積み立て・口座・貯金

家計の計画が狂った!減収見込みで予定通りの貯金ができない?

貯金術

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

あきさんこんにちは。

いつもお世話になっております。

あきさんのお考えを参考にさせてもらいたくメールしました。

毎月の積立と貯金についてです。

・貯金
・1年以内に必要になる積立
  (七五三、車検など)
・数年後に必要になる積立
  (先の入学準備金
    家電、子供の歯の矯正)

と3つの管理を始めました。

積立は必要になる額を予想して月で割って毎月積み立てています。

貯金は年80万を設定してます。

毎月とボーナスからいくら貯めれるか細かく計画しました。

ですがここ最近主人の休日出勤が少なく、予想収入を下回ってしまい
日々の生活費や特別費は問題ないのですが月々の貯金+積立の約8万を全額捻出するのが難しい月があります。

こういう時、あきさんならどこを削りますか?

積立は絶対必要になるものなので、削らずキチッと計画通りに積立たい。

貯金もせっかく目標額を定めてやる気になってるのであきらめたくない。

よくばりになってしまって、どう調整したらいいか悩みます。

どれかを減額して収入の多い月に補填したりボーナスが多めに出ればそれで補填したりと対応はできるのですが
先の事なので絶対補填できるとも限りませんよね。

自分のなかで納得のいく答えが出てきません。

今年の2月から生まれて初めて家計簿をつけはじめ順調に続けているところです。

気持ちが折れないようなにかアドバイス頂けたらうれしいです。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「減収になった時」についてですね。

家計の予定が狂った?

家計の計画を頑張って立てた。

予定通りの金額で生活出来れば、これだけの貯金も出来る!

とモチベーションアップで頑張り始めた矢先に減収見込みになってしまったり・・・

家計が予定通りに進まないことってありますよね。

そんな時はどうするか?という手立てを考えておくと、どんな家計の状況にも対応できるやりくり力をつけることが出来ます。

家計の減収が見込まれるなど予定が変わってしまった時は、家計の優先順位を見直すことが必要になります。

家計の優先順位

家計の中で比較的自由に配分を変えられる支出は何か?ということを考えてみましょう。

家計の中で比較的自由のきく支出
・旅行
・イベント
・衣服
・娯楽費(外食などちょっとしたこまごまとした支出)
・各種積み立て
・住宅ローンの繰り上げ返済

※もちろん、家計の中で一番に見直すべきは「固定費」なので、そちらの「固定費」はすでに見直し済みの場合という想定です。

これらの支出は比較的自分の意志で金額を自由に決めやすいものです。

私の個人的な考えですが、良い家計とは、貯金(貯蓄)+比較的自由のきく支出=少なくとも100万円以上をキープできている状態だと考えています。

ここが年間で100万円以上をキープできない場合は、収入に対して他の支出(支払わなくてはならないもの)が多すぎる可能性もあります。

ご自分の家計の中で何の優先順位を上げ、何の優先順位を下げるのかを具体的に考えてみましょう。

質問者様の場合は、例えば・・・

1.旅行代やイベント費や衣服費などの特別費を少し減らす
2.娯楽費を月数千円減らしてみる
3.各種積み立ての金額を少し減らす

このような対策をとることで、目標とする貯金額はキープできると思います。

具体的には、

・数年後に必要になる積立(特に家電と矯正)

を私だったら減らすと思います。

こちらは数年後に必要になるとは思いますが、収入が減ってしまったのであれば、歯の矯正は緊急性がない限りは半年でも開始を遅らせるなど自分である程度コントロールできそうだなと思うからです。

また家電も今にも壊れそうな家電があるわけではない限り少しゆっくりでもなんとかなるかもしれません。

もしこちらをどうしても削りたくないのであれば、旅行代などを多少削ることを検討すると思います。

このようにして、収入が減ったのであれば、本来削りたくはないですが、お楽しみの部分を少し削るのは仕方がないと考えます。

また、貯金も積み立てもしたい気持ちはわかりますが、積立は使うのは随分先になることもあります。

随分先の積立のしすぎで今のお楽しみがないという家計はケチケチしすぎるので、積立もやりすぎには注意が必要です。

私の考えとしては、まず貯金を優先させ、積立は優先順位としてはやや下げて臨機応変に対応。

もしボーナスなど増額が見込めたら再度積み立ては頑張るなどのように対応します。

まとめ

・収入が下がってしまったなどで、予定通りにならない時はやむを得ずお楽しみを減らして対応するのも一つの手です。

・ただし、積立を優先しすぎて今のお楽しみがゼロにならないようにするとストレスが溜まりにくく、ケチ臭い家計にもならずに済みます。

生まれて初めての家計簿にあきの家計簿を選んでいただきありがとうございます♡順調なようで何よりです。

家計管理は予定が変わることはよくあることなので、対応の仕方を都度考えることでグングンやりくり力がレベルアップしますよ~!

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問のまとめはこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。

・お問い合わせ

ABOUT ME
あき
家計簿&家計管理アドバイザー。家計研究家。1000件以上の家計相談に回答。マネーライフプランナー資格所有。 節約や貯金術などお金に関する執筆多数。NHK,フジテレビなどのテレビにも出演。著書に 「1日1行書くだけでお金が貯まる! 「ズボラ家計簿」練習帖 (講談社の実用BOOK)」「1日1ステップ 実行するうちにお金が貯まる!「ズボラ家計管理」トレーニング」他

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください