この児童手当は貯金として計上してよいのでしょうか?

また、各こどもの通帳に入れるより1つにまとめて貯金として管理する方がいいのか?
大人の通帳に入れると使ってしまいそうで・・・

主な用途はこどもの教育資金です。長男が高校や大学に行く際は長男分から足りなければ他の子供の分から出す?

それとも、特別費や月々の貯金をしっかりしていくのが良いのか・・・
来年度から仕事復帰しますが、特別費に当たる蓄えが全くないのでなんとか月々特別費を計上して、家計を安定させ貯金を増やして行きたいと思っています。

主に手当金を貯金に回せたらいいのですが、
児童手当、ボーナスと毎月の給料に含まれている会社からの子ども手当も手当として考えるのですか?それはお給料として考えるのですか?

自分で判断したらいいのだと思いますが、ほかの方のアドバイスも頂きたくメールさせて頂きました。

仕事復帰すると、夫婦で手取り45万円ほど(前述子ども手当含め)になりますが、2人はまだ保育園なので決して家計が楽とは言えないと思います。

やはり、特別費をなんとか確保した後 貯金に目を向けた方がいいのでしょうか?ただ、それでは
何かあったときの蓄えはない・・・

たとえ、月々1万円でも貯金に回した方がいいですか?

よろしくお願いします



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「貯金」についてですね。

**********

ひとつひとつお答えしますね。

☆児童手当は貯金?☆


児童手当を子供たちの通帳に振り分けて貯金をしている。

でも家計で足りない時は、児童手当を使うこともある。

児童手当は貯金とみなしていいか?

ということですが、残っているお金があるなら貯金です。

ただし、一度積み立ててもおろしている部分は貯金ではありません。

純粋に残っているお金だけが貯金となります。

よくありがちなのが、

児童手当は全額貯金しています。

でも、結局おろしています。

という場合に、いったん貯金した金額で、うちは児童手当全額が貯金出来ていると勘違いしているケースです。

あきの家計管理では、残っているお金のみを貯金と考えます。


☆子供用通帳に分けて貯金がいい?ひとつがいい?☆


現状では、各子どもに分けて貯金をしている。

しかし、一つにまとめての方がいいのか?

ということですが、これはどちらでもかまいません。

わが家の場合は・・・というと、

子ども用の通帳・・お年玉や祝い金などをそのまま貯金。

この通帳に入っているお金は、将来子どもにプレゼントする予定。(3人とも女の子なので、結婚資金としてプレゼントする予定です。結婚式などをするなら結婚式のお金にしてもいいかなと思っています。結婚しなかったら、生活資金ですね)

子どもの教育費・・貯金専用通帳1冊に、3人分をまとめて貯めています。

一人一人分けて貯めることも考えましたが、進路によってかかるお金も違います。質問者様がおっしゃるように、足りなかった時、他の子のから借りるのか?という問題も出てきます。そのため、ひとつで管理しています。


通帳をわけて管理すると、ひとりひとりの資金が明確になるというメリットがあります。

しかし、足りなくなった時に他の子の通帳から借りていいのかなど、運用面で問題にぶちあたるデメリットがあります。

通帳をわけずに管理すると、総合的にいくらの資金があるか明確になります。また、ひとりだけ高額になっても、流動的に使えます。

しかし、ひとりひとりに使えるお金は、通帳を見るだけでは分からないというデメリットがあります。

どちらの方法にしても、メリット・デメリットがありますので、ご自分のやりやすい&分かりやすい方法を選びましょう。


☆給料の子ども手当は手当?給料?☆


給料に子ども手当が加算される場合は(扶養手当、資格手当なども同様です)、それも合わせて月の給料としてみなしましょう。

このような手当をいちいち分けて考えると、とても面倒くさい処理になります。

☆特別費と貯金☆

貯金は、一度入金したら、車、マイホーム、学費、老後など大きな支出以外は、1円たりとも崩さない。

これが私の貯金の基本の考え方です。

月に8万円ずつ貯金通帳にいれていても、旅行や家電の買い替えの度におろしているようでは、「うちは毎月8万円貯金している」という「みせかけだけの貯金額」に安心してしまって、結局まとまったお金が残らない・・という家計になりやすくなります。

特別費は、貯金とみなしてもみなさなくてもどちらにしても出ていくお金です。

特別費と貯金を分けて考え、特別費をあらかじめ支出として計上することで「みせかけだけの貯金額」に振り回されなくなりますよ^^

☆まとめ☆


・子ども用貯金は、子ども別に口座を分けても、ひとつにまとめても、どちらにしてもメリットデメリットがあります。

質問者様は、まずは貯金と特別費を分けて考えること。

純粋に残せているお金だけを貯金として認識していかれるようにするとよいような気がいたします。

月1万円ずつでも貯金に回した方がよいかは、貯金と特別費のバランスによってということになります。

たとえ、月1万円ずつ貯金に回しても、特別費で引き出してしまうようなら意味がないからです。

もし、月1万円貯金し、そのお金を上記の条件の時以外、絶対におろさないということができていれば、月1万円でも貯金したほうがいいということになります。

そのバランスを少しずつ考えていくといいですね^^

☆関連記事☆

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問はこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

**********


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のご質問はこちらから
 ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 

↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ


**********

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ