2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

家計簿で「電気・ガス・水道」の引き落としはいつの支出?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^


※その他免責事項をお読みください。

**今回のご相談内容**

それから例えば電気や水道などは4月分という名目で支払いのお知らせがきますが支払うのは5月の2~10日くらいの間に引き落としです。

その場合年間家計簿に金額を書くのは電気を使用した月でしょうか?支払いをするつきでしょうか?



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「光熱費の家計簿の書き方」についてですね。

**********


光熱費の家計簿の書き方

光熱費は、「利用した月」ではなく「支払いをした月」で記入しましょう。

光熱費だけでなく、現金取り置きをしていないカード払いも同様です。

このような「利用した月」と「支払いをした月」で差がでる支出を、「利用した月」で記入すると、口座のお金の動きとの連動が難しくなります。

また、利用した月で記入すると、光熱費は利用月の締めが月によってばらつくことがあるので、締め日を月の途中にしている時などに二ヵ月分計上しなくてはいけない月が出てくる・・・など運用面で混乱する可能性もあります。

その点、支払日は休日などの都合で多少ずれることはあっても、毎月〇日など決まっていて、それほど大きくずれません。

つまり、「利用した月」で計上するとお金の動きの訳が分からなくなる可能性が高まる・・・ということになります。

ちょっとしたことなのですが、コツをおさえておくと家計簿がつけやすくなりますよ!

まとめ

・電気・ガス・水道は利用した月ではなく、支払った月で計上するのが基本です。

意外とこの質問は多く寄せられます。利用した月より支払った月の方が分かりやすいと思うのでオススメします。

関連記事


合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓こんな時はどうする?他にもある!家計簿のつけ方のまとめはこちら
家計簿のつけ方(まとめ)


**********


お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。
友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき


**********


↓はじめての方はこちらから
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

↓その他のご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

↓無料で家計の相談にお答えしております。
・お問い合わせ


**********

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ