カテゴリー別アーカイブ: 家計の守れる予算の立て方

家計の予算が守れない?守るべきポイント(コツ)をおさえれば実は簡単!

家計簿をつけていく上で、どうしても必要になるのが「予算を守る」ということです。

でも、「せっかく予算を決めても守れなくて・・・」と思うことはありませんか?

実は、あきも昔は「予算を決めても守れない症候群」だったのです。笑

食費がいくら、日用品がいくら、光熱費がいくら、と毎月予算を決めて、
この予算を守れば、家計は間違いなく黒字になる!

あとは私が頑張ってこの予算を守ればいいだけ!

スポンサーリンク

そう思って1ヶ月間頑張ってみるのですが、

1ヶ月が終わってみると、「全然予算が守れていない・・・」。

そんな自分がとても情けなく悲しくなりました。

しかし、今のあきはほぼ完ぺきに予算が守れるようになりました。

そのコツは何だと思いますか?

「とにかく頑張った」なんて、メンタルの話ではありません。

家計の予算を守りやすくする工夫

あきの家計簿の特徴の1つは「予算を立てやすく予算を守りやすい」ことです。

私も以前の家計簿だと、「予算は立ててても守れない」ことが非常に多かったのですが、今のあきの家計簿の形式にしてからは「ほぼ完ぺきに守れる」ようになったので、今のあきの家計簿が「予算を立てやすく予算を守りやすい」形式になっていることには自信があります。

このように、あきが予算を守れるようになったのは、
まず、あきの家計簿が「予算を立てやすく予算を守りやすい」形式になっている、ということが挙げられます。

次のコツは
「予算を守るのが大事とは言っても、全てを完ぺきに守ろうとしない」ということです。

あれ?予算を完ぺきに守れるようになった、と言いながら矛盾してない?と思うかもしれませんね。

でも、それはその言葉通りなのです。

スポンサーリンク

予算を守るべき費目と守れなくてもいい費目

予算は「必ず守らなくてはいけない費目」と「守れなかったとしても仕方がない費目」があります。

必ず守らなくてはいけない費目は、食費、日用品、娯楽費、特別費、カード払い。
あとは、仕事で使う以外の小遣い。

必ず守らなくてもいい費目は、仕事で使う小遣い、習い事、医療費、教育費、電気、ガス、水道などなど。
こちらはあげるとたくさんあって書ききれません。

食費、日用品、娯楽費、特別費、カード払い、この5大費目の予算さえ守れれば他の費目は基本的には予算は守れなくてもOK。

仕事で使う以外のの小遣いがある人はそれもいれたら6大費目。

つまり、私が「毎月かならず予算を守っている費目」は、食費、日用品、娯楽費、特別費、カード払い、この5つだけなのです。

全部の費目を予算通りにしなくてはいけない、と思い込んではいなかったでしょうか?

さて、それでも私が「ほぼ完ぺきに予算を守れている」という理由は何だと思いますか?

それは、その他の費目は、月で予算を管理せず、「年単位」で見ているからです。

例えば、電気代は「年間で8万5千円以内ならOK」という感じなので、その月の電気代だけ1万円を超えていたとしても、年間で8万5千円ならOK、というように考えるからです。

年間で見ている予算は、1年が終わってみないと守れたかどうかはわかりません。

でも、私の場合は長年家計簿をつけているので、大体毎年これくらい、という予測がたっており、大体その通りに収まります。

ちなみに、それでも予算が守れない、という事態が起きても仕方がない、と思う費目は、医療費、教育費、習い事費、仕事で使う小遣い。

この費目に関しては、予算はざっくり、守れなかったとしてもそれほど気にしなくてOKです。

まとめ

このように、予算は、「絶対に守らないといけない費目」と「守れなくてもいいやと手放す費目」に分けてしまうと気持ちも楽です。

反対に、食費、日用品、娯楽費、特別費、カード払いについては、予算が守れないのは「個人の管理の甘さ」が出やすいところ。

どうしても仕方がないこともありますが、あとほんのちょっとの我慢が足りないこともあります。

この5大費目に関してだけは、なるべく予算を守れるように頑張れるとベストなのですが、

でも、「特別費」だけは守るのがちょっとむつかしいところもあるので、はじめのうちは「食費、日用品、娯楽費」、この3大費目の予算を守る、だけでOKです。

あきの家計簿なら比較的予算は守りやすいハズなので、あきの家計簿でもこれらの予算が守れないようですと、他の家計簿にすると予算はもっと守れないかもしれません。

ちなみに、あまりにも予算が守れない場合は、予算が厳しすぎるか間違っている可能性もありますので、予算の見直しも忘れずに^^

最初のうちは特に予算は厳しすぎない方がいいですよ^^

もちろん、いきなり全部できるようにならなくてもOK。
段々できるようになればいいのです。
それが支出をコントロールする力(貯金力)を磨くことにになります。

やってみてくださいね^^

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク