2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*節約中でも欲しいものを手に入れる!*

節約中はとにかく「お金を使わない」ことに
意識を集中してしまいがちです。



でも、毎日100円、200円の出費さえも
ためらいながら節約を続けるというのは
つらいものですし、モチベーションも上がりませんよね。

私も長い間使わない節約に手を出しては挫折を繰り返してきたので、
その味気無さは身に染みるほどよく分かります。


でも、そこから少し発想を変えて、

「欲しいものを手に入れるために今は節約しているんだ」

と考えてみてはいかがでしょうか。

私もこの発想に切り替えてからは
気持ちが楽になり、より楽しく節約に励めるようになりました。

発想を変えるために、
我が家がしたことは、

「目標を具体的に決める」

ことです。

節約するための具体的な目標といえば
どんなことが思い浮かびますか?


「マイホーム購入に1000万円貯める!」
「子供たちの教育資金に一人300万円!」
「車を現金で買う!」


などなど。

我が家も初めはこのような目標を立てました。

でも、これらの目標を実現するには時間がかかります。

数年、もしかしたら数十年かかるかもしれません。

そんな遠い未来のために今日一日の100円、200円の節約を
頑張れるのか・・・。

正直に言って私は頑張れませんでした。

そこで、私は目標を切り替えました。

10年先のための300万円は、
つらくない節約で
年間で最低限貯めると決めている50万円にまかせ、

毎日の100円、200円の節約は、
近い将来使う目標のための節約
切り替えたのです。

例えば、
「1万円たまったらご褒美に自分の服を買う」
「1万円たまったらおいしいステーキを買う」
「3万円たまったら掃除機を買う」
「10万円たまったらソファーを買う」

など。

より身近で具体的な目標を立てるのです。

特に、スーパーに行く時には、
この小さな目標を思い出してからお店に入ります。

「無駄遣いをしなければ、欲しかったアレが買える!」

そう思うと、節約が楽しくなってきます。

我が家では、
早く照明を買い替えたかったので、
「今月節約できたら、2か月で買える」
と自分に言い聞かせ、

毎年夏休みと春休みのお昼は子供たちと外食三昧だったのですが、
ある年の夏休みの外食は1回に抑えました。

浮いた外食費は貯蓄には回さず、
欲しかった照明を現金で買いました。

今ちょっとの我慢で欲しいものをどんどん買いまくる。

大きな目標だけでなく、小さな目標もいくつもたててみることを
お勧めします。


↑このページのトップヘ