ホーム画面に戻るにはこちら!(毎日更新中)

特別費

ピアノを買いたい。貯金を崩す?それとも積み立てをはじめる?

貯金術

当ブログに寄せられた日頃の「家計に関する」ちょっとした疑問や質問にお答えします!

※その他免責事項をお読みください。

今回のご相談内容

はじめまして。
いつもブログを楽しみに拝見させていただいてます。 家計が全く管理できておらず、何とかしようと色々調べていて、あきさんの家計簿に出会い、衝撃を受けました。

これなら、家計を立て直せるかもしれない!と現在1年3ヶ月目に入りました。引き続き頑張りたいと思います。

前置きが長くなりましたが、質問がありお問い合わせいたしました。 あきさんの家計簿では、貯金は絶対に使わないものとして、旅行などのお金は特別費で管理しますよね。

貯金は、車、家、学費、老後などに使うために貯めておくと読みましたが、例えば、以下のものは貯金から使っても良いのでしょうか?

貯金から出さない場合は、別で積立などで貯めていくのでしょうか?

・ 庭の外構工事 約30〜50万
・ピアノ
→ アップライトなら 50〜100万
電子ピアノなら 10〜20万

高額な出費なので、もし買うとなれば、貯金でも積立でも毎月貯めていかないといけないのですが、家計簿上はどうしたらよいのか迷ったので、ご教示いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「まあまあ高額な出費」についてですね。

貯金とは?

私が考える貯金とは、質問者様がおっしゃる通り「車、家、学費、老後、もしもの時など」人生でも大きな節目に必要となるお金を貯めたものです。

そのような大きな節目に必要になる時以外は一度貯金にしたお金は1円たりとも崩さない。これが貯金を守る鉄則です。

時々、少し高額な出費があると貯金を崩して支払うという方に出会います。しかし、あきの家計簿&家計管理では、旅行や家電の買い替え、固定資産税などの税金などに使うお金は貯金とは呼びません。特別費と呼びます。

この考えにした時、ピアノなど中間的な支出はどうとらえるか?貯金から出してもいいのか?ということが疑問になるということですね。

急に高額な出費があったらどうする?

質問者様がピアノを想定するように、家計にはそのようなものすごく高額・・・というほどではないけれどまあまあ高額・・・という出費がたくさん存在しますよね。

家の修理や工事、リフォーム
歯の矯正
急な入院
高額家電の買い替え
などなど・・・

そのような出費をどこから出すか?ということはきちんと考えておく必要があります。

とくに健全な家計設計をするためには、このような出費にどのように備えているか?で随分差がつくことがあります。

私の個人的な考えとしては、これらの出費はまず「緊急性が高いかどうか」で判断するといいと思います。

例えば、「急に会社が倒産し、失業してしまった」「急に災害にあい、大半の家電が損壊してしまった」というような「全く予測もしていなかった急な出費」があった場合。

もちろんこれらの支出にもあらかじめ対策をとれていればそれに越したことはありませんが、とれていない場合はこれは多少貯金を崩して支払うのもやむをえません。

しかし、「ピアノ」「歯の矯正」「家のリフォーム」などは、それほど緊急性が高いとは言えないことがあります。

もちろん歯の矯正などは医学的に緊急性が高い場合などもありますが、あと一年待とうかななどある程度自分で開始時期を選べる場合、緊急性が高いとは言えません。

緊急性が高くなく、ある程度予測ができる支出は「貯金を崩すのではなくなるべく事前に積み立ててから支払う」ようにするといいですね。

その積立でも足りない場合は「多少貯金を崩すのもやむを得ない」というように2段階にすると、「ちょっと高額な支出があるたびに貯金が減ってしまう」という事態を防ぐことが出来ます。

ちなみにわが家では・・・

ちなみにわが家では・・・というと、

家電・インテリア積立→家電が壊れた時やちょっと高額なインテリア用品が消耗した時用
臨時費積立→高額医療費や急な家の修理など急な高額支出用
旅行積立→3,4年に一度海外旅行に行くお金用

この3つの積み立てを毎月少しずつ行い、急な出費に備えています。

もちろんこれでも足りないくらいの高額な出費もあり得ますが、その時は多少貯金を崩して支払うのもやむを得ないと考えています。

なるべく貯金を守る仕組みを!

貯金は、貯めるのは時間がかかる。でも使うのは一瞬です。

お子さんの習い事などでピアノなどを買ってあげたいと思うのは親心ですよね。だからといって貯金を崩してしまうと家計もピンチ!になりがちです。

このあとまた同じ金額を貯めるのにどれだけ時間がかかるのか?ということを考えると、「できる限り貯金を崩さない仕組み」をつくっておくことが健全な家計管理に役立ちます。

家計簿をご利用いただき早1年3ヶ月・・・!すばらしいですね!

積み立て対応は続けた時間とともに効果を発揮するものなので、焦らず続けてみて下さい。

ちなみに積み立ては、家計簿上では「積み立てた時に出費として扱う」「使う時には家計簿につけずに使う」が一番ラクな管理法です。

関連記事

合わせてご覧いただくと、理解が深まります!

↓積み立て・口座・貯金に関するご質問のまとめはこちら
積み立て・口座・貯金のご質問(まとめ)

お役に立ちましたか?

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問にブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!またいつでもご利用下さいね☆彡

文/あき

■はじめての方はこちらからどうぞ!
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

■無料で家計に関するご質問やご相談にお答えしています。

・お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください