ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

食費・日用品

【夫婦2人暮らし】食費が月40000円!多すぎる?節約すべき?

食費・日用品節約術

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさん、こんにちは☆

先日、年間で黒字がだせそうだ…と意気揚々とメールを送らせていただきましたが、早速壁に突き当たりました。

3ヶ月ほど支出がどのくらいあるのかを確認し、最初に食費を40,000円に設定しましたが、2ヶ月連続で3,000円ほどオーバーしています。

我が家は夫婦二人ですが、旦那がよく食べること、私も家事が苦手な為、私の昼食はだいたいコンビニや買い物のついでにスーパーで買ってくるパターンが多いです。

朝が早い旦那の朝食はおこづかいの中から出してもらい、昼食は会社の仕出し弁当の為給料から天引きされているので、特に考える必要はありません。

話は戻りますが、食費の中にお米、晩酌用の酒代も込み(頻繁に買うわけではないので)で、お菓子などの嗜好品もほとんど買っていません。

食材もなるべく高くならないように買い物には気をつけて、たまーにちょっと高めのお肉やお刺身を購入しますが、そんなに高すぎるというものではありません。

ネックは私の昼食代かなと思いつつ、別設定にすると集計が面倒になるかなと思ったり、3,000円予算を多くして赤字になることを嘆くことから脱出した方が良いか、二人で43,000円は多すぎるかなと、あれこれ悩み中です。

あきさんならどう考えるか、ご意見をいただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「食費の予算」についてですね。

夫婦二人暮らしの食費

質問者様の月の食費の予算は、夫婦2人で「40000円」。

食費の中にお米、晩酌用の酒代も込み。お菓子などの嗜好品もほとんど買っていない。

そして、毎月「3000円」くらい食費がオーバーしがちである。

そんな時にはどう節約したらいいかということですね。

食費は節約すべき?

食費が2人で月4万円で高いか安いかということですが、酒代と米代こみであればそれほど高すぎることはないでしょう。

その他、外食の頻度もあわせて考えてみて下さい。

夫婦二人暮らしの場合、お子さんがいないので比較的自由に外出できるため、外食が多くなりがちです。

娯楽費の外食が月に数万円+食費が月4万円という場合は、かなり食費が高くなりがちといえます。

その場合は、少し頑張って食費をさげることを考えてもいいと思います。

しかし、そうでない場合は、思い切って食費の予算を43000円にしてしまう方がいいでしょう。

3000円予算を上げると、その分家計は年間で36000円分負担が増えることになります。

その金額を上乗せすることで赤字になるほど窮屈な家計の場合は、そもそもの問題がある家計と言えます。

それくらいの予算増だったら、その分他の支出を節約できないか?を考えてみましょう。

例えば日用品の予算を1000円下げてみる。

ガソリン代の予算を1000円下げてみる。

そのようなちょっとした支出のその他の予算の調整で吸収できないか?を考えてみましょう。

それでも食費を節約したい時

それでも食費を節約したい・・・という時は、今よりさらに徹底的に無駄を省く必要があります。

「月3000円」食費を浮かせようと思ったら、一日に節約すべき金額は100円です。

100円くらいの節約なら、レジに通す前にカゴからおかしをひとつ戻すなどするといいですね。もちろん、衛生的に戻せないものは戻してはダメですよ。

専業主婦のお昼ご飯

それからひとつ気になるのは、質問者様のお昼ご飯についてです。

私の昼食はだいたいコンビニや買い物のついでにスーパーで買ってくるパターンが多いです。

ということですが、これは必須でしょうか?

私も家でお昼を食べることが多いですが、夕飯を少し多めに作っておいてそこから毎食取り分けて済ませています。

お刺身などを出すと鮮度の問題で次の日のお昼までは持たないので、そのような時はちょっと買い足したりすることもありますが、それ以外は残り物で充分に済ませられます。

わが家も夫がよく食べるのですが、それでも足りるように少しお肉やお魚を多めに買う。

ピーマンを炒めるなら明日の昼食用に1つ多めに一緒に炒める。

このようなことをすれば、お昼ご飯くらいは何とかなると思いますよ!

もちろん、家族全員が休みの時のお昼はこのようにはいきませんので、あくまで自分ひとりのお昼ご飯ということになります。

まとめ

・食費の節約は、ストレスになることが多いので一番最後に考えましょう。
・それでも節約したい時は、1日いくら節約するか?を考えてみるといいでしょう。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓食費・日用品についてのご質問のまとめはこちらから
食費・日用品のご質問(まとめ)

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。

・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください