カテゴリー別アーカイブ: 家計(家計簿)の質問相談 Q&A

予算を立ててみたら、年間で30万円の赤字になりそう!

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

スポンサーリンク

*今回のご相談内容*

あきさん、こんにちは!
いつもブログを楽しく読ませていただいています。
なるほど~と思うことも多く、とても参考になります!

書籍も購入し、読ませていただきました!
わかりやすく読みやすかったです。

私は昨年10月から家計簿をつけ始め、半年続いています。

今まで家計簿は続かず、貯金もゼロだった私が家計簿をつけれるようになり、半年で16万円の貯金もできました。

私にとっては快挙です!本当にありがとうございます。

今回、質問させていただきたいのは、予算についてです。

我が家は子ども四人(中1、小4、2歳、0歳)の六人家族です。

私は現在育休中で年度途中に下の二人を保育園に預けて職場復帰の予定です。

あきさんの書籍を参考に過去の実績も見ながら、特別費の予算を組み、年間収入と毎月の銀行支出、現金支出も書き出し、計算してみたところ、なんと240万円の赤字となってしまいました。
これではどうにもならないと思い、見直しを始めました。

・特別費の車ローンの積立(車を残クレで購入してしまったので2年半後に約70万円の支払いがある)、家電購入積立(家電が冷蔵庫と洗濯機が壊れそう)は削除しました。
・収入は残業代で多い月と少ない月がありまして、少ない月の12ヶ月分で見積もっていたのを、実績の平均値の12カ月分に修正しました。
・交通費の収入など漏れていたところを追加しました。
・特別費のイベント費、美容室代、衣服代、レジャー費は必要最低限に削りました
・毎月の支出の中で、食費は6万5000円の予算でやっていましたが、6万円で頑張ることにしました。(お米と野菜は実家からもらうので、6万円でも少なくはない、、と思う)

収入を見直し、支出も削れるだけ削ったのですが、まだ30万円の赤字です。

自分達ではこれ以上削れません。

予算の数字上削ることはできても、実際生活していく上で予算を守れなければ机上の空論となってしまい、意味がありません。

夫と話し合った中では、毎月の残業を増やせば赤字分を補てんすることはできるし、ボーナスも予想なのでもう少し多いかもしれない、電気ガス水道なども節約したりプランを見直せばもう少し減らせるかもしれないので、30万円の赤字ならどうにかなるかもしれないということになりました。

しかし実際は、中学に入ったばかりの長女に関する支出がこれからどのくらいかかるか予想できず、
予想外の支出があると思いますし、コンタクトが欲しいとかスマホが欲しいとか、塾に通わせたほうがいいんじゃないかとか、支出の話ばかり増えてきます。

車の残クレの積立も家電のための積立も本当はしなくてはならない。

今、一時保管用通帳に35万円あるので、とりあえずすぐに困ることはないのですが、赤字の予算書のままでいいのか、とても不安です。

やはり、せめてプラスマイナス0円になるように予算書を作り、その予算を守っていくよう頑張り、収入が予想より多かった分を積立や貯金にしていくようにしなければならないでしょうか。

初めて家計の予算を立ててみて、いきなり赤字の予算書になってしまったので、とまどっています。 お忙しいところ、大変お手数をおかけしますが、お返事をお待ちしています。

よろしくお願いします。

追伸:細かい予算書を質問に書き出そうかと思いましたが、項目が多いのであきらめました。現在家計診断は中断されていることは承知しておりますが、もし見ていただけるなら、エクセルファイルで作成したので、メールに添付して送信させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「赤字になってしまう予算表」についてですね。

スポンサーリンク

まず、ざっと計算して240万円の赤字
だったものを、30万円の赤字まで減ら
せたのは素晴らしいですね^^

これ以上減らしどころがみつからない、
というところまで減らしたのであれば
限界近くまで頑張っているのだと
思います。

固定費など、考えられる支出の削減はすでに実施ずみであると推測します。

それでも赤字になってしまうならば、

今年は、赤字でも仕方がない

年なのかもしれません。

赤字の見込みも、
残業代次第でなんとかなるかもしれないの
であれば、
毎月の支出は予算よりも少なめに抑えるよ
うに頑張ってみるとよいと思います。

とりあえず、今の予算でやってみるということですね^^

ひと月の実績が出たら、予算表に実績を上書きしていきましょう。

エクセルならば、実績を入れると
即座に年間の収支が計算できます
から、
予算と実績でどのような差が出て
いるか?一瞬で分かりますよね。


ただし、
その赤字が、
今年だけならいいのですが、
来年以降も毎年続く見込み
である場合は要注意
です。


収入にたいして、
今の生活サイズが大きすぎる
ということになります。


その場合は、
住宅、生命保険、携帯電話などを根本か
ら見直す必要があります。

例えば、

明らかに損をすると分かっていても
貯蓄型の生命保険を解約して
格安の生命保険に入りなおす

携帯電話は、奥様は解約して持たな
いようにする

ご主人の小遣いを減らす

どのような成績であっても、塾はいかせない

など、

多少不便や痛みを伴う家計改善が必
要になる可能性もあります。

このような改善が必要になるのであれば、
プロの方に相談したほうがいいと思います。

もちろん、
収入を増やすことで対応できるなら、
お子様が小さくてまだ大変な環境ですが、
奥様がフルタイムで働くなども検討してもいいでしょう。

奥様が年度の途中で復職のご予定とのこ
とですから、
ここまで痛みを伴う支出削減をしなくても、
赤字なのは今年だけで、来年からは大丈夫な家計であるといいなと思っています。^^

詳しい予算について、送っていただければもちろん簡単で良ければお伝えさせていただきます。

ただ、エクセル表ですと、
表の作成意図などを理解するのに時間がかかってしまったり、
1つ1つアドバイスを行う際に
表を何度も読み返し、
どの費用をどうメールに転記して
説明するかなどにも非常に時間がかかってしまい、
一日がかりの作業になることもしばしばです。

また時間をかけても理解できないことや転記ミスをすることもあるので、
お手数をおかけしてしまい大変心苦しいのですが、
エクセルの内容をメールにまとめて転載していただき、送っていただけると嬉しいです。

ご質問者以外の方でも
これから簡易家計診断や予算表についてのアドバイスをご希望の場合は、

<収入>
夫 年間500万円
妻 年間50万円
手当 年間30万円

合計 年間580万円

<銀行支出>
住宅ローン 年間120万円(月10万円)
電気代 年間12万円(月1万円)
ガス代 年間12万円(月1万円)

などなど・・・

合計 300万円

<現金支出>

食費 年間60万円(月5万円)
日用品 年間12万円(月1万円)
夫小遣い 年間36万円(月3万円)

(特別費予定)
固定資産税 10万円
車税 4万円

などなど・・・

合計 200万円

というように書き出して送ってくださいね^^

もし、まだ家計簿をつけたことがなく、
こんな風に書き出せない!という方は、

<収入>
夫 年間500万円
妻 年間50万円
手当 年間30万円

合計 年間580万円

<銀行支出>
住宅ローン 年間120万円(月10万円)
電気代 年間12万円(月1万円)
ガス代 年間12万円(月1万円)

などなど・・・

合計 200万円

<その他>
固定資産税 10万円
車税 4万円

などなど・・・

合計 50万円

食費は月4万円、日用品は月1万円くらいかかっていると思いますが、後は不明です!
大体年間で30万円くらいは去年は貯金できています!

のように、

少なくとも
収入はしっかり合計まで出し、
銀行支出(銀行などで引き落としになっているものやその他固定費)
と分かっている支出(固定資産税など)についても全て書き出し、合計してください。
できれば、昨年貯金できた金額を明記してください。
(貯金額の明記があるとかなり参考になり、診断がしやすくなります)

ご家族構成(年齢と家族の構成:例 夫(40)妻(38)子(小3)子(年長))も送ってくださいね。

1円単位まで詳細に書く必要はなく、年間でこれくらい、月でこれくらいというざっくりした金額でOKです。

今度、簡易版家計診断の受付方法についてちゃんとまとめますね^^
(ズボラで、気まぐれなので気長にお待ちください^^)

最後になりましたが、
当ブログのご利用&書籍のご購入ありがとうございます。

半年で16万円の貯金に成功されるなど、結果もでているのですね!

赤字がうまく改善されて、さらに家計改善していくことを心から願っています^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク